年齢を重ねるとともに、目にはさまざまな症状が現われます。まぶたにも特徴的な症状が現われます。まぶたが開きにくくなる眼瞼下垂が知られています。

上まぶたの内側には、眼球を守るように瞼板という軟骨があり、そこに挙筋腱膜(きょきんけんまく)という固い膜と、ミュラー筋という筋肉がついていて、さらにミュラー筋の先には眼瞼挙筋という筋肉がつながっています。これらの膜と筋肉が縮むことによって上まぶたが上がるしくみになっています。収縮がうまくいかないと、まぶたの動きが悪くなりますし、さらに皮膚がゆるんで充分に持ち上げられなくなると、眼瞼下垂が起こります。

眼瞼下垂の一番の原因は加齢です(眼瞼下垂の原因)

眼瞼下垂には先天性のものと後天性のものがあり、それぞれで発症の原因が異なります。

先天性の眼瞼下垂の原因は、ほとんどの場合、上眼瞼挙筋の形成不良・発達不良による挙筋機能不全です。乱視、斜視、弱視を合併する症例が多く見られます。生まれたときに眼瞼下垂があって目が全く開かない状態でも、1~2カ月すると次第にまぶたが上がってくることが多いですが、視覚障害の合併を予防するためにも、遅くとも生後6カ月頃から眼科で定期的に診察を受ける必要があります。

後天性の眼瞼下垂の主な原因は加齢です。加齢による眼瞼下垂は、挙筋機能は良好なことが多いのですが、眼瞼挙筋と瞼板や皮膚との間の結合が緩むことで生じます。ほかに、まぶたをこする行為や外傷が原因となって起こる後天性の眼瞼下垂もあります。アトピー性皮膚炎、逆さまつげ、花粉症のある方、化粧おとしをする方などが目をこする行為が、まぶたに影響を与えてしまうのです。また、眼瞼下垂が特定の全身疾患から後天的に引き起こされることもあります。まぶたを上げる筋肉を支配している神経が麻痺する動眼神経麻痺や重症筋無力症のほか、高血圧や糖尿病、破裂寸前の脳動脈瘤、脳梗塞、ある種の肺がんなどです。「たかが眼瞼下垂」と考えていてはいけない場合もあることを知っておいてください。

視野が狭くなり、まぶたが重く不快(眼瞼下垂の症状)

眼瞼下垂が進むと視界が狭くなります。また、まぶたが重く不快な感じがします。

ものを見ようとしたときに、眉毛を上げたり顎を上げたりするようになるため、あまり麗しくない表情になることもしばしばあります。また、顎を上げる姿勢によって、頭痛や肩こりになることもあります。

夕方になると目が開かないなどという症状もあります。目の奥が痛んだり、視野を確保する時に知らず知らずに「噛み締め」をしたりすることによって咀嚼筋(そしゃくきん)が疲れたり、それによって歯が浮いたり歯痛が生じたりすることもあります。挙筋腱膜に問題があるために起こる腱膜性眼瞼下垂症の場合は、一重まぶたが二重まぶたになるとか、二重まぶたの幅が広くなるということも起こります。ほかにも、目の上の陥没や三白眼など、見た目について気になる人にとっては、とても嫌な症状が次々に現れてしまうこともあります。

上眼瞼挙筋の機能を測定(眼瞼下垂の診断)

単に皮膚が緩んでいるだけでは眼瞼下垂とは診断されません。また、片側だけが眼瞼下垂の場合は見た目でわかりますが、両目に眼瞼下垂を起こしている場合は視診だけでは診断が難しいこともあるので、その場合は上眼瞼挙筋の機能を測定します。眉の上を抑えて、額の力を使わずに最も下を見た時と最も上を見た時のまぶたの移動距離が15mm程度であれば正常です。さらに、症状によって神経麻痺などが疑われるケースでは、血液検査や、CT、MRIといった画像検査を行うこともあります。

症状に合わせて手術法を選びます(眼瞼下垂の治療)

眼瞼下垂は、症状に合わせた手術療法で治療を行います。基本的に手術は局所麻酔で行います。

施術にあたっては、眼瞼挙筋の機能の程度はどうか、眼窩内の組織(筋、腱板、隔胞)を利用するかどうか、吊り上げ術のような前頭筋を利用するかどうか、などを考慮します。仰向けに寝た姿勢で行われますが、起きたときの重力も考えて切除する範囲を慎重に決めます。

手術後は通常、1週間程度、まぶたの腫れがありますが、1カ月程度で徐々に回復します。ただし、完全に回復するには数カ月かかると考えてください。

眼瞼挙筋短縮法

一般的に行われるのは、挙筋腱膜を短くする「挙筋短縮法」という手術法です。眼瞼挙筋の筋力に問題がない場合に選択されます。

腱膜をたたむように縫い縮める方法や、切除して短縮する方法があります。短縮多し過ぎて、まぶたが閉じなくなる「兎眼」という合併症を起こす可能性があり、また、眼瞼挙筋に付随しているミュラー筋という筋肉を傷つける可能性があるので、慎重に施術します。

同様の短縮術としては、表面ではなく、結膜側(まぶたの裏側)から切開しておこなう経結膜挙筋短縮法という方法もあります。

上眼瞼切開法

皮膚の弛緩による下垂に対して行います。瞼を切開し、たるんだ皮膚や組織を切除します。美容的に形成外科や美容外科で行われる場合もある手術です。眼瞼挙筋の筋力に問題がない場合に選択されます。

眼瞼挙筋前転法

延びたり緩んだりしてしまった挙筋腱膜を瞼板にしっかり付着させ再固定する手術法です。眼瞼挙筋の筋力に問題がない場合に選択されます。

前頭筋吊り上げ術

眼瞼挙筋の筋力が低下している場合に行われます。額にある前頭筋(眉を上げる筋肉)の力を借りて眼瞼下垂を治す手術です。前頭筋と上まぶたの間に「ひも」を移植して、前頭筋の力を上まぶたへ伝えます。人工の「ひも」(縫合糸)を使う場合と、生体から移植した「ひも」(前腕の腱や太ももの筋膜)を使う場合があります。 

医療施設を選ぶときに注意したいこと

視野障害が起こるような場合は、治療を考えた方がいいですし、眼瞼下垂があると、目や額の筋肉を使って視野を確保しようとするため、交感神経優位になり、それに伴って頭痛や肩こりが起こる場合があります。眼瞼下垂の程度によっても、あるいは個々人によっても、実にとらえ方が異なる病気だと思います。視野障害をそれほど感じなくても、日々鏡に向かう時に、ご自分の表情が気になって仕方がない、という人もいることでしょう。まぶたの脂肪をどうするかによって見た目が変わることは確かです。日々の生活におけるQOL(生活の質)を重要視する時代であり、年を重ねても若々しくいたいと思う方も多い昨今ですから、美容面から治療を考えることもけっして悪いことではありません。

現在、視野障害という機能面での治療の場合には保険診療が適用になりますが、美容面での治療の場合には保険診療は適用になりません。その点もよく考慮して検討しましょう。

現在、眼瞼下垂の治療は、眼科のみならず、形成外科、美容外科、皮膚科などでも行っています。機能回復に関する専門医は眼科医になりますが、もちろん、他科の医師にも眼瞼下垂について詳しく治療の経験が豊富な医師がいます。機能面と美容面の両方を考慮して治療にあたってくれる医師もいると思います。このように、眼瞼下垂は境界領域の病気ですので、医療施設を選ぶときには、よく調べて検討しましょう。

板谷院長のひとことアドバイス

眼瞼下垂は外見にも大きな影響を与える症状です。患者さんが何を重視するかによって治療法が変わります。視野障害の治療は保険が適用されますが、美容面での治療は適用外になるので、機能面と美容面の両方を吟味し検討しましょう。

まとめ

  • 眼瞼下垂の多くの原因は加齢によるものです。
  • 機能面と美容面の双方をよく考慮して治療を受けましょう。
  • 手術は症状に合わせて適応が決まります。

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ