最近、視力は良いのに「まぶしさ」や「ものが何重にも見える」という不快な症状が気になっている方は、皮質白内障が始まっているのかもしれません。
皮質白内障はとても一般的な白内障のひとつです。皮質白内障は、水晶体の濁る場所で分類される白内障のタイプのひとつで、水晶体の核の周囲にある皮質という部分が白く濁っていきます。

「白内障」という病名がついたのは、手術ができなかった時代に、皮質白内障が進んで瞳が真っ白に見えるようになったからです。
加齢で発症することが多く、白内障の中ではもっとも多いタイプでもあります。周辺から始まりますので、始まっていても気がついていないことが多いのです。

今回は、「皮質白内障」について詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてください。

皮質白内障の特徴

水晶体の周辺部からくさび形に濁ってくる

白内障は、目のレンズである水晶体が濁っていく病気ですが、皮質白内障は水晶体の中の皮質という部分が、くさび形または車軸状に少しずつ濁っていきます。「皮質」というのは医学用語によく用いられる言葉で「表層」というニュアンスです。水晶体の核の周囲を取り巻き水晶体の表層を成す部分が水晶体皮質なのです。

周囲から徐々に中央に向かって濁っていくという特徴があります。このため皮質白内障が始まっていても、自分では気がつかないことが多いのです。何年もかかって中央部分に濁りが到達すると症状を自覚するようになり、視力は一気に低下してくるのです。

【皮質白内障の目】

最も一般的な水晶体の濁り方

白内障は加齢でなることが最も多いのですが、その加齢性白内障の中で多いのが、この皮質が濁っていくタイプです。核白内障には皮質白内障も併発していることが多いですし、核白内障があまりなくても皮質白内障を主に認めることも多いです。
つまり、水晶体が濁る部位の分類の中では、最も一般的なものと言えます。

濁りが瞳の真ん中に到達するまで自覚症状はない

目に入ってくる光は、虹彩によって量が調節されます。カメラの絞りと同じ仕組みです。光が入ってくる孔を瞳孔と言いますが、瞳孔は暗いところでも5ミリ程度しか開かないので、通常は水晶体の中央部分にのみ光が通ります。

皮質白内障は、周辺部から水晶体が濁ってくるため、目に入ってくる光のほとんどは、何の影響も受けずに眼底の網膜に届きます。
そのため、初期には見えづらさなどの自覚症状がなく、視力が落ちることもありません。中央部分まで濁りが到達して初めて、見え方に異常を感じるようになります。

【皮質白内障の濁りと網膜への影。左はまだ周辺部のにごりで網膜の中心に濁りの影がない。
右は濁りが中央にまで及び網膜の中心までにごりの影を認める】

皮質白内障の4つの症状

以前より、異様にまぶしさを感じる

皮質白内障は、濁りが瞳の中央部分に達するまで、ほとんど自覚症状はありません。
しかし濁りが中央部に達すると、水晶体を通る光が乱反射を起こすことにより、以前より強く“まぶしさ”を感じるようになります。皮質白内障に次いで多い核白内障では、あまりまぶしさを感じないのと対照的です。

よくあるのは、朝起きて部屋のカーテンを開けたときに、朝日が異様にまぶしく感じて外の景色が見えなかったり、太陽を背にして歩いてくる人の顔がまぶしくてまったく認識できなかったり、という症状が起こります。洗濯物を干すときに、シーツの白さがまぶしすぎて苦痛に感じ、サングラスをかけるようになる方もいます。

また車に乗っているときに対向車のライトが、ハイビームでもないのにまぶしくて見られないという症状もよくみられます。「最近、すごくまぶしさを感じるようになった」と感じる場合、ひょっとしたら皮質白内障かもしれません。

早めに眼科を受診するようにしてください。

物がダブって見えることも

また人によっては、物が二重、三重にダブって見えるという症状が現れることもあります。夜空に浮かぶ月を見上げると、月が何重にもダブって見えるようなら皮質白内障を疑った方がいいかもしれません。

水晶体が原因で起こる乱視は水晶体乱視とよばれ、角膜が原因の角膜乱視とは区別されます。皮質白内障の濁り方はくさび形であるため、にごりの強い部位と弱い部位が生じ回折現象が生じて発生するとされています。

角膜乱視の場合は、ものは縦や横に2重に見えることがほとんどですが、水晶体乱視はもっと複雑で、3重以上にダブって見えることが多いのです。角膜乱視はメガネやコンタクトレンズで矯正できますが、水晶体乱視は白内障手術でしか治すことができないのです。

薄暗いところでは、物が見えにくい

皮質白内障は周囲から水晶体が濁ってくるので、瞳孔が大きく開く薄暗いところでは自覚症状が現れやすくなります。夜、車のヘッドライトやネオンの光が以前よりまぶしく感じるようになったら、それは皮質白内障の症状かもしれません。

ある日、急に視力が低下したように感じる

皮質白内障は何年もかかって、周辺部から濁りが進行しますが、濁りが周辺部に留まっているうちは自覚症状はほとんどなく、視力も低下しません。

しかし一旦濁りが中央部分にかかると、急に症状が現れて、視力が低下していきます。

皮質白内障の治療は手術で行う

手術は、日常生活に不自由を感じたら行う

皮質白内障の進行は非常にゆっくりで、何年もかかって濁りが眼の中央部に到達します。そのため初期では、白内障であっても症状がほとんどなく、不自由なく過ごすことができますので手術を急ぐ必要はありません。

しかし、まぶしさ、ものがダブって見えるなど生活に気になる症状が出たときには手術が視野に入ってきます。特に、車の運転をされる方は、このような症状があると事故の危険性が増しますので、早めの手術が勧められます。
仕事をされている方も仕事に支障が出やすく早めの手術になることが多いです。最近では、ご高齢の方でも、運転、スポーツ、趣味など活動的な方が多く、皮質白内障の症状が気になって手術を希望されます。

手術では、水晶体を人工の眼内レンズに置き換える

治療は他のタイプの白内障と同様の白内障手術により行われます。水晶体の中身を吸引し、眼内レンズに置き換える標準的な白内障手術です。
核白内障は進みすぎると硬くなりすぎて手術が難しくなりますが、皮質白内障は症状が進んで成熟白内障などになっていないかぎりは、リスクもそれほど高くならないため、かなり安全に治療できます。日帰り手術が可能で、手術時間も10分程度です。

点眼薬では根治はできないが、進行を遅らせる効果が

皮質白内障だと診断されたら、手術が必要となるまで点眼薬が処方されることが多くなっています。
初期の皮質白内障では、点眼薬によりある程度進行を遅らせる効果があるという報告があります。根治するには手術しかありませんが、点眼薬を使うことで手術を受けるまでの期間を延ばすことが可能なケースもあります。

帽子やサングラスなどで、紫外線をカットして予防を

紫外線は、白内障の進行を早める要因と考えられています。そのため、紫外線対策を施すことで、ある程度皮質白内障を予防できたり、進行を遅らせたりする効果が期待できます。
たとえば、帽子をかぶったり、サングラスをかけたりすることで、眼に入ってくる紫外線の量を低減することができます。春夏の紫外線量が高い時期には、積極的に紫外線対策をしましょう。

皮質白内障の方は、普段からまぶしさを感じることが多いので、春夏以外でも、色の薄いサングラスなどをかけると過ごしやすいかもしれません。特に降雪量の多い地域に住んでいる方や、ウィンタースポーツをたしなむ方は、雪に反射した紫外線も大敵です。
しっかり対策をして、目にやさしい生活を心がけるようにしましょう。

紫外線ついては、こちらのコラムでもご紹介しております

紫外線はどこまで目に毒か!?紫外線がもたらす目への影響と症状について

「皮質白内障」まとめ

  • 皮質白内障は最も多い白内障
  • 水晶体の周辺から濁るので、始まっていても自覚症状がほとんどない
  • 濁りが水晶体の中央部分にかかると、急速に視力が低下したり強くまぶしさを感じたりする
  • 視力低下だけではなく、まぶしさやダブって見えるなど仕事や運転に支障を感じ始めたら手術を検討する必要がある

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ