通常の白内障手術では単焦点眼内レンズを用いますので、よく見えるようになった反面、ピントが合わず見えにくい距離が残り、メガネやコンタクトレンズが必要になります。
眼内レンズのピントを「近く」に合わせた場合、車の運転などで遠くをクリアに見る必要があるときは遠用メガネが必要になります。反対にピントを「遠く」に合わせた場合は、読書をするなど手元を見るときには、近くがはっきり見える近用メガネがないと不便でしょう。
遠くにも近くにもピントが合う多焦点眼内レンズを選んだ場合でも、2焦点眼内レンズであれば中間距離か手元にピントの甘いところが残りますので、時々メガネを使う必要がある方もいます。
ところが、術後すぐにメガネをつくると数ヶ月後に合わなくなるため2ヶ月は待った方が良いのです。術後の角膜浮腫や眼内レンズの位置の変化などが、術後の屈折を変化させるからです。
今回は、白内障手術後の見え方の特徴と、術後にメガネをつくるときのポイントについて解説します。

白内障手術後に生じる特徴的な症状とは

濁った水晶体を人工の眼内レンズに置き換える白内障手術を行うと、矯正視力は良くなりますが、術後に特徴的な症状を感じることがあります。
「ものを見る」というのは、目から入った情報を脳で処理することであり、新しい見え方に脳が慣れていくにつれ、気にならなくなります。
ただし、症状の感じ方やその強弱にはかなり個人差があります。全く気にならない方が多い反面、変化に敏感な方は気になります。早い方では術後数日で気になる症状はほとんど消失しますが、人によっては、違和感が何カ月も続くこともあります。また、ごくまれではありますが、術後の合併症も起こりうるため、区別が必要です。以下に示したような不快な症状がいつまでも続くときには、術後の定期検診などの際に眼科医に相談しましょう。

白内障の目

手術後にまぶしさを感じる

白内障の症状として、光をまぶしく感じる羞明(しゅうめい)というものがありますが、手術後にもまぶしさを感じる場合があります。これは、白内障を発症した水晶体は濁っているため光を通しにくくなっているところに、白内障手術で透明な眼内レンズを入れるため、術前と比べて目に入る光が格段に多くなり、手術直後はまぶしさを感じてしまうのです。白内障のときのまぶしさは、濁った水晶体が光を乱反射するために生じるので不快感がありますが、手術後はクリアな光が大量に入ってくることでまぶしさを感じることから不快感は少なく、数カ月で慣れて気にならなくなります。

最近は、手術後に使用する保護ゴーグル(保護メガネ)のレンズに薄い着色が施されており、まぶしさを軽減できるようになっています。
もしどうしても気になる方は、術後しばらくの間、自分に合ったサングラスで目に入る光を軽減してもよいでしょう。

飛蚊症と光視症

飛蚊症とは、黒っぽい小さな虫や糸くずのようなものが視界に飛んでいるように見える症状です。白内障手術後に飛蚊症が現れるのは、手術で目によく光が入るようになり、目の中の組織(硝子体)にもともとあった小さな濁りに光が当たって、その陰が網膜に映って見えるからです。これも基本的には、慣れれば気にならなくなる症状の1つです。
また術後に、視界にチカチカと光が走るように見える(光視症といいます)ようになったと訴える方もいます。白内障手術によって大きな水晶体が薄い眼内レンズに入れ替わった結果、減った容積分だけ硝子体が前方へ移動します。その結果、網膜が引っ張られて光視症が起こります。多くは問題なく時間とともに気にならなくなりますが、ごく一部に後部硝子体剥離といいまして、加齢によって誰にでも起こる硝子体が網膜から離れる変化が術後に起こることがあります。飛蚊症が増えることが多いです。後部硝子体剥離は病気ではありませんが、そのごく一部に網膜裂孔、そして網膜剥離を引き起こすことがありますので、眼科での眼底検査が必要です。

視界にゴミや虫のようなものが映る飛蚊症の症状

青みが強く見える(青視症)

人の水晶体の色は、もともとは無色透明ですが、白内障が進行すると黄色から褐色へと変化していきます。黄色くなった水晶体は青い光を通しにくいため、白内障が進んだ方は青い色を認識しづらくなっています。
しかし、白内障手術をすると、眼内レンズは青い光もほかの光と同じようによく通すようになるため、手術後には視界全体が青っぽく見えることがあります。これも徐々に脳が見え方を補正してくれるので、大きな問題となることはまずありません。また、最近の眼内レンズは青色光を一部カットするために、少し黄色く色付けされているものもあります。

ハローやグレアが生じる

ハローとは、光の周りに輪ができたようになり、光がにじんで見える症状です。夜間に車のヘッドライトや信号、照明などを見たときに特に起こりやすいとされています。
一方のグレアは、光が長く伸びてギラギラとしたまぶしさを感じる症状です。日中の強い日差しや夜間のライトなどでグレアを感じることが多いようです。
ハローもグレアも、慣れるに従って気にならなくなるケースが多いのですが、一部の多焦点眼内レンズでは、レンズの特性としてハローやグレアが強く出るものもあります。またハローやグレアの感じ方には個人差があり、同じ眼内レンズを使用していても、ほとんど気にならない方と、「まぶしくて見えづらい」という方がいます。
術後一定期間を過ぎてもハローやグレアを強く感じるときは、サングラスの使用を検討するのも一案です。

夜間の光を見ると、光が強く感じられるグレアや、光の周りに輪ができるハローの症状が出ることがあります

視力矯正用メガネをつくるのは、術後2カ月以上が経ってからに

それでは視力矯正用のメガネは、どのタイミングで作ればよいのでしょうか。はんがい眼科では「できれば、術後2カ月が経過してから」と患者さんにお話ししています。
まず、直後は高齢者ほど角膜のむくみが多少とも出て屈折に影響します。切開創は、2.4ミリと随分小さくなりましたが、乱視に影響を与え、創の治癒が乱視に変化をもたらします。眼内レンズの位置は術後の屈折に影響しますが、術後約2カ月の間に眼内レンズを固定している水晶体のふくろは、収縮し、眼内レンズの位置に変化をもたらします。これらの生体としての目の変化が落ち着くのが1カ月前後なのです。水晶体を固定しているチン小帯が弱い方はもっと時間がかかります。

せっかく検査をして視力に合ったメガネを作っても、その後に視力が変われば、再び作り直さなければならなくなります。しっかり視力が安定してから、と考えると、視力矯正用のメガネをつくるのに良いタイミングは、だいたい「多めに見積もって術後2カ月」ということになります。
では、それまでの不便な期間、どう過ごせば良いのでしょう?近用眼鏡であれば、100円均一ショップなどでも販売している老眼鏡などを用いて乗り切るのもよいでしょう。これで十分だとメガネを作らない方もいます。また、メガネ屋さんにある出来合のメガネも役に立ちます。メガネ屋さんによりますが、手術後すぐにメガネをつくって、ずれてきたら半年以内なら格安でレンズを交換していただけるサービスもあります。相談してみてください。

見えにくい距離を見るときに使う視力矯正メガネ

メガネをつくるときには、メガネを使う目的や使い方も考えておいてください。
眼内レンズのピントが近くにある方であれば、遠くを見るときは遠用メガネを使用し、近くはメガネを外して見ることになります。反対に、眼内レンズのピントが遠くにある方は、ふだんは裸眼で生活していて、読書や書類仕事で近くを見るときにだけメガネを使用するという使い方になります。
PC作業の多い方は、中間距離用のメガネ(50~100cm)が必要になる場合もあります。手元30cmと中間距離は近いようで遠いのです。

“メガネ顔”の人は遠近両用メガネにする方法も

一方、メガネのかけ外しがわずらわしい方、あるいは、以前からメガネを使っていてメガネをかけた顔がその方らしい “メガネ顔”の方には、遠近両用メガネにする方法もあります。
通常の遠近両用メガネは、レンズの上半分が遠用、下半分が近用、と分かれています。白内障の手術後に、メガネをかけたままで「遠くも近くも見える」状態を実現したいときには、眼内レンズでピントを合わせたほうには度を入れずに、「遠用だけ、あるいは、近用だけ」に度を入れて遠近両用メガネをつくることになります。
PC作業の多い方は、中間距離と手元の両用眼鏡をつくると便利です。

サングラスは、まぶしい光をカットしつつ視界が暗くならないものを選ぼう

白内障手術を受けたあとに、戸外の強い日差しがまぶしく感じたり、ハローやグレアを強く感じたりする場合は、サングラスを使用するのも1つの方法です。
サングラスは好みで選択してかまいませんが、1つ注意しておきたいのは、レンズの色が黒っぽいサングラスでは、視界が暗くなると、眼内レンズの種類によっては視力が落ちるケースがあるという点です。できれば、まぶしい光をカットしつつ視界が暗くならない、レンズの色が明るいものを選んでいただくと安心でしょう。

板谷院長のひとことアドバイス

白内障手術後は、しばらく新しい視界に脳が慣れていく期間があるので、メガネを新調する際は見え方が落ち着いてからにしましょう。サングラスは基本的に必要はありませんが、まぶしさを感じるならファッション感覚で自分に合ったものを選んで使用しましょう。

まとめ

  • 白内障の手術直後は見え方や視力が一時的に不安定な状態になり、飛蚊症、ハロー、グレアなどが出現することがあります。
  • 白内障手術後に視力矯正のメガネをつくるタイミングは「2カ月経過後」を目安としましょう。
  • 白内障手術後にサングラスを使うときは、視界が暗くならないものを選びましょう。

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ