「春季カタル」とは、重症化したアレルギー性結膜炎のことです。春などの季節の変わり目に発症しやすく、アトピー性皮膚炎を持つお子さんは特に注意が必要でしょう。春季カタルは、アトピー性皮膚炎を持つ人に発症しやすいとされ、患者さんの約70%はアトピー性皮膚炎を持っています。明確な理由はわかっていませんが、アトピー性皮膚炎の罹患率は、男のお子さんのほうが若干高いというデータがあります。このため、男のお子さんが発生しやすいといわれています。

春季カタルとは

春季カタルは、激しいかゆみを伴うことが特徴です。重度の角膜上皮障害を伴うことがあります。かゆみだけでなく、「点状表層角膜症」や「角膜びらん(ただれ)」、「潰瘍」、「角膜の混濁」、「血管侵入」などの重い角膜障害を合併して視力にも影響します。

角膜障害は、結膜にあるTリンパ球からのサイトカイン(生体への侵襲に対して免疫細胞から分泌されるタンパク質の総称)により、結膜から遊走してきた活性化抗酸球やその顆粒たんぱくが原因と考えられています。スギの花粉が飛び始める春などの季節の変わり目に悪化するため、“春季”という名前がついたと考えられています。スギだけでなく、ブタクサやカモガヤ、ヨモギ、ヒノキなどによることもあり、症状は1年中出ます。

上まぶたの裏側の結膜に巨大なブツブツ(石垣状乳頭増殖)や、角膜のまわりの結膜が堤防のように盛り上がることが特徴です。まぶたの裏が石垣状に腫れるものを眼瞼型、黒目と結膜の周辺が腫れるものを眼球型とも言います。通常、思春期に入ることで自然と治ることもありますが、成人になっても治らない方もおり、視力が低下する可能性もあるため、放置せずに眼科を受診することをおすすめします。

【春季カタル】

激しい目のかゆみや白い糸状の目やに

春季カタルは、目が激しくかゆくなったり痛みを伴ったりするほか、角膜障害により異物感を感じたり、羞明(まぶしさ)で眼を開けられなくなったりします。また、黒目(角膜)と白目(球結膜)の境目がぐるりと腫れることもあります。角膜にびらん(ただれ)や潰瘍ができると、かゆみだけでなく、痛みも伴います。また、潰瘍の治りかけた部分に、白いかさぶた状の角膜プラークが形成され、それが瞳の前にできると光が通るのを邪魔するため、視力が低下します。これらの症状のため、学校で授業が受けられなくなることもあります。

春季カタルの診断法は?

日本眼科学会の『アレルギー性結膜疾患診療ガイドライン』では、春季カタルの確定診断として、「巨大乳頭、輪部増殖、角膜病変(落屑様点状表層角膜炎、シールド潰瘍[楯型潰瘍]、角膜プラーク)、眼痛、眼脂、充血を診断根拠にあげています。前述した「激しい目のかゆみや白い糸状の目やに」の項目で記したような目の異常を感じた場合には、すぐに眼科を受診することをおすすめします。

春季カタルの治療法は?

春季カタルの治療は従来、高濃度ステロイド点眼薬(眼圧上昇の副作用に注意が必要)が使われていましたが、近年では治療の選択肢が増えてきました。

春季カタルの治療は2種類の免疫抑制点眼薬

2010年より、2種類の免疫抑制点眼薬による治療が保険適用となりました。現在は重症度に応じて、抗アレルギー点眼薬、免疫抑制点眼薬、ステロイド点眼薬を併用して治療を行います。治療が奏効して寛解期間が長くなってきたら、徐々に薬を減らし、抗アレルギー点眼薬のみでコントロールします。

抗アレルギー点眼薬、ステロイド点眼薬の投与

春季カタルは、症状が軽い場合にはアレルギー性結膜炎と同様に抗アレルギー点眼薬を投与します。高濃度ステロイド点眼薬は、目がかゆい、目やにが増える、黒目に傷ができて痛いという場合などに、炎症を抑える目的で使われています。症状に応じて、ステロイド瞼結膜下注射や内服、外科的な治療をおこなうこともありますが、ステロイドの副作用により、眼圧が上昇するため注意が必要です。

免疫抑制剤が登場してからは、ステロイド点眼薬を併用し、約1カ月後には角膜、結膜の状態が改善し、ステロイド点眼薬を中止できるようになりました。

【ステロイド瞼結膜下注射】

免疫抑制剤の投与

春季カタルの重症例に対しても、近年は免疫抑制剤の点眼薬が保険適用となり、治療が進歩しています。免疫抑制点眼薬は、2種類のカルシニューリン阻害薬が保険適用になりました。

一つは、0.1%シクロスポリン点眼薬で、防腐剤の入っていない1回使い切りタイプの水性点眼薬です。1回1滴、1日3回点眼します。もう一つは0.1%タクロリムス点眼薬という懸濁点眼薬で1回1滴、1日2回点眼します。0.1%シクロスポリン点眼薬は高濃度ステロイド点眼薬に比べ効果はゆっくり現れますが、ステロイド点眼薬との併用で症状が改善します。0.1%タクロリムス点眼薬は症状が早く改善し、ステロイド薬で効果がみられない重症な例に対しても有効性の高い薬剤です。二つの点眼薬とも全身への影響はほぼありません。

しかし、二つの点眼薬とも、投与中にごくまれに「角膜ヘルペス」などの感染症を発症する場合があります。その場合は、免疫抑制点眼薬の治療を中断して、感染症に対する治療を始めます。

外科手術

先述してきた薬物療法をおこなっても症状が改善しない場合には、石垣状乳頭を切り取る「結膜乳頭切除手術」を行います。
角膜プラークによる視力障害と診断した場合には、「角膜プラーク切除手術」が行うことがあります。しかし、現在は免疫抑制薬が開発されたことで、重症の患者さんでも、手術を回避できるケースも多くなっています。

板谷院長のひとことアドバイス

アレルギー性結膜炎のなかでも特に重症例を春季カタルといいます。とてもつらい症状ですが、現在は効果的なお薬も増え、治療の選択肢が増えてきました。もしなかなか治らないようでしたら、さまざまな治療法を実践しているクリニックを探して、受診してみてください。

まとめ

  • アトピー性皮膚炎を持病に持つ方は春季カタルになりやすいので注意しましょう。
  • 治療は免疫抑制剤の登場により治療の選択肢が広がり、手術を回避できる症例も多くなりました。

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

執筆者プロフィール

医療法人クラルス はんがい眼科 理事長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ