現在、日本で行われている白内障手術のほとんどは「超音波乳化吸引術」という手術法です。手術時間が5~10分と短く、「日帰り」でも行えるようになっていることもあり、今では、すべての外科手術のなかでもっとも手術数が多いといわれるほどポピュラーな手術となっています。一方、わずかな時間で終わるため“簡単な手術”と思われがちですが、非常に高度で繊細な操作が必要とされる手術でもあります。

今回は、現在の標準的な白内障手術である「超音波乳化吸引術」について解説します。これから白内障手術を受けるという方は、手術の内容や流れを知っておくと、安心して手術に臨めるのではないかと思います。これらについて詳しく解説しますので、参考にしてください。

傷が小さく、視力の回復も早い「超音波乳化吸引術」

入院の必要性をなくした「超音波乳化吸引術」

かつて白内障の手術は、濁った水晶体を丸ごと取り出す「水晶体嚢内摘出術」が行われていました。これだと、水晶体を取り出すために角膜を大きく切開しなければならず、合併症のリスクが高いため、必ず入院して安静にしてもらっていました。それが、日帰り手術も可能になったのは、「超音波乳化吸引術」という手技が誕生したからです。

わずかな創口で手術を行うことが可能に

「超音波乳化吸引術」は、角膜に開けたわずか2~3mmの創口から超音波チップという器具を差し入れて超音波を当て濁った水晶体をミルク状に破砕したあと、吸引して取り除き、水晶体の替わりに人工の眼内レンズを挿入する手術法です。最大の特長は、ごく小さな傷をつけるだけで、すべての手術操作を行うことができる点にあります。

一般に手術は、傷が大きくなるほど回復も遅くなりますし、炎症や細菌感染などのリスクも高まります。その点、「超音波乳化吸引術」は、傷が小さいことで、手術による炎症や感染などのリスクが格段に少なくなっています。また小さな創口は多くの場合、糸で縫わなくても自然に塞がるため、術後の角膜乱視などのトラブルもごくわずかです。当然、視力の回復も早く、早い方では術後すぐから「よく見える」状態が実現します。

眼内レンズにはさまざまな種類があり、その中から患者さんに適したものを選んで用いることにより、近視や遠視、乱視、老眼の矯正も可能となります。つまり「超音波乳化吸引術」は、個々の患者さんのライフスタイルや希望に合った視機能を取り戻すことができる優れた白内障治療である、といえます。

「超音波乳化吸引術」の4つのメリット

「超音波乳化吸引術」のメリットは、以下の4つにまとめることができます。

  • 手術によるトラブルが少なく、安全性が高い
  • 傷口が小さく、角膜を縫合しなくてもいいため、視力の回復が早い
  • 合併症のリスクが低いため、基本的に日帰りでの手術が可能である
  • 多様な眼内レンズの選択次第で、白内障治療と同時に近視や遠視、乱視、老眼等の矯正も可能である
  • 「超音波乳化吸引術」の流れ①術前準備

    「超音波乳化吸引術」で手術をする場合、具体的にどのようなことを行うのでしょうか。 まず手術前の段階では、手術決定日を含め、通常3回ほどの通院が必要になります。

    手術決定日 ~全身状態のチェック~

    診察や視力検査、眼底検査などの詳しい検査を経て、白内障手術の必要がある場合は、医師からそれをお伝えします。患者さんが手術を希望したときには、手術までの具体的なスケジュールを相談します。血液検査や心電図検査で全身状態のチェックを行い、手術へ向けた準備をスタートします。

    3週間前 ~術前検査~

    およそ3週間前に、手術に必要な検査(角膜形状検査、光学的眼軸長測定、角膜内皮細胞撮影など)を行います。検査結果と、患者さんのライフスタイルや希望をふまえて最適な眼内レンズの選択を行います。この段階で医師から手術説明が、また看護師から術前術後の生活における注意点や点眼薬の使用法について説明があります。高齢の患者さんの場合、ご家族も付き添って一緒に話を聞いていただくと安心です。

    2週間前 ~手術説明~

    およそ22週間前になったら、手術前の最後の診察を行います。医師や看護師とともに、手術当日とその前後の流れや注意点について再確認します。白内障以外にも持病があって薬を内服している方やコンタクトレンズを使用している方には、手術に向けてそれらの使用法についても指示があります。
    手術3日前から感染防止のために抗生物質の点眼薬を使用し、手術に備えます。

    手術当日

    手術直前には手術衣に着替え、散瞳薬の点眼と血圧測定を行います。手術室に入室した後は、血圧計や心電図モニターをつけ、目の消毒と点眼薬による局所麻酔をします。あおむけになって顔の上にカバーをかけた状態で、いよいよ手術となります。
    手術中は、医師に指示されたほうへ目を向けて安静にしていましょう。局所麻酔のため、声を出すことはできますから、万一異常を感じたときは医師にすぐに伝えてください。

    「超音波乳化吸引術」の流れ②手術の手順

    「超音波乳化吸引術」は、以下のような手順で進みます。すべての工程が顕微鏡下で行われます。通常は片眼あたり5~10分ほどで手術は終了しますが、白内障のほかにも目の疾患がある方やハイリスク症例などでは、手術時間が長くなることもあります。

    ①創口作成

    角膜(黒目)と強膜(白目)の境目あたりにメスで2~3mmほどの小さな創口を2カ所、作ります。

    ②粘弾性物質の注入

    角膜と水晶体の間の空間にジェル状の物質(粘弾性物質)を注入します。こうすることで手術中の目の組織への衝撃がやわらぎ、作業が安全に行えるようになります。

    ③前嚢切開

    水晶体を包んでいる「水晶体嚢」という薄い袋の前面(前嚢)を丸く切開して、水晶体の吸引を行うための「窓」を作ります。

    ④水晶体の乳化吸引

    前嚢につくった「窓」から超音波チップと呼ばれる器具を差し入れ、超音波を当てることによって水晶体を細かく砕いてから、吸い取ります。この作業を「乳化吸引」といいます。

    ⑤眼内レンズの挿入

    中身が吸い出されて空になった水晶体嚢の中に人工の眼内レンズを挿入し、正しい位置に設置します。

    ⑥粘弾性物質の除去と創口閉鎖

    注入した粘弾性物質をきれいに取り除き、替わりに水を満たすことで内圧を高め、無縫合で創口を閉鎖します。

    白内障手術を要約すると、濁った水晶体の中身を取り除き、代わりに人工の眼内レンズを挿入する手術です

    「超音波乳化吸引術」の流れ③術後における注意点

    手術が成功裡に終わったあとも、傷が十分に回復して目の状態が安定するまでは、しばらく注意が必要です。医師の指示を守って受診や点眼薬の投与を続けるようにしてください。

    手術直後

    手術終了後は回復室でしばらく安静にして過ごします。その後、特に問題がなければ術後の注意事項などの説明を受け、帰宅となります。目をこすったり触ったりしないように眼帯を装着し、目を保護します。特に就寝中は無意識に目に触れてしまうことがあるので、必ず眼帯やゴーグルなどの装着を行ってください。

    手術翌日以降

    手術を受けた翌日は、必ず診察を受けてください。視力検査、眼圧検査、眼底検査などを行い、手術の合併症が出ていないか医師が診察します。ここで問題がなければさらに2日後に診察を行い、その後は少しずつ間隔を開けながら、経過観察を続けていきます。まれに、術後しばらく時間が経ってから合併症が起きてくることがあります。調子がよくても定期検診を忘れないようにしましょう。

    板谷院長のひとことアドバイス

    白内障手術は、水晶体の超音波乳化吸引術があみだされたおかげで、角膜の切開を極小に抑えることができるようになりました。術後合併症がほとんどなくなり、日帰り手術が可能になったのも、この術式のおかげといえるでしょう。

    まとめ

    • 現在の白内障手術は「超音波乳化吸引術」が標準となっています。
    • 「超音波乳化吸引術」は、創口が2~3mmと小さく、安全で視力の回復も早いのが特長です。
    • 手術を受ける前に、術前検査、手術、術後管理の全体的な流れを理解しておくと安心です。

    目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

    執筆者プロフィール

    医療法人クラルス はんがい眼科 理事長 板谷正紀

    京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

    公式サイト

    目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ