「最近目が悪くなってしまって、まったく困ってしまうよ」
日常会話の中で、普通に使われるこのセリフ。おそらく、多くの人がこのような会話を、身近な誰かとしたことがあるのではないでしょうか。

こんなふうに、“目が悪くなった”と言葉で表す時、それを話している方の目はどのような状態なのでしょう?当然のことですが、多くの場合それは“視力が低下した”という意味で使われているはずです。
しかし、“視力の低下”と一括りにしてみても、それがメガネやコンタクトなどを使わない裸眼視力のことなのか? はたまたレンズでバッチリ矯正した、いわゆる矯正視力が低下しているのか? その違いでもかなり状況は変わってしまいます。
さらには、遠くが見えにくいのか、老眼が進んで手元が見えにくくなってきたのか、見えにくい距離もひと様々です。まぶしく見えるようになったりと、見え方の不快な変化のことを言っていることもあります。
目の状態というのは、それぞれの人が置かれている年齢や身体の状態によって変わってくるものです。そして、目が悪くなったと感じるのは、かならずそれぞれに目の問題が隠れています。

今回は、身近な人をイメージしながら、それぞれの“目が悪くなる”に潜む問題について見ていきましょう。ぜひ参考にしてください。

メガネなしで生活していたAさん(40歳)の場合

生まれてこのかた、ずっと“メガネなし”(裸眼の状態)で何不自由なく生活を送ってきたAさん。
しかし、ここ最近になって「近くのものが見えにくく、なんだか目が悪くなったようだ」と感じていました。思い切って眼科に行って調べてみると、裸眼視力が低下していることがわかりました。

考えられる原因は?

Aさんが感じていた“見にくさ”は、単純に裸眼視力が低下したことが原因でした。近くのものが見えにくいと感じていますので、老視の症状が出ていると言えます。老視は、加齢とともに目のピントを合わせる調節力を失っていくことをいいます。

Aさんは、まだ40歳ですので今後60歳あたりまで老視は強まっていきます。手元を見るときは何らかの矯正が必要になるのですが、問題はこれまでメガネやコンタクトレンズのお世話になったことのないAさんが、メガネをかけることを良しとできるかどうかです。近くを見るときだけコンタクトレンズをはめることはできません。かけはずしのできるメガネが最適なのです。

最近は、遠近両用コンタクトレンズが使えるようになりました。一枚のレンズの中に遠く用のエリアと近く用のエリアがあり、遠くも近くもピントが合います。さらに中間距離(70cm~1m)にもピントの合うものもでてきました。
ただ良い点ばかりではなく、それぞれの見え方は通常のコンタクトレンズよりも劣ります。接客業などメガネをかけることが不利な仕事をされている方にはとても優秀なコンタクトレンズでしょう。一方、医師や設計士など細部まで見える必要がある方はメガネの方が向いています。
もしくは、普通のコンタクトレンズを、右目は遠くが見えるように、左目は近くが見えるように、左右でピントが合う位置をずらして左右で役割分担させる「モノビジョン」という方法もあります。慣れると結構便利ですが、誰もがうまく慣れるわけではありませんし、立体感はかなり損なわれます。

メガネありで生活をしてきたB さん(52歳)の場合

もともと近視が強く、ここ何十年もずっとメガネやコンタクトレンズなしでは暮らせないBさん。
近視は大人になったら進まないだろうと、時々かけるメガネは、ずっと昔につくったもの。手放せないコンタクトレンズは、若い頃の度数でネットで購入してきました。
しかし、「ちょっと目が悪くなってきたようね。何か目の病気になったのかしら?」と、思い始めてからはや数か月。その間ずっと、慣れたメガネやコンタクトレンズを使っているのにも関わらず“目が見えにくい”ことに悩まされています。

考えられる原因は?

いちばん原因として考えられるのは、メガネとコンタクトレンズの矯正度数が合わなくなってきたことです。「大人になると近視は進まない」というのは正確ではなく、実は近視の強い人は、40歳を越えたあたりから再びゆっくりと近視が進むことがあるのです。

原因のひとつは、水晶体の核と呼ばれる真ん中の部分が比較的若い年齢で濁ってしまう核白内障という病気の進行です。核白内障は、視力は落ちにくいのですが、水晶体の光を曲げる力が強まり、網膜の前にフォーカスが移動して近視が強まるのです。

さらには目が奥行き方向にいびつに伸びて、近視が強まることがあります。近視とは、10~15歳の成長期に目が前後の方向に伸びて、網膜というスクリーンが後ろへ行ってしまい、本来ならちょうど網膜に合うはずの光のフォーカスが、網膜の手前で結ばれてしまう状態です。
目の表面から網膜までの距離を眼軸長といいますが、生まれたときは眼軸長は約15〜17ミリ、大人になると平均23〜24ミリまで伸びます。ところが、近視が強い方は40歳を越えてからも、目の後ろの中央部分だけが徐々にへこむように伸びていき、フォーカスが網膜に届かなくなって近視が強まることがあるのです。
このへこみを後部ぶどう腫といいますが、さまざまな眼底の病気が起きる原因になります。

もちろん、ただの老視ということもありますから、いたずらに不安になる必要はありません。しかし短期間にメガネを作り変えるようなことがあったら、一度眼科を受診して医師の診断を受けてみたほうがいいでしょう。

コンタクトレンズ着用のCさん(36歳)の場合

学生の頃からコンタクトレンズを愛用してきたCさん。
よほどのことが無い限り、オフィスでの仕事では常にコンタクトレンズを着用しています。「眼鏡よりもコンタクトレンズの方が好き!」で、就寝前までコンタクトレンズを外さないことも多くあります。
もちろんメガネも持っていますが、コンタクトレンズを外してメガネをかけることはまれです。しかし最近目の調子がすこぶる悪く、見えにくさに悩まされています。

考えられる原因は?

コンタクトレンズを長時間着用することで、ドライアイになっている可能性があります。目が疲れやすくなったり、ショボショボする、ゴロゴロするというような感覚があればドライアイの可能性が濃厚になってきます。
コンタクトレンズは涙の力を利用して目の表面にレンズを浮かべて視力矯正を行っています。でも、涙がコンタクトレンズに吸い取られたり、涙が蒸発しやすくなったりとコンタクトレンズは大切な涙の膜へ悪影響を及ぼしドライアイになりやすいのです。コンタクトレンズ障害の実に90%がドライアイが関係しています。
さらに、オフィスワークで画面や書類を集中して見る時間が長いと、まばたきの回数が激減してさらにドライアイになりやすくなります。ドライアイは本来あるはずの涙の膜が壊れてしまう病気。目が乾きやすくなって、ゴミが入りやすくなったり角膜が傷つきやすくなります。

意識してまばたきを増やしたり、コンタクトレンズ専用の目薬をさしたり、目が乾きにくいコンタクトレンズに変えたりと対策は考えられますが、装用時間を減らすのが最も効果的でしょう。

あるいは、アカントアメーバに感染してアカントアメーバ角膜炎を発症しているということも考えられます。アカントアメーバは水辺や土、砂など様々な場所に存在する微生物で、身近には水道水にも存在します。
ソフトコンタクトレンズ使用者の感染率が高く、装用時間を越えて長期間使用したり、こすり洗いをしていなかったり、不潔な環境が続くことで感染します。初期は自覚症状があまりなく、ゆっくりと進行し、目の充血、強い痛み、視力低下を自覚します。悪化すると角膜の中央が白く濁ったり角膜に孔(あな)が開いたりして重い視力低下が進行して失明に至ることもあります。

アカントアメーバ角膜炎には特効薬がないため、治療に苦労します。コンタクトレンズの適正な使用と毎日のコンタクトレンズケアを行い予防をすることが最善の策です。

白内障手術を受けて目が良くなったはずのDさん(63歳)の場合

数年前に白内障と診断され、白内障手術を受けたDさん。
保険適用内で入れられる単焦点眼内レンズを入れ、視界は格段に良くなりました。それまでもメガネを使用して生活をしていたため、老眼鏡を使用することもそれほど苦ではありません。
しかし、最近になって白内障手術をする前のように視界が見えにくくなっているように感じることがあるのです。気になりつつも、眼科には足が遠のいているので、なんとなくおっくうでまだ眼科に行けていません。
「単焦点眼内レンズではなくて、少し値段を出してでも多焦点眼内レンズにすればこんなことはなかったのかしら?」と日々頭を抱えて過ごしています。

考えられる原因は?

まず誤解の無いように申しておきますと、単焦点眼内レンズでも多焦点眼内レンズでも、レンズの素材自体に優劣があるわけではありません。違いは、ピントが合う場所が一か所か、複数点かということ。あくまでも“性能面のみ”の差です。ですので、今回の症状はレンズの選択と関係はありません。
確かに、以前は時間とともに白くなる眼内レンズがありました。ホワイトニングといいます。しかし、最近は改良されてほとんど起こらなくなっています。
白内障手術後に視界が悪くなると、再発したのではないかと不安になる方もいらっしゃるかと思いますが、眼内レンズに置き換えている以上、同じ白内障が再発することはありえません。ただ、水晶体の細胞が増殖して視界をかすませてしまう後発白内障である可能性はあります。
これは水晶体のなかにある水晶体上皮細胞という細胞が増殖して水晶体の嚢(ふくろ)の内側に広がり濁らせてしまう術後合併症です。術後5年で20%の方に発症するとされています。視力低下がなければ放っておくこともありますが、視力が低下したらレーザーでふくろの真ん中を切開して治します。

ただ、ほかにも年齢的に眼底の病気である黄斑前膜や加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)などが発症している可能性も捨てきれません。
いずれにせよ、早く眼科を受診して原因を明らかにすることが大切です。

小学生のEちゃん(11歳)の場合

学校で一斉に行われる視力検査で、昨年までは両眼とも1.5の視力をキープしていたEちゃん。
しかし、今回の視力検査では両眼とも0.5まで視力が低下してしまっていました。学校に検診に来ていた眼科医からも、「検査の必要あり」に印を付けられ、近々眼科へ行かなければなりません。

考えられる原因は?

一番考えられるのは近視が始まったためでしょう。近視の中には、“一時的な近視”と“本当の近視”があります。“一時的な近視”とは、以前は仮性近視、今は調節緊張症といわれる近視です。
本、漫画、スマホなど手元の作業を長時間行ったために、近くを見るときに働く毛様体筋という調節筋が常に緊張して緩まなくなった状態です。遠くを見るときは毛様体筋が緩めますので、それが緩まなくなってしまうと遠くがぼやけてしまうのです。
手元を見る作業の合間に遠くを見て毛様体筋を緩めてやることで予防できます。治療は、毛様体筋を麻痺させて人工的に緩める効果があるミドリンM点眼液などの調節麻痺剤を用います。ただし、瞳も開いてしまいぼやけてみえますので、就寝前だけの使用にします。

次に、“本当の近視”って何でしょう?
実は、近視は10~15歳の学童期(小学校高学年から中学生の頃)に眼球が何らかの理由で前後に伸びすぎて起きるのです。つまり、眼球が伸びすぎて像のピントが網膜より手前で結んでしまうのです。
通常、身体が成長するのに伴って、眼球は前後に長くなっていきます。ところが、学童期は本を読んだり、宿題をしたり、漫画を読んだりと手元を長時間見る生活が増えることが、目の伸長を促進してしまうことがわかってきました。
また、都会の子は田舎の子より近視になりやすいことがわかっており、スポーツや野遊びなどの野外活動が不足すると近視が進みやすいのです。伸びた眼球は元にはもどりませんので、それ以上近視を進めないように生活上の工夫が必要です。勉強と野外での遊び(またはスポーツ)のバランスが大切ということですね。
最近は、近視の進行を抑制するお薬も開発されています。毛様体筋に弱く作用する低濃度アトロピンを使ったもので、散瞳や調節力低下の副作用をほとんどきたさずに近視進行抑制効果があることがSingapore National Eye Centre(SNEC:シンガポール国立眼科センター)で証明されています。国内でもマイオピン点眼薬として、保険適応外ですが、処方をおこなうクリニックが増えてきています。

ライフステージによって分かれる原因

今回は重い病気を扱わず、日常的な軽症例を中心に紹介しました。“目が悪くなった”と言ったとき、年齢や持病の有無などを含めた身体状態、置かれているライフステージなどによって、考えられる原因は全く違ってきます。
また、視力の低下が裸眼視力か、メガネ視力か、矯正視力かによっても、その意味は異なります。裸眼視力やメガネ視力が低下したのであれば、近視や遠視、乱視などの屈折異常か、老視などのピント調節機能の異常によるものです。メガネやコンタクトレンズで視力を回復できます。
しかし矯正視力が低下したのであれば、眼球のどこかに病気が潜んでいると考えられます。すみやかに眼科を受診して原因を特定してもらい、対処する必要があるでしょう。

まとめ

  • 一口に目が悪くなったと言っても、ライフステージや病歴によって考え得る眼病はさまざまに変わる
  • 悪くなったのが裸眼視力またはメガネ視力なら屈折異常か調節機能障害の可能性
  • 矯正視力の低下は、何かしらの眼病が潜んでいる恐れあり。すぐ眼科受診を。