メガネやコンタクトレンズを装用していると、日中は裸眼で過ごせたらいいなあと思う方は多いのではないでしょうか。
近視の方が日中を裸眼で過ごすことができる、オルソケラトロジーという近視矯正方法をご存じでしょうか?夜寝ている間だけ特殊なデザインの高酸素透過性コンタクトレンズを装着することで、角膜の形状が矯正され、日中を裸眼で過ごすことができる視力の矯正方法です。

実は、30年以上の歴史があり、アメリカやヨーロッパ、アジア諸国などで広く利用され、世界各国で安全性・有効性が認められています。日本では2009年に厚生労働省により認可され徐々に広まっています。
日中は裸眼で過ごせる嬉しいメリットがあるオルソケラトロジーですが、どんな特性があり、どんな方に向いている、向いていないがあるのか、詳しくご紹介していきます。

オルソケラトロジーとは、就寝中に角膜の形状を変化させ視力を矯正する治療法

オルソケラトロジーとは、近視および乱視の方が、睡眠中に高酸素透過性ハードコンタクトレンズを装着することで、角膜の形状を変化させ、視力を矯正する治療のことです。
朝、矯正用コンタクトレンズをはずすと、変化した角膜の形は一定時間ずっと維持され、裸眼視力は改善されます。そのため、メガネやコンタクトレンズを装用することなく快適な日中を過ごすことができるようになります。
オルソケラトロジーの特徴として、就寝中にレンズを装着することを中止すれば、角膜の形状は元に戻りますので、レーザーで角膜を削って近視を矯正するレーシックのように角膜が薄くなったりすることはありません。

また、就寝中に装着するだけなので、レンズを紛失したり、コンタクトと角膜の間に花粉やホコリが入って目がゴロゴロしたりすることもありません。
オルソケラトロジーのリスクは一般のコンタクトレンズの装着と同等で、手術のように目を傷つけることなく視力矯正ができる治療方法なのです。またオルソケラトロジーの継続使用により、子供の近視が進みにくくなるという研究結果が報告されています。
近視の進行予防にも役立つ可能性がありますので、近視が進行する学童期に治療を始めると効果が高くなります。この点についてはのちほど詳しくご説明します。

視力については、こちらのコラムでもご紹介しております

世間の視力低下にはふたつの意味がある?

視力低下だけではない!白内障の意外な初期症状

オルソケラトロジーの特徴

オルソケラトロジーの対象は、基本的に軽度から中等度までの近視の方です。特殊なコンタクトレンズだから取り扱いが難しいのでは?と思われるかもしれませんが、普段、コンタクトレンズの使用に慣れている方なら問題なくご使用いただけます。
取り扱い方法はハードコンタクトレンズとほぼ同じです。

使用後数日から数週間はコンタクトの装着時に異物感があるかもしれませんが、しばらくすると慣れてきます。1週間くらいから視力が出るようになり、2〜3週間で効果が安定するようになります。
就寝中に角膜の形状の矯正をするので、最低でも6時間以上は眠っていただく必要があります。睡眠時間が短い場合、十分な矯正が行えない可能性があります。
個人差はありますが、人によっては2〜3日に1度の使用で効果が得られる場合もあります。

健康保険が適用とならないため、すべて自費診療となります。ただし、メガネやコンタクトレンズによる視力矯正とは違って、医療費控除の対象となっています。もし治療を受けられる方は国税庁のウェブサイトでご確認したほうがいいでしょう。

オルソケラトロジーのデメリット

主な合併症として、夜間、光の周囲にもやがかかったようにみえる現象(ハロ)や、光がぎらついて見える現象(グレア)を感じることがあります。
さらに、一般のコンタクトレンズと同じく、使用の仕方によっては、角膜にキズが付いてしまったり、感染症を起こしたりすることがあります。医師の指導に従って使用することと定期検査を受けることを心がけてください。

オルソケラトロジーに向いている(適用となる)方とそうでない方

向いている方(適用となる方)

  • 軽度~中等度(-1 ~ -4D)までの近視の方
  • 激しいスポーツや水中でのスポーツなどをするためコンタクトレンズの装用が難しい方
  • 日中はメガネやコンタクトレンズのことを気にせず過ごしたい方
  • 向いていない方(適用とならない方)

  • 医師が不適だと診断する目の疾患がある方(強度の近視や乱視を含む)
  • レーシックを受けたことのある方
  • 授乳中で、連続して睡眠のとれない方
  • 常に乾燥した環境にいたり、目が極度のドライアイの方
  • 車の運転などを職業としており、適正な視力が得られない日(とき)に 業務をとりやめることができない方
  • 老視(老眼)が始まる年齢の方
    (オルソケラトロジーを行っても、老視による視力矯正が必要になってしまうため)
  • 医師の指示に従ってレンズの取り扱いを正しく行えない方
  • オルソケラトロジーを始めるなら何歳がいい?

    オルソケラトロジーの適用は、小学生以上となっています。レンズの使用と扱いがきちんとできる年齢であれば大丈夫です。
    (日本コンタクトレンズ学会のガイドラインでは20歳以上ですが、日本国内のみならず海外では主に小学生から高校生までの方が使用しています。現在ガイドライン変更の治験が行われています)
    若い頃から始めるほど角膜が柔軟で効果が出やすいので、小学生以上であれば使用して問題はありません。

    子どもの目のトラブルについては、こちらのコラムでもご紹介しております

    しぐさでわかる! 子どもの目のトラブル

    近視の子どもが行うと、近視の進行を抑制できるケースも

    アメリカでアジア各国の研究では、近視の子どもにオルソケラトロジーを使用することで、近視の進行を抑える効果があることが報告されています。
    近視は8〜15歳頃に近いところのものを見る“近見作業”ばかりをすることで眼軸長が伸び、焦点が網膜の手前で結ばれることで起こります。近くでものを見るほど焦点は網膜の後ろへ行こうとする遠視性圧力がかかり、調節力でカバーしているのですが、目は徐々に網膜の後ろの焦点を追うように伸びるのです。

    ではなぜオルソケラトロジーをすると、近視の進行を抑制することができるのでしょうか?
    通常のコンタクトレンズやメガネでの矯正では、中心部分は網膜の上に焦点が結ばれていても、周辺部では依然として焦点が遠視性にズレており(網膜の後ろに焦点がくる)、眼軸長を伸ばしてしまいます。
    そのためコンタクトレンズやメガネをしていても、眼軸長は伸びつづけて近視が進行してしまいます。

    一方のオルソケラトロジーでの矯正は、この網膜の周辺部分でも遠視性の焦点ズレが起こりにくく、眼軸長が伸びにくいと考えられます。結果として近視の進行を抑制する可能性が高いとされています。
    お子さんの近視の進行を抑えたい場合は、勉強と同時に積極的に外遊びや屋外運動をさせるのと同時に、オルソケラトロジー治療をするのも一つの選択肢であると思います。
    目の構造
    メガネやコンタクトレンズによって中央の黄斑部に焦点を合わせると、周辺部は網膜の後面に焦点が合うようになって遠視の症状になります。目は遠視の状態を正視に近づけようと眼球を大きくしようとし、眼軸長が伸びてさらに近視が進んでしまうと考えられています。

    オルソケラトロジーでは周辺部にも焦点が合うようにレンズを調整して遠視性でフォーカスが改善されて、眼軸の伸びを抑える効果があると考えられています。

    レンズの交換頻度

    通常のハードコンタクトレンズと同じように、2~3年程度での交換することが推奨されます。オルソケラトロジーには近視の進行抑制効果がありますが、万が一度数が進んでしまった場合も、レンズの交換をする必要があります。

    まとめ

    • 就寝中に矯正用レンズを装着することで、日中は裸眼で過ごすことができる
    • 費用は全額自費診療
    • 就寝中に矯正を行うため、最低6時間の睡眠が必要
    • 小学生以上の子どもが治療を受けることができる
    • 若いほど角膜が柔らかいため高い効果を得られる
    • 近視の子どもが使用することで、近視の進行を抑えられる可能性がある
    • レンズは2年程度で交換することが推奨される

    執筆者プロフィール

    はんがい眼科院長 板谷正紀

    京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

    公式サイト

    目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ