暗いところに入ると、ほとんど何も見えないという症状になったら、怖くてたまらないのではないでしょうか? 通常は明るい場所から暗いところに移動すると、しばらくすると暗さになれて周りが見えるようになります。これを「暗順応」といいます。
しかし、暗い場所や夜では著しく視力が落ち、暗順応の機能が働かず、よく見えなくなる疾患があります。それが「夜盲症(やもうしょう)」です。

先天的なものと後天的なものがありますが、夜盲症とは夜にものが見えにくくなる症状の総称であり、背景には原因となっている疾患が存在します。どういった特徴や症状があり、どのようなことが原因となっているのか。
この記事で詳しくご紹介していきます。

夜盲症の種類

ものを見るための視細胞には、錐体(すいたい)細胞と杆体(かんたい)細胞があります。このうち錐体細胞は、主に視力と色覚を担当していますが、光の感度は鈍く、暗いところではあまり働きません。暗い場所ではものの色がよく分からなくなってしまうのはこのためです。一方の杆体細胞は光に対する感度が高く、暗所での視力を出すほか、視野を広げる役割もあります。

夜盲症は暗いところでの、ものの見え方が著しく悪くなる病気です。これは主に杆体細胞が障害されるために起こる症状です。明るいところでは錐体細胞によって視力が出せるのですが、暗いところで働くはずの杆体細胞が障害されているため、暗所では急激に視力が低下してしまうのです。

右側が夜盲症の見え方。暗部がほとんど真っ暗になってしまいます

夜盲症は大きく先天性と後天性に分けることができ、さらに先天性は進行性と非進行性に分けられています。
先天性かつ進行性の夜盲症を引き起こす原因疾患に、網膜色素変性症がありますが、この病気は緑内障や糖尿病網膜症とともに日本で上位の失明原因となっています。
それでは、夜盲症のそれぞれの種類についてご説明していきます。

先天性の夜盲症

先天性の夜盲症は遺伝的な背景があるケースがほとんどです。その中でも、症状が少しずつ進んでいく「進行性の夜盲症」と、発症しても症状がほとんど進まない「非進行性の夜盲症」に分けられます。

「進行性の夜盲症」は、本人が“暗いところで見えにくいな”と気づいて受診することが多く、学童期から青年期に症状を自覚するケースが多くなっています。しかし成人してからの発症も少なくないので注意が必要です。
「非進行性の夜盲症」は、3〜6歳頃に、子どもが暗いところで見えないことを訴えたり、暗いところでつまずいたり転ぶ様子を見たりして、保護者が気づくケースが多くなっています。

網膜色素変性症(進行性)

眼の中の光を感じる組織である網膜に異常が現れる遺伝性の病気です。日本では10万人に18人程度の患者がいると推定されています。

症状は、暗いところでものが見えにくい、周辺部から視野が狭くなる(視野狭窄)、視力の低下です。症状の進行は非常に遅く、数年、あるいは数十年かけて進行するケースがほとんどです。症状の進行には個人差があるのも特徴です。ただし進行を止めることは難しく、進行が早いタイプでは、40代で社会的失明になる方もいらっしゃいます。

網膜の光を感じる組織のうち、光に対する感度が高い杆体細胞から障害されるため、はじめに夜盲症の症状が表れることが多くなっています。進行するに従い錐体細胞も障害されるため、視野が狭くなったり、視力が低下したりという症状が現れます。
白内障を合併することも多く、白内障の治療を受けることで、白内障が原因となっている視力低下は回復することができます。

網膜色素変性症の眼底写真。網膜の細胞が徐々に萎縮していきます

治療

現在のところ根本的な治療法はなく、症状の進行を遅らせるためにビタミンAや暗順応改善薬、循環改善薬などが用いられることがあります。世界中でこの病気を治そうという研究が盛んで、網膜再生治療や人工網膜、遺伝子治療などが試行されていますが、まだ根本治療への見通しはたっていません。

視力が低下してしまうことは止められませんが、ロービジョンケアでは、残っている視力を最大限に生かすため、まぶしさを和らげる遮光メガネ、活字を見やすくする拡大鏡などが用いられます。

小口病(非進行性)

小口忠太医師により発見されたため、小口病(おぐちびょう)と呼ばれています。症状は、暗いところでものが見えにくい夜盲のみで、視力や視野、色覚などは正常です。夜盲以外の症状はなく、症状は進行しないため、病気に気づかずに生活している方も多いとされています。
眼底を診察すると“金箔の剝げかかったような” と表現される特徴が見られます。

小口病の眼底写真

治療

日本で初めて見つかった病気のため、日本での研究はさかんですが、やはり現在のところ根本的な治療法は見つかっていません。ただ、非進行性のため、夜盲症の症状さえ注意すれば日常生活に多きな支障はありません。

白点状眼底・眼底白点症(非進行性)

幼少期から、暗いところでものが見えにくい症状が現れますが、症状は進行しないことが多く、視力や視野、色覚は正常です。(症状が進むことがあるので慎重に経過観察する必要があります)
眼底には、特徴的な小白点が無数に見られます。網膜色素変性症の一種である白点状網膜症と似ているため、遺伝子検査による鑑別が重要となります。RDH5遺伝子の異常により発症することが分かっています。

白点状眼底の眼底写真

治療

やはり現在のところ根本的な治療法は見つかっていません。非進行性ですが、黄斑変性や黄斑ジストロフィーなど黄斑の病気を合併することがあるため、定期的な眼底検査を続ける必要があります。

後天性の夜盲症

杆体細胞のなかで光の感度を担当しているロドプシンという色素は、ビタミンAがないと作られません。そのため、ビタミンA欠乏症によって夜盲症が発症することがあります。
ビタミンA欠乏症のほかに、網脈絡膜炎、眼球鉄錆症などが原因となって起こるものがあります。また悪性腫瘍が体内にあることで夜盲が起こることがあります。

ビタミンA欠乏症

現代の食生活では、ビタミンAをまったく摂取しないということがほとんどないと考えられます。そのため、ビタミンA欠乏による夜盲症は、消化器系の疾患や術後の合併症として発症することがほとんどです。

治療

ビタミンAを投与します。過剰に摂取しても異常な症状(めまいや頭痛などのビタミンA過剰症)が現れるので、投与量には注意が必要です。

悪性腫瘍随伴性網膜症

体内に腫瘍があると夜盲が起こることがあります。多いのは肺がん(肺小細胞がん)です。自己抗体が網膜の視細胞を傷つけ、その結果、網膜色素上皮が萎縮して夜盲や視力低下が起こると考えられています。夜盲症はいち早く現れる症状のため、がんの早期発見につながる症状としても注意する必要があります。

治療

免疫抑制剤の投与や、血漿交換、免疫グロブリン大量投与などの全身治療で抗体の働きを抑えます。

網脈絡膜炎

目の脈絡膜という部分に炎症が起こる病気です。網膜炎を合併することが多いので、その場合は網脈絡膜炎と呼ばれています。脈絡膜が障がいされることで、夜盲の症状が起こります。炎症が起こる原因には、感染症と免疫反応があります。
細菌性の感染症には、結核や梅毒、ハンセン病、ウイルス性の感染症には、ヘルペスやサイトメガロウイルスがあります。またトキソプラズマなど原虫による感染でも炎症が起こります。
免疫反応による全身疾患では、ベーチェット病や原田病などがあります。

治療

ステロイドの点眼薬により行います。しかし炎症が酷い場合には、内服や点滴によりステロイドを投与します。細菌性の感染症では、抗生剤の投与も行います。

眼球鉄錆症

角膜に鉄粉や鉄片が付着したまま放置すると、鉄が付着した部分にリング状に褐色の錆が生じ、およそ1日で角膜鉄錆症状を発症します。これを治療しないまま放置すると、眼球全体に炎症が広がり眼球鉄錆症になります。
鉄は非常に身近な物質ですが、目にとって非常に毒性が高い物質なのです。網膜に炎症が拡がると夜盲症状が現れることがあります。

治療

鉄錆症は悪化すると失明に至ることもある怖い疾患です。目に鉄粉や鉄片が入った場合は、すぐに症状が現れなくても放置せず、眼科を受診して鉄粉・鉄片を取り除くようにしてください。

板谷院長のひとことアドバイス

先天性の夜盲症は、子どもが夜に動けなくなったりすることで両親が気づくことがあります。初期は医師の診断でも発見が難しい場合がありますので、子どものしぐさをよく見てあげてください。

まとめ

  • 先天的なものと、後天的なものがあります。
  • 先天的な夜盲症には、症状が進行するものと、症状が夜盲のみで症状が進まないものがあります。
  • 先天的な夜盲症は遺伝的な背景があるものがほとんどで、根治の方法がない場合が多いです。
  • 後天的な夜盲症や、ビタミンA欠乏や眼底疾患、悪性腫瘍が体内にあることで起こることが多いです。
  • 夜盲症の症状は、子どもの頃から生じる場合と、大人になってから発症する場合があります。

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ