白内障手術で用いられる多焦点眼内レンズの大半は、海外で開発された製品です。日本国内で安全性等をあらためて検証し、承認をするには時間もコストもかかることから、国内で承認を得ている製品は、まだ一部に留まっています。

日本で承認された多焦点眼内レンズは、厚生労働省の定める「先進医療」に認定されています。そのため、白内障手術費のうち、検査などの保険診療と同じ部分には健康保険が適用になり、手術費の一部が軽減されます。また個人で加入する医療保険に先進医療の保障がついている方は、白内障手術で先進医療認定の多焦点眼内レンズを使った場合、保険金給付を受けられます。

つまり、完全に自由診療の未承認眼内レンズに比べ、費用を抑えながら「遠くも近くも見える」多焦点の良さを享受できるのが、先進医療認定の眼内レンズです。実際に国内で多く使われているのは、この先進医療認定のタイプです。

そこで今回は、日本で最初に先進医療に認定された多焦点眼内レンズであり、国内でもっとも普及している多焦点眼内レンズの一つでもある「レストア」という製品について、解説していきます。

日本で初めて国内承認された
眼内レンズ「レストア」

レストアは、アメリカのAlcon社が開発した多焦点眼内レンズです。材質はアクリル製、網膜を保護する黄色い着色レンズで、遠方と近方の2焦点に設計されています。丸いレンズ部分と2 本の支持部が同じ素材でできている、シングルピースと呼ばれる眼内レンズです。

レストア(Alconより)

遠方、近方がバランスよく見えて便利

レンズ中央部分の回折構造により、遠方と近方の焦点を作っています。また周辺部が遠用の屈折構造となっており、遠方と近方がバランスよく見える多焦点眼内レンズです。離れた位置にあるテレビも手元の新聞やスマホもメガネを使わずによく見えるなど、生活するうえで便利な2焦点となっています。手元のピントの合う距離は30cm、40cm、50cmの3種類があり、ライフスタイルに合わせて選択ができます。

一時期、乱視矯正機能のあるトーリックタイプが販売中止になっていた時期がありましたが、現在は再び使用できるようになっており、角膜乱視の強い方でも適用が可能です。

単焦点眼内レンズでは、遠くか近くといった一つの距離にしか焦点を合わせることができませんが、レストアのような多焦点眼内レンズであれば遠くも近くも焦点が合うため、メガネが必要なくなるようになります。

先進医療認定の眼内レンズで、費用負担が減少

レストアは、厚生労働省の定める先進医療に認定された眼内レンズです。検査や薬代など一部に健康保険が適用になるため、全額自由診療の眼内レンズに比べて、手術費が合計で5 万円前後少なく済みます。

また個人で先進医療の保障付きの医療保険に入っている方は、その保険で規定された保険金請求ができます。

ハロー・グレアやコントラストの
低下を感じる方も

中間距離の見え方がやや弱い

レストアは遠方、近方に焦点を作っている2 焦点眼内レンズのため、その中間距離(60cm~1m)の見え方が弱いという特徴があります。最近は改良によって中間距離の見え方も改善してきているといわれますが、3焦点眼内レンズや焦点の合う距離を広げたEDOFタイプに比べると、中間視力がやや劣ります。

デスクトップのパソコンを見る、台所で調理台の上の食品を見る、といったときの距離が中間距離になるので、仕事等でこうした距離のものをクリアに見たいという方は、別の眼内レンズを選択したほうがいいケースもあります。

ハロー・グレアやコントラスト低下が多少ある

2つの焦点を作るためにレンズ表面に小さな溝があり、これが光を乱反射するため、強い日差しや夜間のライトを見たときなどに、ハロー(光のにじみ)やグレア(光が伸びてギラギラする)が生じやすいといわれます。

また、目に入る光を遠方と近方に分けているため、コントラスト感度が低下し、立体感や色の濃淡がわかりづらくなると感じる方もいます。特に薄暗い所で近方視力が悪くなるケースがあります。

「レストア」の特徴一覧

名称 レストア(ReSTOR)
メーカー(生産国) Alcon(アメリカ)
焦点数と光学部デザイン 2焦点回折型
ピントの合う距離 遠方、近方
メガネなしでの得意、不得意 遠くも近くもメガネなしでよく見えます。特に読書や新聞を読むなど近方視を得意とする眼内レンズです。乱視矯正機能もあります。焦点のない中間距離の見え方はやや弱い傾向があります。またハロー・グレアが生じやすく、夜間に運転をする方は注意が必要です。
ハロー・グレア あり
薄暮視(薄暗い場所での視力) 良い
乱視矯正 あり
先進医療 あり

費用を抑えつつ、メガネなしで
遠くも近くも見たいという方に最適

レストアの特徴は、先進医療に認定された2焦点眼内レンズだという点です。特に先進医療保障のある医療保険に加入している方は、費用をかなり抑えつつ、多焦点眼内レンズを使用できます。

また遠方、近方の2焦点で、特に近方視を得意とするので、本や新聞を読むとき、あるいは家事や裁縫をするときなどに「メガネなしでよく見える」ということで、満足されている患者さんも非常に多くなっています。外出時でいえば、遠くの案内板の文字を見て、手元の時計やスマホを見るなど、異なる距離を交互に見るようなときにも快適な視力を実感できると思います。

一方、中間距離が弱いので、スポーツで動くボールを目で追うようなシーンは、あまり得意とはいえません。
またハロー・グレアが生じやすいため、運送業の方や夜間によく運転をする方は、避けたほうが無難だと思います。職業上、色の濃淡などを正確にみたいという場合も、別の多焦点眼内レンズも検討されることをおすすめします。

板谷院長のひとことアドバイス

先進医療に認定された眼内レンズですので、費用も抑えつつ治療を行えます。
遠方も近くもメガネなしで見たい方に最適です。

まとめ

  • 「レストア」は日本国内で承認され、先進医療に認定されている2焦点眼内レンズです。
  • 手術費用を抑えながら、「遠くも近くもメガネなしで見える」を実現できます。
  • ハロー・グレアがやや出やすく、夜間の運転には向かない。コントラスト感度の低下を感じる方もいます。

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

執筆者プロフィール

医療法人クラルス はんがい眼科 理事長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ