最近、すぐに涙がこぼれるようになった、涙腺がゆるくなったのかな?と感じる方の中に、病気のせいでそうなっている方がいるかもしれません。その病気とは結膜弛緩症です。受診しても「歳のせいですよ」「疲れ目ですね」と片付けられて、点眼薬を出されるケースも多いのではないかと思われます。しかし、近年、ドライアイとの関連も指摘され、専門家にも注目されている疾患でもあります。

白目にシワが出来て涙があふれる病気

結膜は、いわゆる白目の部分からまぶたの裏側を覆っている透明な膜です。この結膜には適度なゆるみがあります。このゆるみがあるからこそ、私たちは眼球を上下左右へ動かすことができます。結膜のゆるみのおかげで眼球運動がしやすくなっているのです。しかし、この結膜のゆるみが過剰になってしまうと、さまざまな問題が起こります。これが結膜弛緩症です。

結膜が弛緩してカーテンのドレープのようなヒダができ、それが横シワ状に下まぶたに沿って走る形になると、涙の排出口がふさがれてしまいます。こうなると、涙は目の外へ溢れ出てしまい、眼球の表面へ広がっていかず、肝心の黒目(角膜)の部分に行き渡らなくなります。つまり、ドライアイと似た状態になってしまうのです。もともとドライアイを持っている方の場合、結膜弛緩症になると、さらに眼が乾くことになり、ドライアイが悪化することになります。

高齢のコンタクトレンズ装用者に多い?

結膜弛緩症の原因はよくわかっていません。しかし、コンタクトレンズ(特にハードレンズ)装用歴のある高齢者に結膜弛緩症の発生と重症化が高率で見られる、とする報告もあります。コンタクトレンズを装用すると、低酸素症、機械的摩擦、脱水、レンズ素材との不適合などによって慢性的な結膜炎症が誘発され、それが結膜弛緩症を引き起こすのではないか、という内容の報告です。

「すぐ涙が出るようになった」という実感をもつようになった高齢者の方には、「歳のせいで涙もろくなってしまったのだ」とメンタル面の影響を考えてしまう傾向があるようですが、じつは、その「涙もろさ」は、結膜弛緩症のせいで起こっている物理的現象なのかもしれません。

たるんだ結膜でできる「涙のすべり台」

結膜弛緩症では、結膜のシワがせりあがって、「涙のすべり台」とでもいうような形が下まぶたに沿ってできます。そのため、涙はすぐに目の外へこぼれ落ちてしまいます。こうなると、「涙はすぐにあふれ出るのに、眼は乾いたまま」という矛盾した状態になってしまいます。点眼薬を挿しても、すぐに目の外へあふれ出てしまいます。たるみが進行すると、まばたきをしたときに、まぶたと結膜のシワとが強く擦れあうため異物感や痛みを感じたり、充血が起こったりします。また、たるんだヒダはよく動いてしまうので、それが結膜の毛細血管を引っ張ってしまい、結果的に結膜下出血を起こすこともあります。

 

初期では眼精疲労などと混同されることも

下まぶたに沿ってたるんだヒダが存在するので、眼科医が診ればすぐに診断がつきます。ただし、このヒダが目立たないときには、眼精疲労などに間違われ、見逃されることもあります。

点眼薬が効かなければ手術を

点眼薬による薬物治療を行いますが、点眼薬も涙と同様に目の外へ流れ出てしまいやすいため、効果は限定的になります。点眼薬による治療で改善が得られない場合は、手術による治療を行います。

点眼治療

人工の涙「人工涙液」で眼の乾きをうるおす、ヒアルロン酸を含有する点眼薬で涙が目の表面全体に行き渡るようにする、抗炎症剤を含有する点眼薬で眼の炎症を抑える、といった治療を行います。

手術

点眼治療で改善がない場合は、手術を行い、ゆるんだ結膜を切除して涙の流れを改善させます。手術時間は片目で約20分ほどです。点眼麻酔で行います。手術後に痛み、出血、充血などが起こることがありますが、たいてい数日で治まります。また、縫合糸による異物感が現れることがありますが、たいがいは1週間程度で消失します。手術後の傷跡はほとんど残らず、見た目には分からないくらいになります。

板谷院長のひとことアドバイス

結膜弛緩症の場合、下まぶたに沿ってたるんだヒダがあるため眼科医が診ればすぐにわかります。「涙もろくなった…」と感じている方は、念のため一度眼科で受診してみると良いでしょう。

まとめ

  • 高齢の方で「目が乾く」「目が疲れる」「涙が出やすい」といった症状が治らないときには、結膜弛緩症かもしれません。
  • 結膜弛緩症が原因となって眼精疲労やドライアイを発症し、辛い思いをされる方もあります。気になる方はお近くの眼科を受診してください。

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

執筆者プロフィール

医療法人クラルス はんがい眼科 理事長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ