人は、他の五感とは比較できないくらいの量の情報を、視覚によって取り入れて生活しています。だからこそ、もし急に目が見えなくなったら、その恐怖と不安たるやたいへんなものだと思います。
原因がまったく頭に浮かばないとさらに不安が高まります。実は、急に見えなくなる原因は、いろいろありますが、脳梗塞の前兆の場合と目の病気の場合に分けられるのです。
今回は、あなたやご家族が急に見えなくなったときに考えていただきたい原因をお伝えします。それにより、まず眼科に行くべきか、脳神経(外)科に行くべきか、あなたが適切な初動を取れように参考にしてください。

脳との関わりについては、こちらのコラムでもご紹介しております

目か脳か?目のチカチカを引き起こす2つの場所と9つの原因

一過性黒内障は脳の危機!?

急に片目が見えなくなり、しばらくすると元に戻るという症状は、「一過性黒内障(いっかせいこくないしょう)」という脳梗塞(のうこうそく)の前兆です。
急に目が見えなくなる目の病気もたくさんありますが、それらとの決定的な違いは、一過性黒内障は24時間以内、多くの場合は数分~数十分で見えるようになる点です。これに対して、目の病気は見えなくなってしまうと、短時間で見えるようにはなりません。

一過性黒内障の症状は、脳がピンチであることを知らせる警報アラートであることを、まずは知っておいていただきたいです。つまり、いつ脳梗塞が発症してもおかしくない状態になっているのです。
もし発症したらすぐに病院で診察を受け、その原因を突き止め取り除く必要があります。

一過性黒内障は、一時的に脳への血流が途絶える一過性脳虚血発作のひとつです。一過性脳虚血発作を起こした人の10-15%が3カ月以内に脳梗塞になり、その半数は2日以内に発症していることが明らかになりました。このことからも即日病院にかかるべきであることがわかります。

一過性黒内障を発症した場合、磁気を使って血管の様子を撮影することができるMRAという技術を使った検査や、超音波を使ったエコー検査を頸部に行います。
または頭部にMRAを行ったり、磁気を使って体内の臓器の様子を撮影できるMRI検査を行うなどして、どこに問題があって症状を引き起こしたのか、その原因をなるべく早く突き止める必要があります。そうしなければ、近いうちに脳梗塞が発症する可能性が非常に高いまま過ごすことになるのです。

「一過性黒内障」では何が起きている?

一過性黒内障とは、内頚動脈から枝分かれして目へ向かう眼動脈に血栓がつまることによって起こる症状です。左右の動脈を同時に塞ぐことはまずないので、片方の視界が奪われる症状となります。
そして、血栓が完全閉塞に至らない場合は、しばらく時間が経過すると24時間以内、多くは数分~数十分で細かく砕けたり、溶けたりして自然に流れ去り血流が再開します。そうすると、視界は何事もなかったかのように元通りになるのが特徴です。

すぐに元に戻るので病院に行かない人もいますが、たまたま完全閉塞に至らない小物の血栓が飛んできただけで、血栓の飛来源がなくなったわけではありません。次はもっと大きな血栓が飛んできて、今度は本当に眼動脈がつまり、眼球全体に十分な量の血液が行きわたらなくなる眼虚血症候群という難病になる可能性があります。
この病気になると、血流を何とか維持しようとして脆い新生血管が次々に生まれ、その血管が破れて出血してしまう網膜症や、それらの血管のせいで急激に眼圧が上昇する血管新生緑内障を併発して、失明の危機に立たされます。
さらに恐ろしいのは、血栓が眼動脈にそれずに、そのまま内頚動脈を流れると一過性脳虚血さらには脳梗塞を引き起こすリスクが高いのです。血栓が眼動脈に入ったのは、たまたまなのです。

血栓の飛来源

血栓ができる場所、つまり血栓の飛来源は、主に2つあります。

1)動脈硬化により頸動脈にできたアテローム
動脈の内膜にコレステロールなどの脂肪やカルシウム、線維性成分などが蓄積したものをアテロームと言います。動脈が枝分かれする部分などにできやすく、頚動脈と眼動脈の分岐部はとくに発生しやすい部位なのです。このアテロームの破片が血栓になります。

2)心臓が原因になるもの
不整脈の一種である心房細動や、何らかの心臓疾患があると血液は心臓に滞留して固まりやすくなります。固まった血液が血栓となって体内をめぐるようになります。

まさに、一過性黒内障は、このような生活習慣病や心疾患を含む身体の異常に対するアラームなのです。原因を明らかにして、元になっている病気を治療することが最良の治療なのです。

では、ここから目の病気に移りましょう。

「網膜中心動脈閉塞症」は急激に視力が下がる

首の動脈から眼球に向かって枝分かれし、網膜に血液を届ける血管を網膜中心動脈と言います。この網膜中心動脈が血栓でふさがってしまうのが、網膜中心動脈閉塞症(もうまくちゅうしんどうみゃくへいそくしょう)です。血栓が原因ですので、一過性黒内障と共通する部分も多く、深刻な病気です。
網膜中心動脈は網膜へ届くたった1本の動脈ですので、これが詰まると網膜の血流はとたんに途絶えてしまいます。網膜は血流がなくなる(虚血といいます)と急激に機能を失い、元に戻らなくなります。その時間は、たったの1~2時間とされています。その短い時間で、失明してしまいます。

治療は、眼球マッサージをしたり、目の水分を抜いて眼圧を下げたり、抗血栓薬を点滴したり手を尽くして血栓解除を試みますが、詰まってから1~2時間以内に受診することはほとんど不可能ですので、効果が無いことがほとんどです。
ただし、詰まったのが網膜中心動脈の枝であった場合(網膜動脈分枝閉塞症)は、網膜の中心部分のダメージは半分以下で、視力が保たれることが多いのです。血栓を解除できれば、より改善する可能性がありますので、諦めずに眼科を受診するようにしてください。

侮れない病気だから、そのリスクを知っておくべき

網膜中心動脈閉塞症は、一時的に視界が奪われる一過性黒内障が前触れになることもあります。ただ、何の前触れもなく急に発症することも多く、たまたま病院で検査を受けていたなど、特殊な状況下にいない限りは、迅速な対応と言っても限界があります。時間的に言えばまさに“一刻の猶予も許されない”病気です。
見えなくなったことは辛いことですが、むしろ目が身体の重大なリスクを教えてくれていると考えて、できるだけ早く頚動脈エコーや心臓検査などを受けていただき脳梗塞から身を守ることが重要なのです。

硝子体出血で急に見えなくなることも-失明のリスクは眼底次第


水晶体と網膜の間にある硝子体の中に出血した血が広がって、視界が閉ざされてしまう状態のことを硝子体出血と言います。実は、出血自体は目に悪影響を及ぼすことはほとんどなく、今後の視力を決めるのは眼底に潜んでいる出血の原因となった網膜の病気次第なのです。

さまざまな網膜の病気が硝子体出血を引き起こします。硝子体出血自体は硝子体手術で完全に取り除いて解決できます。しかしそれだけで問題のすべてが解決したわけではありません。
硝子体出血の原因となる病気を明らかにして治療することが重要なのです。なかには網膜剥離のように急いで手術をすべき眼底の病気も潜んでいるのです。

それでは、硝子体出血を引き起こす犯人となる病気について、頻度の高いものを説明してまいりましょう。

原因①「後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)」「網膜裂孔(もうまくれっこう)」、「網膜剝離(もうまくはくり)」は関連しあう病気

硝子体は水晶体と網膜の間の大きな空間を占める卵白に似た透明なゼリー状のものです。ある年齢までは目の中に充満していますが、徐々にボリュームが減り網膜から離れていきます。この加齢による変化を“後部硝子体剥離”といいますが、病気では無く生理的な変化です。
後部硝子体剥離が起きると離れた硝子体の濁った部分が視界に映るようになりいわゆる“飛蚊症”の症状が出ます。誰でも起こる症状でありますが、近視が強い方ほど若くして起こります。
ところが、この後部硝子体剥離が急に起こると、硝子体が強くくっついている部分の網膜が裂けて硝子体出血を起こすことがあります。この網膜の孔を網膜裂孔といいます。

この場合、出血が引くのを待ったりすると、網膜裂孔は網膜が眼底から剥がれてしまう網膜剥離へと進み、視力を損なうリスクがあるため、早めに硝子体手術を行います。硝子体手術により出血を除去するのですが、網膜裂孔の段階ならば、特定の波長のレーザーで網膜を固めて病状の進行を止めるレーザー光凝固術を施して裂孔を閉鎖します。
また網膜剥離が起きていたら、網膜剥離の手術(網膜復位術)を行います。ただし、硝子体の出血を取り除いて眼底を詳しく調べても、網膜のどこにも孔が開いていないこともあります。
この場合は、出血源は脳とつながる視神経の出入り口の部分である視神経乳頭の血管であることが多いです。出血が多いと眼底が見えませんので、孔が開いているかどうかを手術の前に知ることは難しいことが多いのです。

原因②「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」は網膜の下で出血が起きる

加齢によって黄斑という網膜の中心部分が故障します。すると、網膜の土台である脈絡膜という部分(眼球壁を構成する膜のひとつで、網目状の血管でできています)から脆くて急ごしらえな新しい血管(脈絡新生血管といいます)が生えてきて、すぐに壊れて出血します。
出血が少ないうちは網膜下にとどまっていますが、大量になると硝子体出血になります。残念ながら硝子体出血まで起こす加齢黄斑変性は、脈絡新生血管が大きくて眼底がかなり傷んでしまっていることが多いです。

治療は、硝子体手術で硝子体出血を取り除き、黄斑の下に大量の出血があれば、その出血を取り除きます。加齢黄斑変性で硝子体出血をきたしたときは、網膜下にも大量の出血があることがほとんどで、このためすでに黄斑が傷んでいることもありますが、治療が早ければ良い視力を取る戻せる可能性もありますのでがんばりましょう。
以前は脈絡新生血管を抜去していましたが、土台の大切な細胞も一緒に取れてしまい、術後の視力がでなかったため、今は術中術後に、新生血管が生えるのを防ぐVEGF阻害剤というお薬を目の中に注射して抑えます。必要なのはあきらめずにベストの治療を行うことと、そして症状が出ていない反対側の目を守ることに全力を注ぐことです。

原因③「増殖糖尿病網膜症(ぞうしょくとうにょうびょうもうまくしょう)」は糖尿病が原因で起きる合併症

糖尿病の合併症として起こる目の病気で、網膜の毛細血管に流れる血液が途絶えます。すると血液が来なくなった網膜に栄養を届けようとして、急ごしらえな脆い網膜新生血管が作られ、それが破れて硝子体出血を招きます。
網膜新生血管は出血を起こすだけなら、まだいいのですが、増殖反応のスイッチが入ると網膜表面に血管を含んだ厚い膜(血管増殖膜といいます)が形成されて、網膜を強く引っ張り、網膜が腫れたり、皺になったりと変形し、ついには網膜剝離を引き起こします。
さらに、目の中の水の出口に新生血管が生えて眼圧が上がってしまう最も恐ろしい血管新生緑内障が起きることもあります。重症例は失明のリスクもある難病です。

硝子体出血を起こす前に見つけて、網膜全体に豆まき状にレーザー光凝固術を行い悪化を防ぐことが重要ですので、糖尿のある方は眼底検査を受けましょう。あいにく硝子体出血で見つかったときは、眼底の状況が悪化しないうちに硝子体手術を行い、網膜の端までレーザー光凝固を行い網膜症を沈静化させ、血管新生緑内障も防ぎます。

原因④「網膜静脈閉塞症(もうまくじょうみゃくへいそくしょう)」は高血圧のある中高齢の方に起こりやすい

網膜の静脈が詰まってしまうことで起こる病気です。中心静脈が詰まる場合(網膜中心静脈閉塞症)とその枝が詰まる場合(網膜静脈分枝閉塞症)があります。高血圧のある中高齢の方に起こりやすい病気です。増殖糖尿病網膜症と似ていて、毛細血管に血液が流れなくなり、網膜に新生血管が増えて出血しやすくなります。増殖糖尿病網膜症ほどは増殖反応は起きませんが、網膜中心静脈閉塞症は毛細血管が急に詰まりだして短期間で血管新生緑内障が出ることがあり注意が必要です。

治療は硝子体手術で硝子体出血を取り除き、網膜中心静脈閉塞症の場合はレーザーで網膜光凝固を行います。

原因⑤「網膜細動脈瘤(もうまくさいどうみゃくりゅう)」は網膜の動脈にできた瘤が破れて出血する

網膜の動脈血管の中にコブのような塊ができてしまうことで、そこに圧が加わるようになり、そのうちに破けてしまいます。この出血が硝子体に及ぶと、飛蚊症の症状が現れます。黄斑の近くで発症すると、視力低下を招きます。

出血は恐くない、出血の原因が運命を決める

ざっとみても硝子体出血の原因はさまざまですね。とにかく硝子体手術で出血を取り除いて、出血の原因を突き止めることが大切なのです。出血そのもので網膜が傷んで見えなくなることはありません。手術した後の視力に影響するのは、硝子体出血の原因なのです。

視神経の病気でも急に見えなくなる

他にも、視力が急に落ちて見えなくなってしまう病気はあります。例えば、視神経の病気です。視神経とは網膜が得た視界情報を脳へ伝えるコードのようなものです。網膜の神経線維がすべて視神経の入り口である視神経乳頭に集まってきます。

視神経乳頭付近への血液供給が急に途絶えることを虚血性視神経症といいます。視神経の中で起こる小さな脳卒中と言われます。急な視力低下や視野欠損(上半分や下半分)を自覚します。ほとんどの場合は、高血圧、糖尿病、高脂血症、心疾患、血液疾患などがバックグラウンドにあります。
まれに、50歳以上の高齢者にみられる動脈炎が原因で発症するタイプがあり反対側の眼にも著しい視力低下をきたす可能性があり、早々に大量のステロイド治療を行う必要があります。

また、原因不明でいきなり視神経に炎症が起きる病気は特発性視神経症といいます。比較的急に片眼または両眼が見えなくなります。女性の方がやや多く、20代から50代の方が発症することが多いようです。視力低下を自覚する数日前から目を動かすと痛みを感じることがあります。
視神経乳頭が炎症を起こすタイプと、眼球より奥の視神経が炎症を起こす球後視神経炎タイプがあり、後者は多発性硬化症という脳の病気の一部であることもあって精査が必要です。治療は程度、病態分類などで異なりますが、通常、副腎皮質ステロイドやビタミン薬の点滴が用いられます。

緑内障発作でも急に見えなくなる


急性緑内障発作という有名な病気があります。急に眼圧が上がって視界がぼやけてしまいます。全く見えなくなるわけでは無いので、これまでの病気とは異なりますが、急に起きる点は共通です。激しい目の痛み、頭痛、吐き気を伴います。

目の中の水分の出口は角膜と黒目の隅にある隅角にあります。この隅角が年齢とともに狭くなっていくことを狭隅角、時々くっついてしまうことを閉塞隅角といいます。もともと老眼が出る前はメガネいらずだった近視の無い方に多い加齢変化です。
緑内障の方は使えないお薬なのですが、隅角の狭い方に対して、抗コリン剤という成分が入っているお薬を使用することがあります。これは瞳を広げる作用があるため急性緑内障発作を起こすリスクがあるのです。また、薄暗いところで長時間うつむき加減の作業をすると急性緑内障発作を起こしやすくなります。

治療は、緊急性を要します。まず点眼で瞳を縮め、点滴で眼圧を下げます。そして、根治のためにレーザーで黒目の端に孔を開ける(レーザー虹彩切開術)か、白内障手術を行います。レーザーでは根治にならないケースもあり、最近は白内障手術が増えています。
これははんがい眼科でよく言われているのですが、「水晶体は、濁って白内障、硬くなって老眼、大きくなって閉塞隅角緑内障」になるのです。つまり、大きくなった水晶体の組織を眼内レンズに入れ替えることで、スリムにして眼圧を下げるというわけです。

規則正しい日常生活を意識して、リスクを軽減

急に目が見えなくなるのは、一過性脳虚血にしても、網膜裂孔が原因の硝子体出血にしても、かなり緊急性の高い場合が多いので要注意と言えます。

もうひとつ大事なことは、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病がバックグラウンドにある場合が多いということです。血管をつまらせる血栓は内頚動脈のアテローム性変化が原因の1つでした。つまり、高血圧や高脂血症が関係します。網膜静脈閉塞症は高血圧の方がよく発症します。増殖糖尿病網膜症はもちろん糖尿病の方に起こります。
正しい食生活、規則正しい生活リズム、適度な運動など、普段から生活習慣に気を付けることも、リスクを軽減するためには重要なことだと言えそうです。

板谷院長のひとことアドバイス

急に見えなくなるのは、目または脳の重大な問題が存在することを意味します。早期に診断を行い早期治療が必要です。解決可能な原因が多いので、心配しすぎずにその場で眼科へ足を向けましょう。

まとめ

  • 急に片目が見えなくなり、そしてしばらくすると元に戻るのは、脳梗塞の前兆。速やかに神経内科か脳神経外科を受診しましょう。
  • 硝子体出血は、出血そのものは大事には至らず、その奥に潜んでいる眼底の病気が何であるかが重要です。
  • 背景に生活習慣病がある病気が多く、身体からのアラームと考えて改善に取り組みましょう。

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ