網膜剥離の基礎知識の記事でもご紹介したように、網膜剥離の発症のピークは、20代と50代の2世代です。いずれも多く発症するのは、裂孔原性網膜剥離というタイプです。裂孔原性網膜剥離とは、網膜に孔が開いてそこから水分が入り込み、網膜が土台から剥がれてしまうという疾患です。

ただし、若い世代と中高年世代では、それぞれ症状に特徴がありますし、実際の治療についても違いがあります。本記事では、網膜剥離の治療法について詳しくご説明いたします。

同じ裂孔原性網膜剥離でも、世代によって違いがあります

網膜剥離の多くを占める裂孔原性網膜剥離は、放置しておくと、土台から離れた網膜に栄養や酸素が行き届かないため、網膜にあってものを見るのに重要な役割を果たしている視細胞が死んでいき、いずれは失明にいたってしまいます。この裂孔原性網膜剥離は、大きく分けて、20代と50代に発症のピークがありますが、同じ病気でも若い世代と中高年の世代とでは、それぞれ異なる特色が見られます。

【網膜に開いた孔から水が入り込み、徐々に剥がれてしまうのが裂孔原性網膜剥離です。】

異なる発症原因。強度近視・外傷と後部硝子体剥離

まず、発症原因が異なります。若年者では強度の近視や外傷によって発症することが多く、ある程度発症しやすい方の目星がつきます。
一方で中高年者では後部硝子体剥離がうまくいかないことで発症する例が多く見られます。

異なる裂孔の形。円形と馬蹄形

裂孔の形は、若年者では円形(円孔)、中高年者では馬蹄形(馬蹄形裂孔)が典型です。若年者では、強度の近視の方の目は通常の目より大きく、そのせいで網膜が引き延ばされて薄くなる部分(格子状変性)ができます。この部分に孔が開く場合、円形に開くことが多いのです。

中高年者は後部硝子体剥離が原因となることが多いのですが、この場合は剥がれていく硝子体に癒着した網膜が引っ張られることで、孔が開いてしまいます。引っ張られる力により、馬の蹄のような形で孔が開くのです。

異なる発症頻度と進行度。そして自覚症状

剥離発症の頻度は、若年者ではやや低く、中高年者は高くなっています。進行度は、若年者では遅く、中高年者では速い傾向にあるのです。

また、剥離した時の症状は、若年者では飛蚊症以外にはほとんど自覚症状がなく、進行した場合に視野欠損や視力低下が起こります。中高年者では、飛蚊症や光子症が生じてから、まもなく視野欠損、視力低下、変視症が急激に現れます。このように若年者と中高年者では同じ裂孔原性網膜剥離でもさまざまな点で相違があり、そのため、行われる治療も異なってきます。
治療について、それぞれ見ていきましょう。

世代間で共通する、レーザー治療で行う網膜剥離の予防

治療法は裂孔の大きさや位置、剥離の進行度、硝子体出血の有無などによって選択します。網膜に円孔や裂孔ができていても、網膜剥離が起きていない場合には、予防的にレーザー治療を行うことによって網膜剥離への進行を防ぐことができます。

レーザーによって孔の周囲を閉鎖

孔が開いていても剥離が起きていない場合は、レーザーによる光凝固術や冷凍凝固術で治療を行います。目の外側から網膜に開いた裂孔の周囲にレーザーを照射して、スポット溶接のように裂孔を閉鎖する方法です。しかし、網膜を引っぱる硝子体の力が強い症例や裂孔が大きい症例では網膜剥離へと進行してしまうこともあります。
その場合、治療は手術の適応を考えます。

若年者には強膜バックリング手術、中高年者には硝子体手術を

若年者には、多くの場合、強膜バックリング術による手術を行います。眼球の最も外側の膜である強膜を内側へへこませることによって網膜と脈絡膜の間にできた隙間をなくす治療法です。

中高年者では硝子体手術を行います。眼内にガスを送り込んで網膜を押さえつけて元の位置に戻す手術です。
 

強膜バックリング手術(強膜内陥術)

強膜バックリング術は、裂孔ができた部位の網膜の外側にある強膜を目の内側へへこませまることで網膜と脈絡膜の間にできた隙間をなくして接着します。強膜を内側へへこませるために、まず強膜にシリコンスポンジやシリコンバンドを糸で縫い付けて裏打ちするようにしてから、剥離部位の周囲を熱凝固あるいは冷凍凝固によって固定します。網膜の裏に溜まった液体が多い場合には、強膜の方から穴をあけて外へ排出します。こうすることで、網膜の下に液体が入り込む力がゆるみます。裂孔の状態に応じて、硝子体内に気体を注入して裂孔部を硝子体側から塞ぐ「硝子体ガス注入術」を行うこともあります。

【強膜を内側へへこませることで、網膜剥離の進行を防ぐ強膜バックリング術。】

硝子体手術

硝子体手術は、硝子体のなかに4か所孔をあけて、還流液注入器具、硝子体カッター、2種類の照明器具を眼内に入れます。まず硝子体カッターで網膜を引っぱっている硝子体をできるだけ切除し、次に網膜の裏の液を抜きながら、硝子体内に気体や還流液を入れて、剥がれた網膜を脈絡膜側へ押しつけます。網膜の孔のまわりをレーザーで光凝固して裂孔を閉じます。

剥離の程度や裂孔の位置を考慮して、引っぱりの原因を除去していくわけですが、孔を引っぱっている硝子体をいかに切除していくかがカギとなります。

硝子体出血が合併している場合や、裂孔が大きい場合、また増殖膜合併による増殖性硝子体網膜症まで進行している場合には、難易度の高い手術になります。

最近の硝子体手術は、器具や創口が極細になり、硝子体カッターも超高速になり、また眼底観察も広角にできるようになったため、日帰りでクオリティの高い手術ができるようになりました。硝子体手術は、熟練した網膜の専門医にかかって受けることをおすすめします。

術後は、手術跡が瘢痕化して固まるまで、およそ1週間ほど、うつむきの姿勢で安静を保つことが必要になります。手術は1回で治ることが重要ですが、通常は、裂孔の位置、剥離の広がり、強度近視の有無、増殖の有無、網膜が剥離したあとどのくらい経過しているかなど、さまざまな要因によって、5%程度は治らない場合があります。その場合は複数回の手術を行う必要があります。

手術に伴う合併症

近年では網膜剥離の手術で合併症が生じることは非常にまれですが、術中合併症と術後合併症について簡単にご説明します。

術中合併症

強膜バックリング術では、網膜の裏側の水を排出させる際に網膜に孔が開いたりすることがありますが、凝固により抑えることができるので、ほぼ問題ありません。硝子体手術でも、施術の際に網膜の弱い部分が破れることがありますが、これに対してもレーザー光凝固で対処できるので問題ありません。
 

術後合併症

強膜バックリング術では、眼球運動障害、増殖硝子体網膜症、術後眼内炎が稀に起こりますが、適切に対処することが可能です。硝子体手術では、増殖硝子体網膜症、術後眼内炎、術後網膜裂孔新生といった合併症が稀に起こりますが、こちらも対処法がありますので、ご安心ください。これら合併症についての対処法は、当院のホームページ、目の病気『網膜剥離』の項目をご覧いただければ、詳しく説明していますので、そちらをご覧下さい。

網膜剥離の手術で大切なことは、できる限り、1度の手術で100%の成功を目指し、合併症を未然に防ぎ、万が一合併症が出た時にはすばやく対処することです。はんがい眼科ではそれを徹底しています。

手術を受けるにあたっては、手術の内容についてはもちろんのこと、合併症についても丁寧な説明を行っています。術前に気になることがあれば、手術経験の豊富な当院の専門医に気軽にご相談ください。

板谷院長のひとことアドバイス

網膜剥離の症状は世代によって異なりますが、進行すると視細胞が死んでしまい、失明に至ります。失明を防ぐこと、そして低下した視力を部分的に回復させることを目的として硝子体手術を行います。そのため、早期発見・早期治療が重要となります。

まとめ

  • 裂孔原性網膜剥離は、世代によって症状、治療法が異なります。
  • 手術のメリットとして、失明防止と低下した視力の回復が期待できます。
  • 網膜の専門家のもとでの早期発見・早期治療が理想です。

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ