俗にいう「ものもらい」は2種類あり、その一つである麦粒腫(ばくりゅうしゅ)についてはコチラ(リンク)でお伝えしました。今回解説する霰粒腫(さんりゅうしゅ)がもう一つの「ものもらい」なのですが、こちらも麦粒腫同様、地方によっては「めいぼ」、「めばちこ」、「めばち」、「めっぱち」、「めっぱ」などと呼ばれています。一見すると似たような経過をたどることから、同じ目の病気として混同されています。しかし、まったく異なる病気です。麦粒腫は皮膚に住み着いている黄色ブドウ球菌などによる感染症ですが、霰粒腫は原因が感染とは関係なく、医学的には違うカテゴリーの目の病気に属します。今回はこの霰粒腫について詳しく紹介します。これによって、二つある「ものもらい」がどう違うか、どのように対処すべきかが、よくわかるはずです。

感染ではなく目詰まり

まぶたの深い部分にあって、涙の過度な蒸発を防ぐ脂を分泌するマイボーム腺の出口が詰まって、慢性的な炎症が起き、肉芽腫(しこり)ができる病気です。麦粒腫と異なり、細菌感染を伴わない無菌性の炎症です。放っておいても、しこりは自然に破れて、内容物は流れ出ることもあります。ただ再発することが多いのが特徴です。

【霰粒腫】

自然治癒もあるが大半は再発を繰り返す

まぶたの中に小豆大のコロコロしたしこりができて、押さえると触れることができます。しこりの部分の腫れはありますが、通常は痛みも赤みもありません。放置するとしこりの周りに膿が貯蓄され、まぶたの腫れも次第に大きくなり、赤みも出てきます。さらに進むとしこりが破れ、内容物がまぶたの外側や内側に出て、しこりがなくなることがあります。このとき麦粒腫との決定的な違いが現れます。麦粒腫は内容物が出ると、自然に治っていきますが、霰粒腫では内容物が外に出たからといって治るわけではありません。多くの場合、破れて外に出た内容物が、まぶたの裏などに残っているために、違和感や不快感が続きます。またマイボーム腺が詰まりやすいとう原因を取り除いているわけではないので、再発しやすく油断はできません。そのような経過をたどる一方で、霰粒腫はときとして目詰まりとは別に、細菌感染を引き起こすこともあります。すると急性炎症により麦粒腫同様の症状が出ます。すなわち目の充血や痛みを伴う局部の腫れです。これを急性霰粒腫と呼びます。霰粒腫は通常はそんなに痛くありませんが、この急性霰粒腫の場合、比較的痛みが強いという特徴があります。

【まぶたの奥にあるマイボーム線】

高齢者ではがんと区別する検査も

視診や触診でほぼ診断がつきます。ただ50代以降で再発を繰り返す場合は、高齢者に多い皮膚がんとの識別のために、組織を採取しての病理検査が必要な場合もあります。

点眼薬や軟膏で治らない場合は手術

しこりが小さければ自然に消失することもありますが、消失しない場合、あるいはしこりが大きい場合は、炎症を止めるステロイド薬を点眼したり、軟膏を塗布したりします。まぶたに注射をすることもあります。通常はこれで治まるのですが、大半は一時的で数カ月後には再発するというパターンが多いです。再発を繰り返す場合は、眼瞼結膜にメスを入れて内容物をかき出す手術が勧められます。局所麻酔でできる簡便な手術です。手術によって、しこりをしっかりと取り除くことで、再発の可能性を低くすることができます。霰粒腫の根本療法は手術ということになります。細菌感染による急性霰粒腫では、抗生剤の点眼や内服による薬物療法で炎症を鎮めます。炎症が治まった後、手術による治療を行います。

板谷院長のひとことアドバイス

霰粒腫の手術を行う場合、手術による腫れが一週間ほど続くこともあるので、支障のある方は手術のタイミングを連休をはさむようにするなどして工夫されるとよいでしょう。

まとめ

  • 麦粒腫と同じできものと思ってしまい、自己流で自然治癒を待ってもなかなか治りません。
  • 民間療法にホウ酸をお湯に溶かしてガーゼを浸し、まぶたに当てるということを1日に3回くらいすると、3日ほどで治るという方法などをネットでよく見かけますが、医学的な根拠は乏しいといえます。
  • 霰粒腫は乳幼児から高齢者まであらゆる年齢層に発症する病気ですが、高齢者で再発を繰り返す場合は皮膚がんなども疑われますので要注意です。

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

執筆者プロフィール

医療法人クラルス はんがい眼科 理事長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ