一定の年齢以上に差し掛かると、ある日ふとご自分の目が濁ってきたと感じたり、鏡を見て何か濁りを意識することもあるでしょう。

目の濁りというのは、何かしらの眼病である場合ももちろんありますが、老化現象によるものが原因であるということも少なくありません。

その目の濁りは眼病か、あるいは老化によるものなのか――?
目の濁りについて、以下にご説明してまいります。

黒目の“瞳”が濁っている場合はとりあえず眼科へ!

目の濁りが眼病によるものか、あるは老化のせいなのか。
その判断基準となるのは「白目が濁っている」のか「黒目が濁っているのか」という点でしょう。

黒目の意味

ここで「黒目」の意味ですが、目の黒く丸い部分全体(角膜や虹彩)を指す場合と、その中央の「瞳」を指す場合があります。

虹彩が青や緑の白人さんの場合は、黒く見えるのは瞳だけです。

そういう意味で、黒目の本当の意味は「瞳」だと思いますが、昔から日本では女性の美しさを黒目がくっきりとしているなどと形容してきましたように日本語としての黒目は角膜全体を指す場合もあるのです。

黒目の画像

黒目がくっきりしている女性

瞳が濁っているなら眼病を疑う

瞳が濁っていれば、基本的には何らかの眼病を疑っていただいて間違いありません。
目の濁りが瞳にあるという方は、すみやかに眼科医に相談してください。

角膜の周辺部の濁りは老化現象の可能性

なぜなら、「老化現象で濁るのは白目または角膜の周辺部のみ」だからです。
加齢とともに白目は色素沈着をきたしやすくなり、特に時計の3時9時のところが色づきやすくなります。
これを「瞼裂斑(けんれつはん)」といいます。

角膜の周辺部も加齢とともに白く濁り、これを「老人環(ろうじんかん)」といいます。
白目は色素沈着も起こしやすいのです。ただし、白目は稀ながら腫瘍やリンパ腫が生じます。

また、目頭側から白目の結膜が角膜表面へ侵入していく翼状片(よくじょうへん)という病気はよく見かけます。
気になったら眼科を受診してください。

瞳はなぜ黒い?

黒目はなぜ黒いのでしょうか?――まず、「瞳」の場合です。

実は、瞳が黒いのは水晶体やその奧の硝子体が透明だからです。
つまり、光が反射しないために瞳は何も映らずに黒く見えるのです。
ものが青く見えたり緑色に見えるのは、青い光や緑色の光が反射して私たちの目に届くからです。

黒い瞳は、水晶体や硝子体の透明性が保たれているから光を反射せず黒いのであり、それはそれらが健康である証しでもあるのです。

目の仕組みについては、こちらのコラムでもご紹介しております。

目の病気はものを見る仕組みと目を守る仕組みのどちらかの不具合で起こります

目の構造

目の構造

言い換えると瞳が濁るというのは、透明な組織のどこかに異常が生じている証拠であり、何かの眼病にかかっている可能性が高いと言えます。
一例として、白内障は症状がかなり進行すると瞳が白く濁ることがあげられます。

瞳以外が濁るのは、角膜が濁るということ

では、黒目が目の黒く丸い部分全体(角膜や虹彩)を指す場合はどうでしょう?

この場合、黒目の色は透明な角膜を通して見た、多くの日本人がもつ虹彩の褐色に由来しますので、それが濁るということは、角膜が濁るということなのです。

角膜の濁り方にはそれぞれ特徴がありますが、もしご自分で鏡を見て気になったり、誰かに指摘された場合には、自覚症状がなくともひとまず眼科を受診しましょう。

角膜が濁る病気について

次に、角膜の濁り方別に、それぞれに考えられる代表的な眼病について説明していきましょう。
角膜は精緻な構造により透明性をつくっていますので、何か問題が起こると、すぐ濁ってしまいます。

角膜が濁る

角膜が濁る病気には、角膜上皮全層が欠損状態になる角膜びらん、角膜にできた傷が細菌感染を起こすことが原因で起こる細菌性角膜炎真菌性角膜炎アカントアメーバ角膜炎ペルペス性角膜炎などの様々な角膜感染症があります。

角膜に傷や欠損があると、クリアなガラスではなく、すりガラスのような状態になるため、黒目の部分が白く濁って見えるのです。

角膜の病気というのは、ただ単に白く濁って見えるだけでなく、強い痛みや視力の低下を引き起こすものですので、必ず眼科での治療が必要になります。

目頭側の黒目が濁る

目頭側の白目から、黒目にかけて三角状に曇ったような濁りが見られるのは先に述べた翼状片(よくじょうへん)でしょう。

翼状片は、白目の表面を覆っている結膜が黒目に侵食します。黒目に差し掛かる白い濁りの他、初期症状としては異物感や充血を、病状が進行すると次第に乱視や視野欠損を引き起こすようになります。原因は紫外線と考えられています。

目頭側に多いのは、紫外線が鼻に反射して白目に当たるためだと考えられているのです。瞳にかぶる前に手術が必要になりますが、手術をしても再発率が高い非常に厄介な眼病です。再発率を下げるための特殊な工夫が必要になります。

黒目と白目の境が水泡状に濁る

黒目と白目の境目に水泡状の白い点が現れるのは角膜フリクテンの可能性が高いと考えられます。

角膜フリクテンは、何らかの細菌に感染した後に現れる遅延型アレルギー反応であると言われていますが、アレルギー検査でもその原因を突き止められないことも多いのが現状です。

ほとんどの場合1週間程度で点状の濁りは消えますが、何度も繰り返すこともあり、放置していると角膜全体が濁り、視力の低下を招く危険性もあります。

黒目の周辺だけが濁る

一方、黒目の周りがリング状に白く濁っているというのであれば、それは眼病ではなく、老人環(ろうじんかん)という老化現象です。

コレステロールなどの脂質が角膜内に蓄積することで、透明な部分が白く濁って見えるのですが、角膜の中心部にまで到達することはないので、これについては何も心配することはありません。

ただし、30代でこれを発症した場合は老人環ではなく若年環(じゃくねんかん)と呼ばれ、高脂血症や心血管異常などの病気のサインである可能性もありますから、すみやかに内科を受診する必要があります。

白目が濁るのは、加齢による老化現象……?

「若い頃は白目に透明感があり、青みがかった綺麗な瞳だった」のに、気がついてみれば白目が黄色く変色している……
なぜ、白目の透明感は損なわれてしまったのでしょうか。

強膜もしくは結膜の異常

白目が濁る原因のひとつは、老化によるものであることが考えられます。

一般的に白目と言われる部分は、目の壁である白い強膜を透明な結膜で覆うように二重の膜で構成されています。

つまり、白目の白い色は強膜の色なのです。
強膜が薄くなる病気(強膜炎など)では、強膜の後ろにある茶色い脈絡膜の色が透けて見えることがあります。
あるいは、本来血管はあるがあまりにも細いので透明に見える結膜が濁っても、白目はくすんできます。

紫外線の影響

また、日々受け続ける紫外線によっても白目が黄色く濁ってしまいます。

専門用語で先に述べた瞼裂斑(けんれつはん)と言われるものです。
これは角膜の左右の部分、時計でいう3時と9時の方向の、角膜の縁に接する結膜(白目の部分)が、厚くもろくなって黄色いシミができるものです。
所謂ひとつの老化現象です。

肌は紫外線によるダメージが蓄積すると肌細胞に活性酸素が過剰発生し、それが「シミ」となって現れますよね。
白目もそれと同じ原理で徐々に透明感を無くしていくのです。
残念ながら……。

瞼裂斑炎

ブルーライトの影響は……?

最近話題のブルーライト。
パソコンやスマートフォン、タブレット端末を長時間使用している方は、それらの機械が出すブルーライトによって、瞳にダメージを蓄積させてしまっている可能性があります。

ブルーライトは、紫外線の次に高いエネルギーがあるとされる光線です。
パソコンやスマートフォン、タブレット端末などの各種ツール類は、もはや現代人には欠かせないものとなっていますが、使い過ぎることによって瞳にダメージを蓄積させてしまう可能性はあります。

ただ、まだブルーライト過多の生活が出現して歴史が浅いため、よく言及される現代社会のストレス問題とともに、白目を濁らす要因のひとつなのかどうかは明らかではありません。

白目が濁る病気の治療方法と、病気でない場合の対処法は?

黄疸でも白目が濁る

飲酒や喫煙によって肝機能が低下することで白目が黄色く濁ってしまうこともあります。

肝機能が低下すると、胆汁色素が肌と白目に現れ、次第に黄色く変色します。
いわゆる、黄疸と言われる症状です。

老化現象による濁りで失明することはない

残念ながら、白目の濁りが老化現象である場合には、これといった対処法がありませんが、それにより見えなくなったりすることはありませんのでご安心ください。

ただ、紫外線が原因のものに関しては、強い日差しの下では紫外線をカットするサングラスをかけるなど工夫を取り入れていくと良いでしょう。

まだ、効果は証明されていませんが、パソコンやスマートフォン、タブレット端末の使用時にはブルーライトをカットするフィルムをつけたり、ブルーライトカット機能がついた眼鏡をかけたりなど、目を老化させないためには、目にストレスを与えないよう日常的な工夫をした方がよいかもしれません。

黒目が濁っても、あるいはそれが白目だとしても、目が濁ってくると「目に何か“悪いもの”があるのではないか」と不安に駆られる方も多いと思います。

老化現象なのか眼病なのか、あるいは内科系の病気なのか――それを知識のない一般の方が自己判断をするのはとても難しいことですので、本稿は参考にとどめ、やはりまずは眼科で相談することをおすすめいたします。

「目の濁り」まとめ

  • 黒目は瞳を指す場合と角膜全体のエリアを指す場合があります
  • 瞳が濁るのは水晶体や目の奧の病気、広い方の黒目が濁るのは角膜の病気
  • 白目の濁りは、老化現象である可能性も高いですが眼病が潜んでいることもあるのでご注意を