一般的に行われている白内障手術「超音波乳化吸引術」は、すべての外科手術のなかでももっとも安全な手術のひとつといわれます。しかし少数ではありますが、この手術がむずかしくなってしまう「ハイリスク白内障」もあります。

ハイリスク白内障に分類される症例のなかで特に数が多いのが、水晶体と周りの筋肉を結びつけている「チン小帯」が弱くなっているケースです。
チン小帯といっても、多くの人は何のことかピンとこないかもしれません。小さな目の中のさらに小さく繊細な組織のことですから、それはやむを得ませんが、チン小帯は白内障手術においては非常に重要な要素の一つです。

これから白内障手術を検討されている方は、知っておいて損はありません。チン小帯が弱くなる例についてお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

水晶体のふくろと周囲の筋肉をむすぶチン小帯とは

そもそもチン小帯とは

チン小帯とは、水晶体を包んでいるふくろ(水晶体嚢)と、その周囲の筋肉・毛様体筋をつないでいる繊維です。
より詳しくいうと、毛様体筋は、水晶体の周囲をぐるりと囲む円形の筋肉ですが、そこから細いヒモのようなチン小帯が無数に伸びて、中央にある半球形の水晶体を吊っているような感じです。チン小帯一本一本はひじょうに細いものですが、たくさんの数が集まって水晶体をつなぎとめています。

チン小帯

チン小帯がピント調節に果たす役割

チン小帯はこのように非常に繊細な組織ですが、私たちが普段ものを見るときにも活躍してくれています。遠くを見るときは、毛様体筋が緩んで広がるとともに、チン小帯もピンと張りつめた状態になります。

これによって水晶体は外側に引っぱられて薄くなり、遠くにピントを合わせます。反対に近くを見るときは、毛様体筋はギュッと収縮して狭くなり、チン小帯もゆるみます。そうすると水晶体が厚くなって、近くにピントが合うようになります。

チン小帯が弱くなると白内障手術の難易度がアップ

白内障手術を行うとき、このチン小帯が伸びてゆるんでいたり、部分的に切れてしまっていたりすると、手術の難易度が途端に上がってしまいます。
それはチン小帯が弱いと、水晶体を包むふくろに眼内レンズを固定できなくなったり、水晶体が目の中に落ちてししまうなどのトラブルのリスクが高くなるからです。そのような場合は、通常の白内障手術とは異なる、特殊な手術が必要になってしまいます。

チン小帯が弱くなる原因は加齢や外傷、
「落屑症候群」など

チン小帯が弱くなる原因には、次のようなものがあります。

加齢による弱化

年齢が高くなると、肌にもハリがなくなるように、新陳代謝が遅くなって細胞一つひとつが古く弱くなります。それはチン小帯も例外ではありません。年齢が高くなるほどチン小帯が伸びていたり、切れていたりというケースが多くなります。

もちろん個人差があるので一概にはいえませんが、一般には80歳を超えると、チン小帯断裂などのリスクが高まる印象があります。チン小帯が伸びたり部分的に切れたりしていると、水晶体が固定できなくなり、位置がずれてしまうこともあります(水晶体脱臼)。

事故、外傷による断裂など

目の周辺を強くぶつけた、ものが目に当たったといった場合も、注意が必要です。交通事故でも時折、事故の衝撃で虹彩がちぎれてしまう虹彩断裂などが起こることがあります。こういうケースでは目に強い外圧がかかることで、チン小帯がゆるんでしまったり、弱い部分が切れてしまったりすることがあります。

過去に交通事故に遭った、ボールなどが目に当たったといった経験がある人は、その情報も眼科医に伝えておくと安心です。

緑内障や網膜剥離の手術による影響

緑内障は、目の内部の圧力(眼圧)が高まり、失明の原因にもなる怖い病気です。緑内障があると、内部の圧力によって水晶体が前に押し出されるかたちになるので、チン小帯にも負担がかかり、弱いところから切れてしまうことがあります。

また網膜剥離などの硝子体手術を必要とする目の病気も、手術時に眼圧が高まり、チン小帯が切れたりゆるんだりすることがあります。

落屑症候群

 「落屑症候群」とは、瞳孔や水晶体に白い粉のようなものが沈着してくる症状をいいます。これは、チン小帯が弱くなる代表的な病気です。白い粉のようなものは落屑とも偽落屑ともいいますが、これがチン小帯に付着すると、チン小帯が弱くなって断裂が起きやすくなります。

落屑症候群が起こる原因は詳しくわかっていませんが、高齢になるほど症例が多くなることが知られています。落屑症候群があるとチン小帯が弱くなるだけでなく、白内障になりやすいうえ、手術の難易度も上がります。また進行の早い緑内障を起こす人もいるので、十分に注意しなければなりません。

チン小帯が弱い場合に必要となる
3つの特殊な手術テクニック

チン小帯が弱くなっているとなぜ問題なのかというと、水晶体を包むふくろが不安定になり、そこに眼内レンズを入れても傾いてしまって視力を出せないからです。ときには、水晶体や眼内レンズが目の内部に落ちてしまうこともあります。

はんがい眼科では、チン小帯が切れている範囲が広ければ(180度以上)、ふくろに眼内レンズを挿入するのをあきらめ、特殊な方法で固定します。具体的には、目の強膜という丈夫な壁に眼内レンズを固定する「強膜内固定術」や、糸で縫って固定する「眼内レンズ逢着術」などです。

強膜内固定術

目の強膜(いわゆる白目の部分)に小さな穴を2か所あけ、そこに眼内レンズのループ(足)を差し込んで固定する手術法です。

眼内レンズ逢着術

眼内レンズのループ(足)を、目に糸で縫い付けて固定する手術法です。この手術では、複雑な縫合の技術が必要になります。

水晶体を固定するテクニック

一方、チン小帯が切れている範囲が狭い場合、ふくろを温存して眼内レンズを入れるために、特殊なテクニックの手術を行います。ふくろの前面を切開した切り口に4か所にフックをかけ、ふくろを固定。さらに超音波乳化吸引用の器具にふくろが吸い込まれないように、ふくろに高分子のヒアルロン酸を注入し、ふくろをパンパンにした状態で眼内レンズを挿入、固定します。

「自覚症状」はなし。
眼科できちんと検査を受けることが重要

このようにチン小帯が弱くなっていると、白内障手術にも特殊な技術が必要になります。ただし、チン小帯が伸びたり切れたりしていても、自覚症状はまずありません。
チン小帯が弱くなる「落屑症候群」にしても、自分で鏡の中の目をのぞき込むと白い粉が見える、というものではありません。やはり眼科での検査によって、こうした症状がないかどうかを診てもらうことが大切です。

 眼科では、患者さんがあごを台に乗せ、医師が目に細い光を当てて目の状態を見る「細隙灯顕微鏡検査」というものがあります。この検査で見ると、チン小帯が弱くなっている人は、眼球を上下左右に動かすと、ぶらぶらになった水晶体が揺れる(水晶体震盪)こともありますし、瞳孔から水晶体がずれて伸びたヒモが見えるようなケースもあります。

ほかにも、落屑症候群の有無や水晶体が前に出ている(浅前房)かどうかなども、各種の検査でおおむねわかります。いざ白内障の手術を受けるときになって慌てないためにも、定期的に眼科で目の状態を見てもらうことをおすすめします。

ハイリスク白内障のまとめ

  • ハイリスク白内障としてチン小帯が弱くなっている例が挙げられる
  • チン小帯が弱いと、眼内レンズを固定できなかったり、手術中に水晶体が落ちてしまったりすることがある
  • チン小帯が弱い場合は、特殊な手術テクニックで対処するほうがいい

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ