目の病気のなかには、視野が欠けてくる病気が数多くありますが、視野の欠損は、初期にはなかなか気付きにくいケースが少なくありません。なぜなら、片方の目に視野の欠けがあっても、脳がもう一方の目から得られる情報を使って、欠けた部分を補ってものを見てしまうからです。

また両目で視野の欠損が始まっていても、欠損がじわりじわりとゆっくり進行している、あるいは欠損が視野の周辺の一部だけに留まっている、といった場合も、やはり自覚するのが難しくなります。

視野の欠けに気が付かずに放置していると、最悪の場合、失明に至ることもあります。そこが視野に関わる病気のもっとも怖いところです。こうした病気の多くは、早い段階で治療を行うほど、その後の経過も良くなります。病気が進行してしまうと、失明は免れたとしても、「ものが歪んで見える」などの視野の異常が残ってしまう確率が上がります。「早期発見・早期治療」が非常に重要なのです。

視野が欠ける病気にはどのようなものがあり、視野の異常に早く気づくためにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。今回は、これをテーマに執筆したいと思います。

急激に視野が欠ける緊急性の高い病気とは

視野が欠ける病気は、「急激に視野が欠損する、緊急性の高いもの」と、「視野の欠損がゆっくり進む、緊急性の低いもの」とに分けられます。

急激に視野が欠ける病気は、「ある日突然、視力が著しく低下した」「視野の半分が見えなくなった」というように、激しい症状が比較的、急に起こります。そのまま失明に至る例は、近年はそれほど多くはありませんが、処置が遅れるほど治療が難しくなりますし、なかには脳に関わる病気が隠れているケースもあります。できるだけ早い段階で眼科を受診し、正確な診断や治療を受けるようにしてください。

網膜剥離

人間の目をカメラに例えたとき、像を映すフィルムにあたるのが網膜です。網膜は、眼球の内側を覆っている組織ですが、それが何らかの理由で眼球の内壁からはがれてしまうのが網膜剥離です。

多くの場合、初めは網膜の一部が剥がれるのですが、それを放置していると、最終的にはすべての網膜が剥がれてしまい、ものを見る働きが失われて失明に至ります。

網膜剥離で最も多いのが、最初に網膜に孔が開き、そこから水(硝子体液)が網膜の裏側へ流入し、網膜が眼球の内壁から剥がれてしまうケースです。特に中高年の方では、目の中の透明な硝子体が加齢によって縮み、それによって網膜が引っ張られてしまい(後部硝子体剥離)、網膜の弱い部分に孔が開く例が多く見られます。「急に飛蚊症が進んだ」「目にチカチカと光が走る(光視症)」など、後部硝子体剥離の典型症状が現れたときには、すぐに眼科を受診する必要があります。

治療では、レーザーによる光凝固術、硝子体手術、強膜内陥術などの手術によって、網膜に開いた孔をふさぐとともに、網膜を眼球内壁に定着させます。

網膜中心動脈分枝閉塞症

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症とは、高血圧などが原因で、網膜に走っている血管の静脈が詰まって起こる病気です。静脈が詰まると、せき止められた川が決壊するように静脈の血液成分が漏れ出し、網膜出血を起こしたり、黄斑と呼ばれる部位にむくみが生じたりします。

網膜静脈閉塞症には、大きく2種類があります。静脈の根元の部分である中心静脈が詰まる「網膜中心静脈閉塞症」と、静脈が枝分かれをしたその先が詰まる「網膜静脈分枝閉塞症」です。病変の部位や範囲によって症状は異なりますが、急激な視力低下や視野欠損が、発症した日時を特定できるほど突然に起こるのが特徴です。
治療は、硝子体内注射、網膜光凝固、硝子体手術などによって行います。

【網膜静脈閉塞症による眼底出血】

特発性視神経炎

視神経乳頭に炎症が起こる病気です。年代では20~50代、性別では女性にやや多く、急に片目または両目に視力低下が起こります。視野の中心部分が見えない(中心暗点)、あるいは視野の上半分や下半分が徐々に見えなくなる、といった視野障害が起こることも知られています。治療では、ステロイド薬やビタミン薬などを投与します。

この病気の原因はまだ完全に解明されていませんが、視神経炎の約10%は抗アクアポリン4抗体という自己抗体が視神経の毛細血管に障害を起こすために発症することが分かってきました。重い視力障害を起こすため、ステロイド薬の大量投与や血漿交換療法といった特殊な治療が必要になります。

虚血性視神経症

視神経につながる血管が詰まるなどして起こる病気です。高齢者に発症することが多く、ほとんどの場合、高血圧、糖尿病、高脂血症、心疾患、血液疾患などが患者さんの背景に認められます。片目に突然の視力低下や視野欠損が起こります。

全身の血管に炎症が生じる動脈炎性のものと、非動脈炎性のものとがあります。動脈炎性の虚血性視神経症は、頭痛・発熱・倦怠感といった全身症状を伴い、当初は片目だけでも、すぐに他方の目にも発症し、短期間で失明に至ることもあるので、早急にステロイド薬の大量投与により治療を行う必要があります。

その他の視神経症

交通事故で目の周りを強くぶつけたときなどに視神経が傷つくことで発症するのが外傷性視神経症です。またエタンブトールなどの抗結核薬や抗生物質、一部の抗がん薬による中毒性視神経症もあります。ほかに、遺伝性の視神経症や、ビタミンB群などが欠乏して起こる栄養欠乏性の視神経症も知られています。腫瘍などに視神経が圧迫されて起こる圧迫性視神経症では、脳外科的な治療が必要になります。

ゆっくり視野が欠けるので気付きにくい病気

視野の欠ける症状がゆっくりと進む病気には、以下のようなものがあります。
患者さん本人も気付きにくく、症状を自覚したときには視野障害がかなり進んでしまっているケースもあります。

緑内障

ゆっくり視野が欠けていく病気の代表が、緑内障です。緑内障の多くは、視野の周辺部から障害が始まり、年単位で症状が進んでいくため、特に初期にはなかなか気付きにくく、発見が遅れることが少なくないので注意が必要です。

緑内障のリスクとなるのは、高い眼圧のほかに、加齢、白内障、家族歴、強度近視、2型糖尿病などです。こうしたリスク因子をもつ人は、緑内障が発症・進行していないか、定期的に眼科で検査を受けると安心です。治療では、眼圧を下げる点眼薬の投与を行い、それでも十分に眼圧が下がらないときには手術を行います。

網膜色素変性症

網膜に異常が起こる遺伝性の病気です。網膜の視細胞が次第に障害されていき、視力の低下とともに、暗いところでものが見えにくくなる(夜盲)、視野がだんだん狭くなる(視野狭窄;しやきょうさく)、といった症状が起こります。発症の年齢や進行のしかたには個人差が大きく、数年から、長い人では数十年をかけて病気が進行します。根本的な治療法はまだなく、暗順応改善薬やビタミン薬などの投与によって病気の進行を遅らせる治療が中心となります。

黄斑とは、目を正面から見たときの網膜の中心部分にあたり、ものを見るときの中心的な機能を果たしています。黄斑に異常が及ぶと、視力低下や視野障害が起こります。特に視野の中央が見えない(中心暗点)とか、視野の中央が歪んで見えるといった症状が起こるのが特徴です。

黄斑の疾患にはさまざまものがありますが、頻度として多いのは「加齢黄斑変性」です。近年、社会の高齢化とともに急増しており、日本人の失明原因の第4位を占めています。加齢とともに網膜の組織が委縮する「委縮型」と、網膜の下に新生血管が生じ、そこから血液が漏れ出て黄斑にダメージを与える「滲出(しんしゅつ)型」とがあります。委縮型には治療法がありません。滲出型は、新生血管の発生を抑えるための注射や、レーザーによる光凝固術などで治療します。

60代以降の女性に多くみられる黄斑の病気が、「黄斑円孔」です。加齢によって縮んだ硝子体に引っ張られて黄斑に小さな孔が開くもので、視界の歪みと中心暗点が特徴的な症状です。治療では硝子体手術を行って、黄斑上に開いた孔を塞ぎます。

視野の欠けがないか、ときどきセルフチェックをして確認を

緑内障や加齢黄斑変性といった、ゆっくり視野が欠けていく病気を発見するためには、セルフチェックをすることが大切です。「視力が落ちたように感じる」「なんとなく見えづらい」「目がひどく疲れる」といった症状がないか、チェックしましょう。

また、カレンダーのような直線のマス目が描かれたものを少し離れた位置から片目で見て、線が歪んで見えていないか、見えない部分がないか、ときどき確認してみてください。視野の欠けや歪みをチェックする専用シートが、眼科やさまざまなウェブサイトで紹介されていますので、それらを利用するのもよいでしょう。

板谷院長のひとことアドバイス

急速に視野が欠ける病気は、緊急性が高く、脳の病気のサインであったりするので、早めに正確な診断と治療を受けるようにしましょう。一方、徐々に視力が低下したり、欠損が目の周辺の一部だったりすると自覚が遅くなり、病院での処置も遅くなってしまいます。やはり原則は「早期発見・早期治療」です。セルフチェックや眼科の検診を受け、早期発見につなげていきましょう。

まとめ

  • 視野が欠ける病気には、さまざまな種類があります。
  • 網膜剥離や視神経炎、視神経症など、急激に視力低下や視野の欠損が進むものは、緊急性が高いので、急いで眼科を受診して治療を受けましょう。
  • 緑内障や加齢黄斑変性など、ゆっくり視野の欠けが進むものは、初期には気付きにくいのが特徴です。セルフチェックや眼科での検査で早期発見を心がけましょう。

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ