フェムトセカンドレーザー手術の記事でもご紹介しましたが、最近の白内障手術では、乱視を矯正できるトーリック眼内レンズや、遠くから近くまで焦点の合う多焦点眼内レンズなど、「高機能眼内レンズ」と呼ばれる眼内レンズが普及しています。
トーリック眼内レンズは、乱視軸を正確に合わせる必要があります。老眼治療の多焦点眼内レンズは、従来の1つの距離にしかピントの合わない単焦点レンズに比べて手術に格段の正確さが要求されます。眼内レンズを入れる水晶体のふくろは術後収縮が起こりますので、それに耐えて眼内レンズが傾かずに中央に位置し続けるために、高い精度の手術が求められるようになっています。すなわち、白内障手術は単に矯正視力を回復する手術から、近視、乱視、老眼などの屈折異常、調節異常をも治療する屈折矯正手術へシフトしているのです。
屈折矯正に必要な正確な白内障手術を行う技術基盤として、フェムトセカンドレーザーによる白内障手術と「白内障手術ガイダンスシステム」(製品名;「ベリオン」、「アリスト」)が開発され臨床に導入されているのです。
このガイダンスシステムは、術前に患者さん一人ひとりの目の形を正確に把握して、術中に切開位置や眼内レンズの固定位置を正確に教えてくれるのです。
白内障手術のガイダンスシステムとはどういったものか、詳しくご紹介していきます。

白内障手術ガイダンスシステムとは?

ガイダンスシステム「ベリオン」(Alconより・以下同)

コンピュータで計測した設計図通りに、眼内レンズの固定位置などを表示する目のデジタルマーカー

白内障手術では、取り出した水晶体の代わりに、人工の眼内レンズを目の中に挿入・固定します。近年登場したトーリック眼内レンズや多焦点眼内レンズなどの多機能眼内レンズでは、レンズの傾きや位置がズレてしまうと、術後の見え方に大きな影響が生じます。

これまでの手術では、眼科医の経験と勘、目視により切開位置やレンズの固定位置を決めていましたが、白内障手術ガイダンスシステムは、あらかじめ目のかたちを計測してコンピュータに記録したデータを元に、手術中に切開位置や眼内レンズを固定するための位置を設計図通りに教えてくれます。これは、特に乱視を矯正するトーリック眼内レンズの性能を効果的に引き出します。

多焦点眼内レンズでは、術後傾いたり、偏位したりすることなく長期間にわたって眼内レンズが安定してセンターに位置することが重要です。水晶体のふくろは術後収縮して眼内レンズのズレを起こすことがあります。この収縮に抵抗し、眼内レンズの位置ズレを起こさないようにする方法として、前嚢切開の縁が全周にわたって眼内レンズの縁にわずかに乗るように前嚢切開を行います。また、拡張子リングというリング状の器具をふくろの中に入れて内側から補強して収縮に耐えられるようにします。白内障手術ガイダンスシステムで表示される正確な前嚢切開の位置と大きさのデジタルマーカーに沿って手術を行うことで、狙い通りの前嚢切開を行うことができます。

白内障手術ガイダンスシステムができること

①目の表面撮影
手術前に目の表面の高解像度デジタル画像を撮影します。1人ひとり異なる白目の血管、輪部、虹彩の模様など目の表面の特徴を解析します。
②目の表面の認証によるデジタルマーキング
この解析データを基に、手術中の目を認証し、計画した角膜切開の位置、前嚢切開位置、眼内レンズの中心固定位置、乱視軸の位置などを、手術中に医師が覗く手術顕微鏡の画面にデジタル表示します。
③アイトラッキングで目が動いても大丈夫
ガイダンスシステムは目の血管、輪部、虹彩模様を認識してリアルタイムに目の位置を認証し、術中に目が動いても追いかけて(アイトラッキング)②の表示を行います。
④各データをレーザー白内障手術器機に送り、レーザー切除の設定を行うこともできます。

これらの計測→認証→アイトラッキングの流れにより、高精度の白内障手術が可能になります。

ガイダンスシステムで目の中を撮影(同)

「デジタルイメージング」高解像度のデジタル画像で1,000枚以上も撮影

指紋の様に患者さんの目の表面は個々に全く違う特徴を持っています。目の表面をを1,000枚以上撮影します。手術中は、白目の血管や虹彩の模様の位置を目印として、目の位置や角度を確認します。

顕微鏡内のデジタルマーカー(同)

医師の覗いている顕微鏡内にデジタルマーカーを重ねる

角膜切開や前嚢切開の位置や角度を設定し、そのマーカーに添って手術をします(同)

これは、眼科医が見ている顕微鏡内の写真です。顕微鏡に映し出される患者さんの目の画像の上に、計画している前嚢切開の位置、乱視軸の位置、眼内レンズの固定位置などのマーキングラインが重ね合わせて表示されます。この場合は、前嚢切開の位置が表示されています。

また術前に外来で患者さんの目の画像を撮影するのは座った状態ですが、手術台では仰向けになります。仰向けになると眼球が時計回りまたは反時計回りに回旋してしまいトーリック眼内レンズの乱視軸の同定にズレが生じやすくなります。このガイダンスシステムでは、目の表面の特徴を認証しますので、回転に影響されずに正確に乱視軸を表示できるのです。

手術中にどの患者さんの目も多少は動きます。ガイダンスシステムは、目が動いたり、顕微鏡の倍率を変えたりしても自動でリアルタイムに追いかけてデジタルマーカーを合わせてくれます。

乱視を矯正できるトーリックレンズでは、ガイダンスシステムにより正確に軸を合わせられる

白内障手術は乱視の矯正があたりまえになりました。特に多焦点眼内レンズを選ぶ場合は、乱視を矯正しておかないと、せっかく老眼が治ってもメガネが必要になります。白内障手術で強い乱視を治療できるのがトーリック眼内レンズです。このレンズは、患者さんのもつ乱視の軸と、乱視矯正用レンズの軸を正確に合わせることが求められます。ガイダンスシステムでは写真のように乱視の軸を表示してくれるので、その表示に合わせてレンズを入れることで正確に固定することができます。

乱視の軸を表示し、眼内レンズの固定をしている(同)

目の中の距離や角度などの情報をレーザー手術器機に送信

ガイダンスシステムからレーザー器機に、あらかじめ撮影した目の中の距離や角度などの情報を送り、その設定にそってレーザー器機は角膜や水晶体前嚢切開を行います。
もちろんガイダンスシステムのみ使用し、執刀は医師の手により行うことも可能ですが、ガイダンスシステムとレーザー器機を連動して使用することで、さらに高い精度の白内障手術を行うことができます。

ガイダンスシステムはレーザー機器と連動することで、より正確な手術を可能にします(同)

板谷院長のひとことアドバイス

白内障手術は白内障による視力障害を治すだけではなく、一人ひとりの目が持っている近視や乱視という屈折異常も矯正する手術になり求められる手術の正確性が高くなりました。ガイダンスシステムは、車のナビのように正確な白内障手術を行うために欠かせない支援システムなのです。

まとめ

  • ガイダンスシステムは、まず目の表面を計測して、術中に目を認証し、正確な切開と眼内レンズ固定の位置を示します。
  • 目が動いても目を追いかけて正確なガイダンスを行います。
  • レーザー白内障手術器機は、ガイダンスシステムと連動することで、より高精度の手術をすることが可能になります。

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ