日本で、最初に先進医療の認定を受けた多焦点眼内レンズは、アメリカの2 社の製品でした。一つは、アルコン社のレストアであり、もう一つが、AMO社(承認当時はアボット社)の「テクニスマルチフォーカル(以下、テクニスマルチと表記)」です。

これらの眼内レンズが日本で承認を受けて販売されたのが、2007年のことですから、この2つは10年余りにわたって、国内でもっとも多く使用されてきた実績をもつ多焦点眼内レンズです。

テクニスマルチは承認された当初は、レンズ部分と足と呼ばれる支持部が別々の素材からできている(スリーピース)設計でしたが、その後、さまざまな改良が加えられ、現在はレンズと支持部が同一素材のタイプ(ワンピース)になりました。また改良によって視機能の向上はもちろん、患者さんにとっての使い勝手も進化してきています。
多焦点眼内レンズのなかでは“古株”になりますが、現在の患者さんのニーズにも十分に応える製品となっています。

今回は、白内障治療において、日本でもっとも普及している多焦点眼内レンズの一つである、このテクニスマルチの特徴について紹介したいと思います。

近くの距離を3 種類から選べる2焦点眼内レンズ「テクニスマルチ」

テクニスマルチは、アメリカのAMO社が販売する多焦点眼内レンズです。材質はアクリル。色はほぼ透明に近く見えますが、紫外線カット機能をもつごく薄い着色レンズです。焦点は、遠方と近方の2焦点。2本の支持部(足)でレンズを固定するタイプですが、長期の安定性が高いことも確かめられています。

tecnicsmultifocus

テクニスマルチ(AMOより)

瞳孔径によらず、遠くと近くがよく見える

テクニスマルチは、レンズ後面全体が回折構造となっており、目に入る光の焦点を遠方(40%)と近方(40%)に振り分けています。そのため瞳孔の大きさに関係なく、明るいところでも暗いところでも同様の見え方が期待できます。特に薄暗いところでも、近くがよく見えるという特徴があります。

また、近方の焦点が合う位置は33cm、42cm、50cmの3種類から選ぶことができます。
33cmは読書や縫い物などをする、42cmはパソコンを見る、50cmは買い物で陳列された商品を見る、といったシーンでよく使われる距離です。患者さんのライフスタイルやどこの見え方を重視するかという希望により、最適な距離を選ぶことができます。

なお片目を33cm、もう一方を50cmにして、ごく近い手元から中間距離までの視力をカバーするような使い方もできます。

先進医療認定で、費用負担が少ない

テクニスマルチは、先進医療に認定された多焦点眼内レンズです。眼内レンズ代を含む手術費用の多くは自費になりますが、検査など治療の一部に健康保険が適用になるため、その分だけ手術費用は抑えられます。

また先進医療保障付きの医療保険に入っている方は、条件が合えば、手術費用の保険金請求ができます。

人によってハロー・グレアを強く感じる人も

ハロー・グレアが出やすい

テクニスマルチの注意点は、多焦点眼内レンズの弱点でもあるハロー・グレア(光のにじみ、光が伸びてまぶしく感じる)が出やすいことです。回折構造の眼内レンズはレンズ表面に同心円状の溝が作られていますが、この溝がやや深く、そこに光が乱反射することでハローやグレアが生じます。特に、夜間は瞳孔が開きますが、この回折型では遠方の光も近方の光も同量を取り入れてしまうため、この感じ方は人によってかなり異なり、気にならないという方も少なくありませんが、夜間の運転をする方の場合は注意が必要です。

また、明るい場所でコントラスト感度の低下(色彩の濃淡のくっきり感が少ない)や、視野全体にもやがかかったように見える(ワキシービジョン)を感じる方もいるようです。

種類により、視力の落ち込む距離がある

テクニスマルチは、遠方と近方の2焦点なので、ごく近い近方と遠方に焦点を作った場合、50cm~1mほどの中間距離はややぼんやりした見え方になります。近方の焦点を50cmにした場合では、ごく近い手元を見るときは老眼鏡が必要になることもあります。

テクニスマルチは、近くの焦点距離を「33㎝」「42㎝」「50㎝」から選べます。
図は、右側へ行くほど焦点距離が近いことを表します。
一番遠い「50㎝」を選べば中間から遠くの焦点の落ち込みはほぼなくなりますが、近くの見え方が落ちます。逆に「33㎝」を選べば、中間から遠くの焦点の落ち込みは強いものの、近くでも焦点が合い、メガネの必要がない見え方を実現できるようになります。(AMOより)

乱視矯正レンズがない

AMO社のテクニスシリーズの単焦点眼内レンズには、乱視矯正機能をもつトーリックタイプがありますが、2焦点のテクニスマルチでは、現在のところ乱視矯正用のレンズはありません。白内障のほかに強い乱視がある方では、適用できないことがあります。

「テクニスマルチ」の特徴一覧

名称 テクニスマルチフォーカル(Tecnis Multifocal)
メーカー(生産国) AMO社(アメリカ)
焦点数と光学部デザイン 2焦点回折型
ピントの合う距離 遠方、近方
メガネなしでの得意、不得意 遠方も近方も、焦点が合う位置はメガネなしでとてもよい視力が得られます。近方の焦点の位置によっては、中間距離や手元の視力が劣ることもあります。
ハロー・グレアが発生しやすいため、夜間の運転をする方は注意が必要です。
ハロー・グレア あり
薄暮視(薄暗い場所での視力) 良い
乱視矯正 なし
先進医療 あり

「近見重視」のライフスタイルの方の白内障治療には、よい選択肢

テクニスマルチは、「読書や新聞をメガネなしで読みたい」「料理で手元をはっきり見たい」など、比較的「近見重視」の生活をしている方が、白内障治療の目的で選ぶのに向いた眼内レンズです。

先にも書いたように、近くの焦点位置が33cm、42cm、50cmの3種類あるので、見たい距離、生活でもっともよく使う距離に合わせて選ぶようにするといいでしょう。白内障が進んだ方がこの眼内レンズを入れると、遠くも近くもよく見えるとたいへん喜んでおられます。

一方、夜間に運転を頻繁をする方は避けたほうが安心かもしれません。また中間距離も含めて、すべての距離をクリアにみたい方、スポーツのボールなど動くものを目で追うといった動的な目の使い方をする方には、やや不満が残る可能性があります。

板谷院長のひとことアドバイス

3種類から選ぶことができるため、患者さんのライフスタイルによって、最適な距離を選ぶことができます。片目を33cm、もう一方を50cmといった方法で、異なる距離の視力をカバーするような使い方もできます。

まとめ

  • 「テクニスマルチ」は、日本でもっとも多く使用されている2焦点眼内レンズの一つです。
  • 近くの焦点の距離は3種類あり、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。
  • 人により、ハロー・グレアや、コントラスト感度の低下を感じることもあります。

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ