視界に虫のようなモヤモヤしたものが見えるようになり、眼科で受診をしたら後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)が起きていると言われ、不安を感じたことがある方がいらっしゃると思います。
後部硝子体剥離は50歳以上から生じることが多くなる、目の中の生理的な加齢変化です。元々は目の中を占め、網膜にくっついている硝子体という組織が、加齢による変化で縮み、網膜からはがれる現象を指します。

視界にモヤモヤしたものが見える飛蚊症やピカッと光が見える光視症は、それ自体はこの後部硝子体剥離による症状であり、大きな問題ではありません。
しかし、硝子体が剥がれる際に網膜をひっぱることで、網膜に孔(あな)ができて起きる網膜剥離をはじめ、さまざまな眼病を招くことがあります。つまり硝子体が網膜をひっぱることで、周りの組織に予期せぬトラブルが生じることが問題なのです。
今回はこの、多くの眼病の原因となる後部硝子体剥離について詳しく見ていきましょう。

硝子体は目の中の大部分を占める透明な組織

硝子体とは、眼球内の大きな空間を占める透明な組織を指します。正確に言うと、コラーゲンでできた線維のなかに、たくさんの水分を含んだヒアルロン酸が充満して透明性を保っている組織です。

加齢による硝子体の変化で起きるのが後部硝子体剥離

加齢につれ、硝子体は網膜から離れ始める

硝子体は目の中に充満していますが、年齢を重ねるにつれて変化が現れます。
変化の一つは、硝子体を形作っているコラーゲン線維が収縮して小さくなっていくことです。またもう一つの変化が、大量の水分を含んだ硝子体のヒアルロン酸が水分を保持できなくなり、硝子体の容積が減り始めることです。
この二つの変化によって、コラーゲン線維の無い空洞(液化腔と呼ばれます)が生まれ、やがて硝子体全体が縮んで網膜から離れる力が強まっていきます。そして硝子体の接着の弱い部分から、硝子体を包む薄い膜(後部硝子体皮質といいます)が網膜から離れ始めることを、後部硝子体剥離と呼びます。

硝子体の癒着の程度には、強弱がある

硝子体と網膜の接着は、場所によって強弱があります。最も接着が強いのが、眼球の赤道部です。かなり接着が強いためきれいに剥がれることはほとんどなく、後部硝子体剥離がここまで進むと網膜を強く引っ張って網膜裂孔を起こしてしまうことがあるのです。これが網膜剥離の原因です。
次に接着が強いのが、視神経乳頭です。特に視神経乳頭の血管との癒着が強く、ここが剥がれることが出血して硝子体出血の原因になります。その次に黄斑(中心窩)です。ここと離れることが中心窩が孔になる黄斑円孔の原因になります。

黄斑円孔については、こちらのコラムでもご紹介しております

黄斑円孔は手術で治るようになりました

ここで注意しておきたいのは、近視の方です。近視の方の眼球は正視の方よりも大きいため、網膜が引き延ばされて、格子状変性という病変部が赤道部付近に生じやすくなります。
格子状変性は硝子体との癒着が強いため、後部硝子体剥離によって破れやすくなっています。後部硝子体剥離が始まったら、近視の方ほどリスクが高く定期的な眼科での診察が必須です。

後部硝子体剥離は必ずしも悪者ではない

後部硝子体剥離は加齢によって起こる目の中の変化であり、生理的現象です。問題を引き起こすこともありますが、多くの場合は眼病を引き起こさず無事に剥がれていきます。
また、一般的にはあまり知られていませんが、後部硝子体剥離が進んでいたほうが体にとってのメリットがある場合もあります。

たとえば、糖尿病網膜症を抱えている人の場合、もろく破れやすい新生血管が発生してしまうことが問題なのですが、硝子体が網膜と接していると、この新生血管が硝子体まで伸びて硝子体に大量出血をしてしまうことがあります。硝子体が眼底から剥がれてしまっていたほうが、問題が起きにくいというわけです。

後部硝子体剥離の症状

もやもや、ゴミ、蚊のようなものが見える飛蚊症

後部硝子体剥離が起きると、離れた後部硝子体皮質の濁った部分が視界に映るようになり、飛蚊症(ひぶんしょう)の症状が出るようになります。
「視界にもやもやとしたゴミのようなものが見える」「蚊のようなものが動いて見える」というのがその主訴です。目を動かすとついてきます。特に、空や白い壁を背景にすると目立つようになります。このような飛蚊症は生理的飛蚊症といい、それ自体はただの症状であって病気ではありません。

ただし、飛蚊症は後部硝子体剥離のサインであるとともに、後部硝子体剥離が網膜裂孔や網膜剥離などの病気を引き起こすこともあるため、その早期発見のためのサインとも言えます。
飛蚊症が、生理的なものか、網膜剥離の前兆なのかを自分で判断することはできませんので、「急に視界の浮遊物が増えた」など、見え方に異変を感じた場合は、早めに眼科を受診して眼底検査を受けましょう。

稲光のような光が見える光視症

後部硝子体剥離が起きるときには、ほかにも独特のサインがあります。その一つが光視症です。
光視症というのは、視界に突然、パッパッという光を感じる症状です。これは、硝子体が剥がれようとして網膜を引っ張る刺激が、光として感じられるから起こるものです。
目がチカチカしたら要チェック!症状が現れる眼病やその他の病気を解説

飛蚊症と同じく、それ自体は生理的な症状に過ぎませんが、網膜に孔が開く可能性がありますので、眼科で眼底を定期的に診てもらいましょう。

後部硝子体剥離が引き起こす代表的な4つの病気

後部硝子体剥離そのものは病気ではなく、起きてしまえば、むしろ目にとってのメリットなのです。
たとえば、糖尿病黄斑浮腫や網膜静脈閉塞症の黄斑浮腫などは、後部硝子体剥離が起こっていない目では悪化しやすくなるため、剥がれてしまったほうが目にとってはありがたいのです。

ただし、後部硝子体剥離が起きるときに、網膜や網膜の血管が強い力で引っ張られて破れてしまい、網膜裂孔、網膜剥離、黄斑円孔、硝子体出血などを引き起こすのです。
ほとんどは、後部硝子体剥離が起きると同時に引き起こされますが、黄斑前膜だけは後部硝子体剥離が起きたあと、時間が経ってから起きます。いずれも手術で治ります。緊急性は病気により異なります。

黄斑円孔

硝子体は黄斑の中心である中心窩に強く張り付いているため、黄斑から剥がれる際に最後まで中心窩と離れずに中心窩を引っ張り、破ってしまうことがあります。これを黄斑円孔といいます。
黄斑円孔になると、見つめたところが欠けて見えない中心暗点とその周囲が歪んで見える変視症(歪視)の症状が現れます。もしこのような症状が現れたら、硝子体手術を行って孔を塞ぎます。早めに治療ができれば、視力はかなり回復できます。

網膜裂孔・網膜剥離

硝子体が網膜から剥がれる際に、一番離れにくいのが黄斑の隣にある視神経乳頭です。視神経乳頭との癒着が急にはずれると、勢い余って網膜の赤道部まで離れていって、その部位の薄く癒着の強い網膜を強く引っ張って破ってしまうことがあります。これが網膜裂孔です。
特に、格子状変性と呼ばれる帯状の変性があると避けやすいのです。網膜裂孔で発見できれば、レーザー光凝固術で裂孔の周りを固めて網膜剥離を予防できます。

しかし、発見が遅いと開いている孔から網膜の裏側へ眼内の水が入り込み、網膜が眼底から剥がれていく網膜剥離が起きてしまいます。
裂孔が原因で網膜剝離が起きるため、裂孔原生網膜剝離といいます。こうなると手術でしか治りません。網膜剥離は放置すると失明します。
手術が遅れると網膜剥離が治っても視力の回復は不良になります。このため緊急手術が必要なのです。

黄斑前膜

硝子体が網膜から剥がれる際に、黄斑に一部の組織(硝子体皮質)を残していき、それがろうそくの芯のようになって、網膜から細胞が集まり黄斑を覆う厚い膜を作ってしまう病気が、黄斑前膜です。黄斑上膜ともいいます。一番多い眼底疾患です。
後部硝子体剥離が起きるときではなく、起きてから、しばらく時間が経過したあとに起きる病気です。失明に至るような病気ではありませんが、ものが歪んで見える変視症(歪視)、ものが大きく見える大視症、視力低下など不快な症状を特徴とします。
治療は、硝子体手術で膜を剥がし取ります。下図のように本来きれいなくぼみ(中心窩陥凹)を失い黄斑がぶ厚くなってしまうと、硝子体手術で膜を取り除いても、元の厚みにまではもどらず、くぼみも戻りにくいため、視力は改善しますが、変視症や大視症は治りにくいのです。
黄斑が分厚くなりすぎない早めの手術が望ましいと考えます。

黄斑前膜のOCT画像

正常な黄斑はスムーズなくぼみ(中心窩陥凹)がある

硝子体出血

硝子体が網膜の血管、特に癒着の強い視神経乳頭の血管を引っ張って起こす眼球内の出血を硝子体出血といいます。先述した網膜裂孔ができるときに、その部位の血管が破れて硝子体出血を起こすこともあります。
放置すると網膜剥離に進むため、早めに硝子体手術で出血を取り除き、網膜裂孔がないかどうか確認する必要があります。

出血の原因は、他にも増殖糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症など眼底疾患の場合も多く、硝子体手術で出血を取り除き原因となっている眼底の病気を治療することが重要になります。
最初は墨を垂らしたように見えますが、大量の出血があると視界がさえぎられて急に見えなくなります。すぐ眼科へ行って診断を受けましょう。

まとめ

  • 網膜にくっついている硝子体が年齢とともにはがれることを、後部硝子体剥離と呼びます
  • 硝子体が剥がれる際に、飛蚊症や光視症などの症状が現れることがあります
  • 後部硝子体剥離は生理的現象で多くは問題を起こしませんが、一部網膜剥離などの重い病気につながることがあります
  • 眼病が併発しているかどうかを早期に自覚することは難しいため、飛蚊症などの症状が現れたら、早めに眼科で受診しましょう

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ