白内障の手術を受けて、せっかくクリアな視界を取り戻したのに、また以前のように視界がかすんでしまうことがあります。患者さんからは「また白内障になったのですか?」と言われますが、そうではありません。
 白内障の手術時に、水晶体を取り除いて人工の眼内レンズに置き換えているので、再び白内障になることはありません。しかしその眼内レンズを入れるためのふくろ(嚢;のうといいます)の細胞が勝手に増殖し始めたり、ふくろの窓が小さくなったりして、見えにくくなることがあります。これをそれぞれ「後発白内障」「前嚢(ぜんのう)収縮」といいます。後発白内障は、手術後5年以内で約20%の人に発症するといわれています。
 どちらも外来の簡単な処置で、またクリアな視界を取り戻すことができます。
 2つの気になる症状について、詳しくご紹介していきます。

後発白内障:人工眼内レンズが入っている
ふくろの後ろ側が濁って見えにくくなる

<原因>

目のレンズの役割を果たす「水晶体」は、水晶体嚢(すいしょうたいのう)という透明な袋に包まれています。
嚢とは、袋の意味です。

 白内障の手術では、下のイラストのように水晶体嚢の前側(前嚢;ぜんのうといいます)を円形に切開し、中に入っている水晶体を超音波で砕いて取り出し、中に人工の眼内レンズを入れます。

 しかし手術後、しばらくするとふくろの中に残っている水晶体の細胞(水晶体上皮細胞;すいしょうたいじょうひさいぼう)が増殖してしまうことがあります。そして、後囊(こうのう)と呼ばれる後ろ側の部分が濁ってしまうのです。

 手術後5年で、およそ2割の患者さんに発症するとされています。後発白内障が起きにくい眼内レンズなどの開発も行われていますが、現在のところ完全に予防することはできないと考えられています。

<治療方法>:外来でレーザーによる治療を行う
短時間で終わり、痛みはなし!

レーザーを使って濁ってしまった水晶体嚢の後ろ側を切り取ります。これで網膜まで光が届くようになり、またクリアな視界を取り戻すことができます。レーザー治療は痛みもなく、短時間で終わり、ほとんどの場合外来での治療が可能です。
治療後は、レーザーで切り取った嚢の断片が眼内にちらばり、一時的にゴミが飛んでいるように見える(飛蚊症といいます)ことがありますが、時間の経過とともに治まりますので心配はいりません。後発白内障は、一度治療すれば再発はほとんどないとされています。

前嚢収縮:人口眼内レンズを納めたふくろが、
茶巾しぼりのように狭まって見えにくくなる

<原因>

白内障の手術では、前述のように水晶体嚢を円形に切開します。その水晶体嚢の窓が、術後に茶巾しぼりのように小さくなる症状を「前嚢収縮」といいます。ふくろの前側が収縮するので、こうした名前がついています。
 原因としては、ふくろの窓の周囲に残った水晶体の細胞(水晶体上皮細胞)が炎症を起こして線維性の細胞(線維芽細胞)に変化・増殖し、窓を狭くしてしまうのです。
 この症状は、術後半年以内に起こりやすいとされていますが、少し窓が狭くなった程度では、視界にはほとんど影響がありません。しかし、ふくろが茶巾のようになって瞳孔の中心部分に迫ってくると、視界が遮られ視機能の低下につながります。
 有効な予防法はまだ見つかっていません。

<治療方法>:レーザーで狭くなった窓を広げる

レーザーを使って、狭くなってしまった水晶体嚢の窓に切り込み入れ、窓を広げます。ほとんどの場合外来で処置をすることができ、痛みはありません。

後発白内障も前嚢収縮も、完全に予防することはできません。もし白内障手術後に見えにくさを感じたら、すぐに主治医にご相談ください。白内障が再発したわけではありませんので、簡単な処置で再びクリアな視界を取り戻すことが可能です。

板谷院長のひとことアドバイス

白内障の手術を受けたのに、また以前のように視界がかすんでしまうことがあります。これは、白内障が再発したわけではなく、「後発白内障」「前嚢(ぜんのう)収縮」という症状です。どちらも外来の簡単な処置で、またクリアな視界を取り戻すことができますので、視界に違和感を感じたら主治医に相談することをおすすめします。

まとめ

  • 白内障手術後に、また見えにくさを感じることがあれば、それは白内障の再発ではなく、後発白内障か前嚢収縮です。
  • 後発白内障は、水晶体嚢の細胞が異常に増殖してふくろを濁らせることで生じます。
  • 前嚢収縮は、水晶体嚢の細胞が繊維化して増殖し、ふくろの窓を狭くすることで生じます。
  • どちらもレーザーによる処置で、痛みもなく治療をすることが可能です。
  • 完全に予防することはできないので、見えにくさを感じたら主治医にご相談ください。

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ