目でものを見ている時に、視界のなかに虫やゴミのようなものが見えることはありませんか。日常的にこのような症状を感じたことのある方は多いと思います。これを飛蚊症といいます。飛蚊症は、後部硝子体剥離が起こったときに現れる症状です。後部硝子体剥離は加齢とともに起こる現象ですので、それ自体は特に心配することはありません。それに伴って起こる飛蚊症も、「生理的飛蚊症」という、心配する必要のない現象です。

しかし、この後部硝子体剥離が起こるときに、病的に網膜が薄いとか硝子体との癒着が強い箇所があるなど、何らかの理由によって硝子体の後ろに接している網膜を引っぱってしまうことがあります。その結果として、網膜が破れたり剥がれたりするのが網膜剥離です。今回は、この網膜剥離についてご説明していきます。

網膜剥離は進行すると失明に至ることもある病気です

網膜剥離は、読んで字のごとく、眼球の裏側の眼底にある網膜が、その下にある脈絡膜や強膜から成る「土台」から剥がれてしまう病気です。目をカメラにたとえると、フィルムにあたるのが網膜です。この網膜が、まるで壁紙が剥がれるように剥がれてしまうのです。

網膜には、ものを見るために必要な視細胞があります。視細胞は、網膜に張り巡らされた血管を通して、脈絡膜から栄養や酸素をもらっています。しかし網膜が剥がれると、この血管が障害され、脈絡膜から視細胞へ栄養や酸素が届かなくなり、視機能が障害されます。さらに、網膜の剥がれが網膜中央部の黄斑まで及ぶと、視機能は大きなダメージを受け、失明してしまう場合もあります。

網膜剥離の発症のピークは2世代に分かれます

網膜剥離は、加齢や外傷、遺伝的素因や強度近視による網膜の萎縮などが原因となって発症します。発症のピークは、20代の若者と50代の中高年でみられます。いずれも網膜に孔ができて起こることが多く、このタイプの網膜剥離を「裂孔原性網膜剥離」と呼びます。網膜にできた孔からは眼球内の水(硝子体液)が網膜の裏側に入り込み、網膜の剥離が進みます。

若者に起こる網膜剥離は、主に強度近視を原因とする裂孔原性網膜剥離です。網膜の周辺部の薄い場所に、網膜の萎縮によって丸い孔ができます(網膜円孔)。近視は眼球が前後に伸びた状態になっているため、増えた容積で網膜が圧迫されてヘビ柄のようになる格子状変性が起こり、そこが破れやすくなるのです。ただし、進行はゆっくりです。格子状変性になるのは全人口の6~8%ほどです。ずっと進行が止まったまま網膜剥離が存在している方もいるのは事実ですが、早めに対処するに越したことはないでしょう。

中高年の方に起こる網膜剥離は、加齢による生理現象である後部硝子体剥離がうまくいかないことによって発症することが多いです。硝子体は水晶体の後ろから網膜までの広い空間を占める透明のゲル状の線維組織です。その最も後ろにある後部硝子体皮質という部分がうまく網膜から剥がれないと、網膜を引っ張ることになり、その結果、網膜の薄くて弱い場所に裂け目ができてしまうのです(網膜裂孔)。特に、ものを見るのに重要な黄斑の中心は周辺の網膜と強く癒着しているため強く引っぱられてしまいがちです。中高年では、このように、後部硝子体剥離の癒着から網膜裂孔が発症し、そこから網膜剥離に進行する場合が多いのです。また、中高年の網膜剥離は若者のタイプとは異なり、進行が速く緊急性が高い点にも特徴があります。網膜にできた孔から硝子体液が網膜の裏側に入ると、網膜は急速に剥がれてしまいます。場合によっては、1日で剥がれてしまうこともあります。

安静にしていたか、目をどれだけ動かしていたか、といった点にもよるのですが、冬は剥離が多いといわれています。寒いため首を動かさずに目だけ動かす機会が多いからです。

アトピーの方は要注意です

アトピーによる網膜剥離は、炎症が強く起こるタイプで増殖のスイッチがいったん入るとすごく手強い増殖性硝子体網膜症になりますので、アトピー性皮膚炎の方は要注意です。

網膜に孔が開くタイプと開かないタイプがあります

孔が開くタイプを裂孔性、孔が開かないタイプを非裂孔性といいます。先述したとおり、ほとんどの場合が裂孔性です。そして、非裂孔性は滲出性と牽引性に分かれます。

網膜の孔が原因の裂孔原性網膜剥離

中高年に多いタイプです。網膜に孔が開いて土台から剥離し、そこから水(硝子体液)が入って剥がれていきます。若い方は進行がゆっくり、中高年の方は進行が早いという点も先述したとおりです。

他の症状が原因の非裂孔性網膜剥離

ぶどう膜炎などでよくみられる滲出性網膜症(しんしゅつせいもうまくしょう)

網膜と脈絡膜の間に浸出液が何らかの原因で入り込んで剥がれていきます。ぶどう膜炎などでよくみられます。眼底の炎症のほかに、腫瘍や腎臓病、妊娠高血圧症候群などでも起こります。

重症の糖尿病網膜症などでみられる牽引性網膜剥離(けんいんせいもうまくはくり)

網膜と硝子体の間に増殖膜ができ、この増殖膜が収縮することで網膜を引っぱることによって剥離が起こります。重症の糖尿病網膜症にみられる、難治性の網膜剥離です。

網膜剥離は飛蚊症や光視症、視野欠損が前兆!?

冒頭でご説明した飛蚊症と同時に、裂孔性の場合、初期症状として光視症があります。光視症は視界の中に閃光が見えることです。放置しておくとその後に、視野欠損が起こり、やがて失明へと向かってしまいます。視野欠損は、中心部に剥離が近づくまではなかなか自覚されません。目は二つあるため、視野欠損はなかなか気づかれにくいのです。その点は緑内障と同じです。いずれにせよ、これら三つの自覚症状が現れたら、早めに眼底検査をしてもらうべきです。

網膜剥離にはがれている箇所がないか眼底検査により診断します

瞳孔を大きくする目薬を点眼して眼底検査を行います。心配して検査を受けても、網膜裂孔や網膜剥離が見みつかることはごくわずかかもしれませんが、検査のメリットはありますし、転ばぬ先の杖として、一度は眼底検査を受けることをお勧めします。

進行度に応じて、レーザー治療あるいは手術を選択します

網膜剥離は緑内障と同様に失明する可能性がある病気ですが、緑内障と違い、症状が現れたら迅速に治療を行うことが大切な病気です。緑内障とは病気の性質が対極で、すぐに治療しないと早い時期に失明に至ってしまうからです。

早期に発見し手術をして、1回で治れば怖い病気ではありません。1回の手術で治らないと、増殖反応が始まり、治りにくくなってしまいます。孔が開いているだけの段階ではレーザー治療で大丈夫です。レーザー治療は網膜剥離へ進行するのを予防する治療といます。ただし、レーザー治療では引っぱる力を抑えられないと判断した場合は手術を行います。
剥離が起きていたら手術です。

若い方には強膜内陥術(強膜バックリング手術)を行います。どの段階で手術ができたかで根治率は変わってきます。中央の黄斑部が剥がれた場合は、5日以内がゴールデンタイムです。これも年齢によって違い、若い方ほど予後はいいのです。剥離が多いと神経細胞が失われやすいですから、そうなる前に手術をするべきなのです。中心部が剥がれると視力は回復しても歪みが出てしまいますので、中心に来るまでに手術を受けたいのです。当院は、神経細胞が失われるのを未然に防ぐために緊急手術で対応しています。

手術は生活制限があり、1週間〜1、2カ月は仕事ができませんが、1回の手術でうまくいけば根治が見込めます。

板谷院長のひとことアドバイス

網膜剥離は失明する可能性のある病気です。すぐに治療をしないと早い時期に失明に至ります。初期症状である飛蚊症・光視症・視野欠損を感じたらすぐに、眼底検査を受けることをおすすめします。

まとめ

  • 網膜剥離は失明する可能性のある病気です。
  • 発症ピークは20代と50代です。
  • 進行度と発症年齢に合わせて適切に治療を選択しましょう。

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ