視界のなかによく見えない暗い部分を感じるようになり、どんどん見えない範囲が大きくなっていく、という症状は、とても怖いものだと思います。これは、緑内障という病気による症状です。

緑内障は、日本において失明原因第1位の病気です。眼圧により視神経が傷つくことで、視野が狭まるなどの視野障害が起こります。一度ダメージを受けた視神経が回復することはないため、とにかく早期発見とすばやい対処が必要な病気です。

しかし、緑内障の多くは、特に自覚症状もないままいつの間にか視野が狭まっているという、正常眼圧の状態で発症します。視野障害にがまんできなくなって眼科へ行くと、すでに末期症状、ということもある病気です。
一方で、急激に眼圧が高まる緑内障もあります。激しい痛みや吐き気などを催すので、すぐに病院へ行かれる方も多いのですが、視神経へのダメージも急激に進むため、治療は一刻を争うようになります。

このように、緑内障は視力を奪うたいへん怖い病気ですが、早期発見をして症状が軽いうちに治療を開始すれば、失明のリスクはぐっと下がります。緑内障の原因と治療法について基本的なことをお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

緑内障の種類


人の目は、一定の硬さを保つために、水でパンパンの状態になっています。この、眼内において硬さを保つための水の圧力のことを眼圧と言います。緑内障は、この眼圧に視神経が耐えられなくなって発症する病気です。

閉塞隅角緑内障

通常、眼圧は毛様体という部分から分泌される房水の量によって調節されます。房水は、角膜と水晶体の間の前房という部分に充満し、角膜のシュレム管から排出されていきます。このシュレム管がなんらかの理由で詰まることで眼圧が高まり発症するのが閉塞隅角緑内障です。
隅角(シュレム管がある角膜の隅っこ)が閉塞(狭まって閉じるようにシュレム管を塞いでしまう)する緑内障、という意味ですね。別の病気が原因となって隅角が閉塞してしまう場合は「続発性閉塞隅角緑内障」といい、特に別の病気の影響がなければ「原発性閉塞隅角緑内障」と言います。

開放隅角緑内障

一方で、隅角が特に狭まっていないのに起きる緑内障は、開放隅角緑内障と言います。特に、眼圧が一般的な平均値の範囲におさまっているのに起きる緑内障は「正常眼圧緑内障」と言い、原因がよくわかっていません。
何らかの理由で、正常眼圧でも視神経が傷つきやすくなっていることが予測され、治療はお薬などで眼圧を下げ続ける方法をとります。閉塞隅角緑内障と同じく、別の病気の影響で起きれば「続発性開放隅角緑内障」、影響がなければ「原発性開放隅角緑内障」といいます。

発達緑内障

生まれつき房水が流れる道筋が未発達であることが原因となり、緑内障を発症するものです。乳幼児から診断され、急速に悪化して眼球が拡大してしまう(俗に牛目と言われます)ようになります。
そうなると眼圧のコントロールだけでは視力を守ることができず、早期に手術することが必要になります。

緑内障の統計的調査を行った「多治見スタディ」

緑内障は日本における失明原因第1位の眼病であり、大きな社会問題のひとつと言えます。しかし、かなり最近まで、しっかりした統計的な疫学調査というものは世界的にも行われていませんでした。
そこで、2000年に日本緑内障学会によって、岐阜県多治見市において大規模な調査が行われました。この結果は「多治見スタディ」と呼ばれており、世界的にも大変貴重な調査結果となっています。
この調査でわかったことは、40歳以上の大人の緑内障有病率は5%。つまり、20人に1人の割合で緑内障患者が存在しているということです。しかも、同調査では自分が緑内障であると認識していたのはそのうちのたった1割程度だったということも発表されました。
緑内障は視神経に障害をきたし、次第に視野が狭くなり、放っておけばやがて失明する侮れない病気です。
ただ、自覚症状のないまま発症し、ひっそりと進行することも多く、見えにくさや視力の低下に気づいた時にはすでにかなり進行している状態であることも少なくありません。多治見スタディによって、とても多くの方に、知らぬ間に緑内障が発症しているという現実が明るみになったのです。

治療の仕方は?

眼圧を上昇させる原因がはっきりわかる場合は、その原因を取り除くことから始めます。原因を解除しない限りは、緑内障の症状にだけアプローチしたところで、すぐに再発してしまい、全くの無駄な治療ということになってしまいますから。
原因を取り除いても眼圧が十分に下がらない場合や、そもそも原因がよくわからない場合は、点眼薬を使用して眼圧を下げ続ける方法をとります。

点眼薬は数種類あり、効果が現れなければ数を増やしていきます。それでもどうしても進行を止められない場合は、レーザー照射や手術での治療が必要となります。

失明しないためには地道な努力が必要

緑内障で失明しないためには、点眼薬で眼圧を下げ続ける必要があります。「白内障の治療に画期的な進歩があったのと同じように、緑内障を完全に治すミラクル(な治療)はないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし残念ながら、緑内障の治療には画期的でミラクルな治療法はありません。レーザーや手術も、眼圧が高まる症状の進行を食い止めるのがやっとで、根治できるわけではありません。
症状の重さや、薬の効き具合によって、1種類から4種類の点眼薬を使用し眼圧にアプローチをかけていくという、何とも地道な治療が最善の方法です。そして、この治療は“点眼薬をさし忘れないこと”が何よりも重要なポイントとなります。

0点か、100点満点か?

眼科医は、患者さんの目の状態を診て、その状態に合わせた点眼薬を処方します。ですが、それを有効に使用できるか否かというのは患者さんにかかっていると言っても過言ではありません。
こう申しますのも、眼圧を下げるための点眼薬は、忘れずに指定の回数をささなければならないから、です。これが守られない状態(点眼薬をさしたり、ささなかったりする状態)では、逆に眼圧が安定せず、目にさらなる負担を与えてしまいます。眼圧を下げる治療を始めたら、点眼薬のさし忘れはむしろ逆効果。
つまり、眼圧を下げる点眼薬をさすこと自体に評価をつけるとしたら、0点か100点満点の二択しか選択肢はないということです。

定期的な検査による早期発見がカギとなる


緑内障が疑われる場合の検査は、眼圧を測る眼圧検査、視野欠損が起きているかを調べる視野検査、角膜と虹彩の角度を調べる隅角検査、目の奥部分を診る眼底検査、網膜の断面図を撮るOCTなどを行います。
40歳を過ぎた頃からは、緑内障発症のリスクが上がりますので、緑内障を発症しているいないに関わらず、定期的に検査をしておいた方が安心であると言えます。早期発見による早期の治療開始が、失明のリスクを回避する最大の対策になります。

緑内障は、視神経を傷つける病気です。視神経が傷つけば、それはもう下り坂の電車に乗ってしまったも同然。そして、その終着駅が失明――。それは避けられない事実なのですが、点眼治療というブレーキをかけ続けることで、終着駅までたどり着く時間を稼ぐことができます。

一度傷ついた視神経は、何をしても元通りに治すことはできません。発見の遅れは、失明へのカウントダウンを早めます。
何度も申しますが、手遅れになる前に適切な治療をすることがマストなのです。

まとめ

  • 緑内障発症に他の原因がある場合は、眼圧を下げる治療を始める前に、まずは原因を取り除く治療から始める。原因が見当たらない場合は、眼圧を下げるところから治療を始めていく
  • 眼圧が上がらない正常眼圧緑内障は、発見が遅れがちなので要注意
  • 視神経が傷ついたら失明へのカウントダウン開始の合図!緑内障は早期発見がキモとなる