アトピー性皮膚炎を発症している方は、いつか自分がアトピー性白内障にかかるのではないかと不安になっているのではないでしょうか。アトピー皮膚炎の方が若くして白内障になりやすいのは事実です。白内障というと高齢者がなるものだと思いがちですが、アトピー性の白内障は早ければ10〜20代でも発症することがあります。

また、アトピー性皮膚炎によって発症する白内障は進行が早く、数カ月で一気に視力が低下するほど悪化することも少なくありません。白内障だけでなく、網膜剥離(もうまくはくり)角膜炎眼瞼炎などの合併症を伴うことも少なくいという特徴もあります。
白内障も網膜剥離も治る病気です。どちらもきちんと診断し、治せる眼科に診てもらうことが重要です。

今回はアトピー性白内障について詳しくご紹介します。

アトピー性白内障とは

白内障は原因によって分類されています。もっとも一般的なタイプは加齢とともに発症する加齢性白内障です。

他に、別の病気に併発して発症する併発白内障、目のけがによって発症する外傷性白内障などがあります。この併発白内障のひとつが、アトピー性皮膚炎が原因となって発症するアトピー性白内障なのです。

アトピー性白内障の4つの特徴

濁りやすい皮質ではなく水晶体囊が濁り始める

白内障の多くは、濁りやすい皮質や核から濁ります。それぞれ皮質白内障、核白内障と呼びますが、アトピー性皮膚炎から発症する白内障は、水晶体の中身を包む袋である囊(のう)から濁り始めることが多い特徴があります。

囊の前部分が濁るのを前囊下白内障と言い、後ろ部分が濁るのを後嚢下白内障と言います。どちらも、アトピー性白内障でよく見られる濁り方です。

【水晶体の構造】

【前嚢下白内障】

進行が非常に早い

アトピーによって引き起こされる白内障は、水晶体の周りの皮質という部分が溶けやすいため、進行が早いのが特徴です。
加齢性の白内障は数年単位で進行しますが、アトピー性のものは数カ月、早い場合には数週間で一気に水晶体が濁り成熟白内障へと進み、目の前の指の数が識別できないほど急激に視力が低下することもあります。

【症状がかなり進行した状態の成熟白内障】

早ければ10代でも発症する

10〜20代の若年性白内障で、もっとも多い原因疾患がアトピー性皮膚炎です。どうしてアトピー性皮膚炎の人に多く白内障が発症するか、仕組みはまだはっきりとは分かっていません。
アトピー性皮膚炎の治療に使われる、副腎皮質ステロイドホルモンが原因ともいわれますが、ステロイドを使っていない方でも白内障を発症するケースはあることと、ステロイドで後嚢下白内障を起こしやすいが前囊下白内障にはなりにくいことから、ステロイドだけが原因とは言い切れません。

他には、目のかゆさを我慢するために目のまわりを叩く癖があったり、まぶたを強くこすりすぎることによる、外傷が原因になっているという可能性もあります。

アトピー性白内障で手術を受ける人の平均年齢は30歳前後が多くなっています。10〜20代でも手術が必要になる場合もありますから、若いからといって油断せず、なにか気になる症状があれば、早めに眼科医に相談してください。

網膜剥離などの合併症を伴うことが多い

アトピー性皮膚炎の方は、白内障に加えて網膜剥離を合併していることも少なくありません。網膜剥離とは、なんらかの原因で、網膜の土台(網膜色素上皮といいます)から網膜が剥がれてしまった症状をいいます。
先に述べました、外傷性白内障の原因として考えられる、かゆみで目の周りを叩いたり、こすったりすることが、網膜剥離を引き起こしていると考えられます。

アトピー性白内障は若年層に発症が多いと説明しましたが、アトピー性の網膜剥離のおよそ7割は、15〜25歳で発症しています。またそのうち4割では、両眼で網膜剥離が生じています。

白内障は、水晶体(カメラにたとえるとレンズ機能)を人工の眼内レンズに入れ替えることで視力を回復することができますが、網膜(カメラのフィルム機能)は替えがきかないので、手術が遅れて網膜が変性してしまうと、視力が取り戻せなくなってしまいます。

アトピー性皮膚炎の方は、特に網膜剥離が早期発見できるように定期的に眼科の検診も受けるなど注意が必要です。

アトピー性白内障の2つの症状

まぶしさを感じたり、明るい所で見えにくい

前囊下白内障や後囊下白内障は、中心部分から濁り始める特徴があります。そのため、初期から自覚症状は強く感じられるようになります。

まぶしさで苦痛を感じたり、明るい所に出ると見えにくいという症状が現れることが多くなります。今まではなんともなかったのに、車のライトがまぶしくて耐えられないなどの症状もよくみられます。

急激な視力の低下が起きる

アトピー性白内障は症状の進行が急激なため、視力が一気に低下していく特徴があります。自覚症状が出始めてから、数ヶ月で白内障が進行し、成熟白内障となってしまうためです。
見えにくさを感じたらすぐに眼科を受診し、治療を始める必要があります。

アトピー性皮膚炎と併発しやすい眼の病気

アトピー性角膜炎・結膜炎

アトピー性皮膚炎は白内障だけでなく、別の眼病も併発することがあります。特に、アレルギー性の角膜炎や結膜炎はアトピー性皮膚炎にともなうことも多く、アトピー性角結膜炎といいます。

症状としては、かゆみがひどく、涙が流れ、結膜の肥厚・充血・濁りなどの症状が現れます。また、特に春から夏にかけて症状がひどくなるアレルギー性の結膜炎を春季カタルと言いますが、この病気を発症した方の7割にアトピー性皮膚炎がみられます。
治療としては主にアレルギーを抑えるお薬が処方されます。

アトピー性眼瞼炎(がんけんえん)

目の周囲の皮膚に、赤いまだらや湿疹、むくみ、ただれ、かさつきなどの症状が生じ、かゆみも伴います。アトピー性皮膚炎特有の皮膚症状が、目の周囲の皮膚にも現れるとイメージすると分かりやすいかもしれません。症状がひどくなると、上下のまぶたの皮膚が固く厚くなります。

かゆいからと掻いたり、叩いたりすると、白内障や網膜剥離などの合併症が生じるリスクが高まります。医師に処方されたお薬でかゆみをやわらげて、かいたり叩いたりするのはできるだけ減らしましょう。

急激に病状が進行している場合は、
早期に手術を受ける

進行が早い場合は、早期に手術をすることが必要

アトピー性白内障の治療は、他のタイプの白内障と同じく、白内障手術により行われます。アトピー性白内障は、数カ月、早い場合は数週間で急激に視力が低下するケースもあるため、急に手術が必要になることがあります。
手術を受けることをためらい、手術時期を遅らせると水晶体が膨張してしまう(膨化白内障)ことで手術の難易度が高くなります。医師に勧められたら水晶体が膨化する前に手術を受けることをおすすめします。

また手術を受けた後の術後の管理も重要です。アトピー性皮膚炎の方はまぶたの皮膚に雑菌が住みやすく、細菌感染のリスクは他の方よりも高いと考えるべきです。抗菌剤点眼と術後経過観察が重要です。
また、術後に眼内レンズを入れた水晶体の袋(水晶体嚢)が収縮して眼内レンズの位置がずれるリスクがありますので、術後目を叩くこともできるだけ避けましょう。

網膜剥離を併発している場合は、眼底の治療も行う

網膜剥離は治療が遅れると、失明に至りかねません。網膜剥離を併発している場合には、眼底の治療も並行して行う必要があります。

アトピー性皮膚炎の方が
日常生活で気をつけたいこと

できる限り目をこすったり、叩いたりしないでください。 目をこすったり叩いたりすると、網膜が剥がれる網膜剥離を起こしやすいので、注意が必要です。

また、目を強くこすると、水晶体を支えている“チン小帯(しょうたい)”という組織が弱って切れてしまうことがあります。チン小帯は、トランポリンのマットを支えているスプリングをイメージしていただけるとわかりやすいでしょうか。

チン小帯が弱ると、白内障の手術を受けるときに、水晶体の代わりになる人工の眼内レンズを移植しても、眼内レンズを支えられずに眼内レンズが傾いてしまったり、硝子体の中に落ちてしまうという合併症を引き起こすこともあります。チン小帯は再生しないのです。

皮膚科医と相談してかゆみのコントロールをしていくことが目の併発症を減らしていく道だと思います。

チン小帯

チン小帯を人工的に作ることはできませんので、かゆい場合には患部を冷やしたり、医師に処方されるかゆみ止め薬を使うなどして、極力眼をこすったり、叩いたりしないようにしてください。

「アトピー性白内障」まとめ

  • 早ければ10〜20代でも発症する
  • 病気の進行が早いことが多く、急速に視力が低下するケースも
  • 進行が速いと早期に手術をする必要がある
  • 網膜剥離などを合併することが多い
  • 目の周囲のかゆみのコントロールが目の併発症のリスクを減らす

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ