お子さまにこんな症状はないでしょうか?
“テレビの画面に顔をくっつけるようにして見ている”、“目を細めて見ている”、“左右で目の大きさや動きが違う”、“物を見るときに斜めから見たり、アゴを上げて見たりすることがある”、などです。もしこんな症状があったら何らかの目のトラブルを抱えているかもしれません。子どもの目のトラブルは、弱視を引き起こす原因になりますので早期発見が重要です。

子どもの視力の発達は8歳頃に完成します。弱視とは、この視力の発達が妨げられ低視力になることです。弱視の疑いがある場合には視力の発達が見込めるなるべく早い時期に、治療をスタートすることが大切です。弱視を知り防いでいきましょう。

弱視とは

医学的に弱視とは、視力が発達する8歳までに視力の発達が妨げられ低い視力のままになってしまうことをいいます。光がちゃんと網膜に届き、メガネで矯正してちゃんとピントを結び、また網膜に病気が無く正常に見えても1.0以上の正常な視力が出ない状態になります。弱視を防ぐには、早期発見、早期原因解除に尽きます。

なぜ弱視になるのか?

ものを見るとき、その像を映し出す光が、角膜から水晶体、硝子体を通って網膜の中心にピントを結んで、その情報が視神経を通って脳に伝わります。弱視はこの経路のどこかにトラブルがあるときに起こります。

一番多い原因は、視力が発達する8歳頃までに、片目または両目に、適切な“視覚刺激”を受け取ることができなかったこと、つまり“ちゃんと物を見られなかったこと”が挙げられます。たとえば、片方の目がずれて使わなかった、まぶたが垂れ下がり光が目の中に入らなかった、遠視が強すぎて網膜にピントが合わなかったなどです。こうした状況を放置したまま成長すると、視覚刺激が受けられないので視力が発達しません。

弱視には「医学的弱視」と「社会的弱視」の二つの用法がある

弱視は、少し難しい言葉ですが「医学的弱視」と「社会的弱視」に分けられます。
ここで取り扱うのは「医学的弱視」で、視力が発達する時期に適切な視覚刺激を受け取ることができなかったために生じた低視力のことをいいます。適切な治療・訓練ができれば、視力が良くなる可能性があります。 

「社会的弱視」とは、目の病気によって生じた回復困難な視力障害全般を指し、教育的弱視やロービジョンとも呼ばれます。教育現場や行政において、弱視(全盲ではない低視力)の方への対応をどうするか、といったときの弱視はこの社会的弱視を指しています。

ここでは弱視といったときに医学的弱視のことを意味して使用しますが、日常では社会的弱視を意味する使用例も多いので、違いを知っておくことで混乱しなくなります。

弱視の原因と治療方法

弱視は発症の原因によって次の四つに分けられています。

斜視弱視

斜視とは、ものを見ようとしてもどちらかの目が見たい方向に正しく向かない症状をいいます。斜視があるほうの目は視力が出る網膜の中心(中心窩といいます)を用いてものを見ないため、うまく視力が発達できず弱視になります。

(治療)
治療は斜視を治すことが必要です。屈折異常が背景にある場合は、眼鏡による矯正を行います。それ以外の斜視は、ずれが小さければプリズム眼鏡で矯正し、ずれが大きいときは斜視手術を行います。
すでに弱視になっていたら、弱視の目を使用するトレーニングを行います。訓練は、視力が正常に出ているほうの目を隠して、弱視の目を使う「健眼遮閉」が基本となります。8歳までなら「検眼遮閉」で、多くの子の視力が正常レベルまで発達します。  

【アイパッチによる検眼遮閉】

また斜視のタイプによっても治療方法は異なります。
生後1カ月くらいに発症する「乳児内斜視」や、常に外に向いている「外斜視」(恒常性外斜視)では、手術も検討します。

ときどき外側を向く外斜視(間欠性外斜視)は弱視になることはほとんどありませんが、両眼視機能が発達しにくくなりますので、必要に応じて視能訓練、プリズム眼鏡、斜視手術で治療します。また1歳くらいから起こる「内斜視」は、「調節性内斜視」の可能性があります。調節性内斜視とは、ピントを合わせることときに過剰に眼球を内側に寄せることで「寄り目(内斜視)」の状態になることです。ほとんどの場合、遠視が原因です。メガネを作成し、常に装着することで寄り目にならないよう治療をします。眼鏡でも矯正できない場合は手術を検討します。

不同視弱視

「不同視弱視」は、片方の目に強度の近視や遠視、乱視などがあることで、左右の目に極端な裸眼視力差がある場合に起こる弱視です。左右の目に裸眼視力差があると視力が良い方の目ばかりを使うことになり、もう片方の目の視力が発達しないため弱視になります。片方が遠視または正視でもう片方が手元が見える中程度の近視では近くが見えるため弱視にはなりにくいですが、極端に近視が強いと手元も見えないため弱視になります。

(治療)
適切な眼鏡をかけることで、両眼ともしっかりと網膜に焦点が結ばれるようにし、両眼の視力の発達を促します。弱視となっている方の眼の視力を出すために、良い方の眼を遮蔽して弱視の目でものを見るトレーニングを行います(健眼遮蔽)。

屈折異常弱視

両目に強い遠視や乱視があると、網膜にきちんと焦点が合わない状態が続くため、視力が発達せず弱視となります。近視は手元が見えるため弱視になりにくいですが、極端に近視が強いとやはり弱視になります。

(治療)
適切な眼鏡をかけることでしっかりと網膜に焦点が結ばれるようにして、視力の発達を促します。

形態覚遮断(視覚刺激遮断)弱視

乳幼児の時期に、まぶたが垂れ下がったままだったり(眼瞼下垂;がんけんかすい)、先天白内障などの病気があったり、眼帯などで目をふさがれたままだったりすることで、目に飛び込んでくる情報(視覚情報)が長期間遮断されると、視力が発達せず弱視となります。新生児の場合、これらの要因が数日間生じただけで弱視となってしまうので注意が必要です。

【先天白内障とは】

生後早期に水晶体が混濁する病気です。成長とともに白内障が現れ、進行するものもあります(発達白内障といいます)。原因として遺伝や染色体異常、子宮内での風疹やトキソプラズマ、サイトメガロウイルスなどの感染などがあります。先天白内障は、水晶体に濁りがあることでよくものが見えないため、高度の弱視が生じるケースが多くなります。早期に発見して、白内障を治す手術をすることが必要です。

(治療)
瞳の部分が白濁しているような高度の白内障は発見次第早期に白内障手術を行い、眼鏡やコンタクトレンズによる矯正と弱視訓練を行い視力の発達を促します。両眼性は生後12週までに、片眼性は生後6週までに手術を行う必要があります。そのためにも早期発見が重要な病気です。赤ちゃんの目を見つめましょう。 

弱視を早期発見するために気を付けたいこと

弱視の子どもは50人に1人程度にみられ、外見上はなんら問題ないので保護者が見逃しているケースは少なくありません。日常で子どもが行うしぐさに注意を払ったり、3歳児健診の弱視スクリーニング検査で早期発見しましょう!

しぐさでチェック!(ひとつでもあてはまれば眼科へ)

・目を細める
・アゴをあげたり、首を曲げて物を見る
・黒目部分が白く濁って見える
・目の大きさが左右で違う
・近くで見ているもの(テレビや本)を離して見るように促すと嫌がる
・片目を隠すと嫌がる

弱視スクリーニング検査

3歳児健診で弱視の検査は行われています。ただし、3歳児は自覚検査である視力検査がなかなか正確にできず、視力が出ないから弱視と診断するのは早計で、屈折検査や写真検査の結果と合わせて総合的に判断します。弱視の疑いの域を出ないこともあり、しっかり検査できる年齢になるまで経過観察を行うことも重要です。最近は、『スポットビジョンスクリーナー』という機器による弱視スクリーニング検査を行っている小児科・眼科が増えています。簡易な検査なので3歳児のスクリーニングには便利ですが、視力は測れないこと、間違って弱視と判定する(偽陽性)リスクがかなりあるなど、この検査だけで判断するのは危険です。あくまでスクリーニングと考え、最終的には眼科医のすべての検査結果を総合的に捉えた判断が重要なのです。

【スポットビジョンスクリーナー】

板谷院長のひとことアドバイス

弱視は3歳までの視力の発達において、ものを見る機会が奪われることで発症します。早期に発見し、原因を明らかにし、弱視を防いだり、弱視になっている目が視力が出るように見る訓練が必要です。ただし、幼児のことですから常に検査が正確にできるわけではありません。心の余裕をもって気長に診断に迫りましょう。

まとめ

  • 乳幼児期にちゃんと物を見ることをさまたげられると弱視になりやすくなります。
  • 斜視や遠視、近視、乱視などが原因になることもあります。
  • 左右で裸眼視力が大きく異なることも原因になります。
  • できれば3歳頃までに発見し、原因の解除と弱視訓練を開始したいものです。
  • 外見上は普通と変わらないので保護者でも発見できないことは多いため、3歳児健診と就学時健診が大切です。

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ