ものを見るときに二重に見えたり、ぶれたりして、近くも遠くもピントが合わない、夜になると道路標式が見にくいなどの症状はありませんか? こうした症状があれば「乱視」かもしれません。

乱視は、角膜のカーブがきれいな球形ではなく、歪んでいることで起こります。また加齢などの原因により水晶体に濁りが生じることで乱視になることもあります。乱視を放っておくと、目が疲れたり、頭痛や肩こりを引き起こすことも少なくありません。乱視により生じる症状や乱視のメカニズムについて、わかりやすくご紹介します。

乱視のしくみ:乱視とは、角膜がラグビーボールのように歪み、焦点が一点で結ばれないこと

外から目に飛び込んできた光は、レンズの役目を果たす角膜と水晶体で屈折して、網膜の上に焦点(ピント)が合い、像を結びます。これを「正視」といいます。正視は、角膜が円状の形をしているため、像が一点で結ばれています。

一方の「乱視」は、図を見ていただくとわかるように角膜の形が一定方向に歪んでいることから、網膜上の一点にピントを合わせることができません。

ラグビーボールを思い浮かべてもらうとわかりやすいですが、縦と横、斜めのカーブが異なるため光の屈折が変わり、ピントが一点に合わないのです。そのため、ものがぼやけて見えたり、ぶれたりします。

【乱視には種類があるの?】

大きく分けて「正乱視」「不正乱視」があり、正乱視は、歪みの方向により名前がついています。

前述のラグビーボールのように角膜の縦と横のカーブが異なっている乱視のことを、「正乱視」といいます。一方、炎症やケガなどによって角膜表面に凹凸が生じ、像がうまく結べない乱視のことを「不正乱視」といいます。

正乱視の種類

正乱視は、角膜が歪む方向により、名前がつけられています。ラグビーボールが横になっていて、角膜が縦につぶれたような形をしているものを「直(ちょく)乱視」、ラグビーボールが縦になっていて、角膜が横につぶれたような形をしているものを「倒(とう)乱視」、ラグビーボールが斜めになっていて、角膜が斜めに歪んだような形になっているものを「斜乱視」といいます。

乱視に水晶体は関係しないの?:若い頃の乱視は、ほとんどが角膜乱視
加齢により、水晶体に濁りが生じて乱視になる人も

ここまで、角膜の歪みが乱視の原因だとご説明してきましたが、実は水晶体も乱視の原因になります。

目に入った光は角膜と水晶体により屈折し、網膜上にピントをあわせます。網膜上の一点にピントが合わないのが乱視ですが、乱視には、角膜が原因の乱視(角膜乱視)と、水晶体が原因の乱視(水晶体乱視)があります。

若い頃の乱視はほとんどが角膜乱視で、歳を重ねると水晶体が老化し濁ることで乱視の要因になります。水晶体に白内障の兆候が現れると、光の屈折に変化が生じるのです(若くても加齢以外の要因で白内障になる場合もあります)。

乱視は、角膜と水晶体の二つの原因によって生じます。「なんだか歳をとったら、ものがぼやけて見えるようになった」と感じる方が多いのは、水晶体に濁りが生じ、光を乱反射しているからです。

しかし面白いのは、もともと角膜乱視が強かった方が、水晶体に濁りが生じたため、お互いが打ち消し合って乱視がほとんど生じないというケースもあります。

若い頃の乱視はほとんどが角膜の歪みが原因ですが、若い頃に乱視がなくても水晶体に濁りが生じると乱視になることを覚えておいてください。

乱視の症状:月がダブって見えたり、
夜の景色がにじんで見えたら乱視かも

以下でご紹介するような症状があれば乱視かもしれません。一度、眼科でご相談されることをおすすめします。
・ ものが見にくいので目を細めてピントを合わせてしまう
・ 月を見上げると、二重、三重などダブって見える
・ 夜、車を運転していると、昼間に比べて標識や信号がぼんやりとしか見えない
・ 夜、ビルの灯りや対向車のヘッドライトがまぶしい
・ 3と8、Eと3などの文字の区別がつかないことがある
・ 目が疲れやすく、頭痛や肩こりを感じることがある
・ パソコンの文字を読むのがつらい

乱視の治療:正乱視はメガネやコンタクトレンズで、不正乱視はコンタクトレンズで矯正する

正乱視は、メガネやコンタクトレンズで矯正します。目のひずみと逆方向にひずませる「円柱レンズ」という特定の方向の光のみを屈折できるレンズを使い、一点に焦点が合うようにします。角膜が歪んでいる方向と反対の歪みを持ったレンズを合わせることで、互いに打ち消し合って歪みをなくします。

コンタクトレンズの場合は、瞬きをするたびにレンズが眼球の上で回転するので、レンズの回転を抑え、正しい位置に安定させることのできるタイプを選ぶことが大切です。最近は使い捨ての乱視矯正レンズも登場していますので、眼科でご相談ください。

不正乱視は、角膜の表面に凹凸(おうとつ)があるためメガネでの矯正はできません。そのためコンタクトレンズで矯正します。コンタクトレンズでの矯正が難しければ、屈折矯正手術や角膜移植を行います。

水晶体乱視は、人工眼内レンズに置き換える
白内障の手術で治療をする

水晶体に濁りが生じる病気を「白内障」といいますが、白内障が原因となっている乱視は、白内障の治療を行うことで乱視も同時に治すことができます。

白内障の治療は、手術で水晶体を取り除き、水晶体の替わりとなる人工眼内レンズを挿入します。このときトーリックレンズという乱視も矯正できる眼内レンズを選択することで、治すことができます。

板谷院長のひとことアドバイス

乱視に角膜が原因のものと水晶体が原因のものがあります。角膜が原因の乱視はメガネやコンタクトレンズで矯正したり、屈折矯正手術、角膜移植を用いることもあります。一方、水晶体が原因の場合は白内障の手術によって治すことが可能です。

まとめ

  • 角膜が歪んでいることで、目に入ってきた光が一点で焦点が合わないことを乱視といいます。
  • 乱視には、正乱視と不正乱視があります。
  • 正乱視は、角膜の歪んでいる方向により直乱視、倒乱視、斜乱視にわけることができます。
  • 加齢などの要因で水晶体が濁ると、水晶体が原因の乱視が生じます。
  • 角膜が原因の乱視と、水晶体が原因の乱視は、互いに関係し合っています。
  • 乱視の症状で多いのは、ものがダブって見える、ぼんやり見える、夜はさらにぶれて見えるなどが多いです。
  • 乱視の矯正は、正乱視はメガネやコンタクトレンズ、不正乱視はコンタクトレンズを用います。
  • 水晶体乱視は、白内障の治療で人工眼内レンズを入れる際にトーリックレンズを選ぶことで乱視の矯正も可能です。

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ