最新の眼内レンズのなかでも、注目を集めているのがEDOF(イードフ)レンズです。従来の多焦点眼内レンズの多くは、回折現象を利用することにより、遠くと近く、遠くと中間などに光を分配し、複数の焦点を作っていました。こうした多焦点眼内レンズは、焦点の合う距離はクリアに見えるものの、それ以外の距離はぼやけて見えるという特性がありました。

しかし、EDOFはExpanded Depth of Field、焦点深度拡張という独自の技術により、焦点が合う距離が広くなっているのが特徴です。これまでの多焦点眼内レンズは遠くと近く(または中間)の焦点距離がいわば「点として」よく見えていたのに対し、EDOFレンズは、遠くから中間距離までが「連続した面として」よく見えるのが特徴です。コントラスト感度の低下もほとんどなく、より自然な見え方が得られるといわれます。

そんなEDOFレンズのなかで、先進医療の認定を唯一受けているのが、AMO社の「テクニスマルチ」の進化型ともいえる「シンフォニー」です。2017年に販売され始めたばかりの最新の眼内レンズの一つですが、高い視機能とコスト面の有利さで、これからますます選択する方が増えることが予想されます。

今回は、このシンフォニーについて解説をしたいと思います。

EDOF技術の眼内レンズで唯一
先進医療に認定されている「シンフォニー」

シンフォニーは、アメリカのAMO社が2017年に発売した多焦点眼内レンズです。材質はアクリルで、黄色い着色レンズと非着色レンズがありますが、日本では着色レンズのみが販売されています。形状は、同社のテクニスマルチと同様に、2本の支持部(足)でレンズを固定するタイプです。

シンフォニー(AMOより)

遠くから中間距離まで、落ち込みがない

EDOF技術を用いたシンフォニーの最大のメリットは、遠くから50~60cmの中間距離まで視力の落ち込む距離がなく、連続してクリアに見えるという点です。また高いコントラスト感度(色の濃淡などのくっきり感)も特徴で、もともと目が良かった方にとっては若い頃の目に近い、自然な見え方が実現します。

単焦点眼内レンズのように、遠くか近くかしか焦点が合わないレンズと違い、シンフォニーは遠くも近くも中間も焦点が合うEDOFという技術を使っています。

また、同社の2焦点眼内レンズであるテクニスマルチに比べると、ハロー・グレア(夜間などの光のにじみ、まぶしさ)が軽減され、夜間の見え方も大きく向上しています。

乱視矯正用のレンズがある

シンフォニーを使用した場合、軽度の乱視であれば、通常タイプの眼内レンズでも良い裸眼視力が得られます。角膜乱視が強い場合は、乱視矯正用のレンズを選ぶこともできます。

先進医療認定で、費用負担が少ない

シンフォニーは、EDOFレンズのなかで唯一先進医療に認定されている眼内レンズです。検査代などの手術費用の一部に保険が適用になるほか、先進医療保障のある医療保険に加入している方は、条件が合えば手術費用の保険金請求ができます。

人によってはハロー・グレアを
感じるケースもある

軽減されたものの、ハロー・グレアを感じる方も

テクニスマルチと比較して、ハロー・グレアが少なくなっているのは事実です。しかし、シンフォニーは回折構造を有する回折型EDOFであり、回折構造のミゾが深いために、人によってはハロー・グレアを感じるケースがあるようです。

ただしハロー・グレアは感じ方に個人差が大きく、もともと白内障でまぶしさを強く感じていたような方は、シンフォニー使用時の夜間のハロー・グレアはほとんど気にならないという声も多くあります。

近見のピントは50~60cm。手元は老眼鏡使用

近見でよく見えるのは50~60cmの距離です。この距離はパソコンを見るときや、料理をするときの手元の距離なので、日常生活ではほぼメガネなしで過ごせます。
一方で、50cm以内のごく近い距離はぼやけます。読書などで近い距離を見続けるときは、老眼鏡を使用することを検討してもいいでしょう。

焦点が合う深さが長くなるため、遠くから近くまで連続して焦点が合うのがシンフォニーの特長です。(AMOより)

「シンフォニー」の特徴一覧

名称 シンフォニー(Tecnis Symfony)
メーカー(生産国) AMO社(アメリカ)
焦点数と光学部デザイン 回折型EDOF
ピントの合う距離 遠方~中間
メガネなしでの得意、不得意 車を運転しながらカーナビを見るなど、いろいろな距離を連続して明瞭に見ることができる。コントラスト感度が高く、自然な見え方が特長。
人によってハロー・グレアを感じることがあるので、夜間の運転では注意が必要。読書時など、ごく近い距離を見続けるときは老眼鏡を使用するのがおすすめ。
ハロー・グレア あり
薄暮視(薄暗い場所での視力) 良い
乱視矯正 あり
先進医療 あり

メガネなしでより自然な見え方を追求する方、
先進医療で治療したい方に向く

EDOFレンズであるシンフォニーは、同じようにEDOF技術をもちいたイタリア製の「ミニウェル・レディ」とよく比較されます。シンフォニーとミニウェル・レディでは、EDOF技術により遠くから中間距離までが連続してよく見える点で、共通しています。コントラスト感度もほとんど同等と考えていいでしょう。「メガネなし」で「より自然な見え方」を追求する方にとっては、どちらも現在の最高品質の眼内レンズといえます。

異なるのは、夜間のハロー・グレアの生じ方です。ミニウェル・レディがハロー・グレアをほとんど生じない設計なのに対し、シンフォニーは人によってハロー・グレアを感じることがあります。夜間運転を頻繁にする方や、白内障でもまぶしさをあまり自覚していなかった方では、ミニウェル・レディのほうが適する可能性もあります。

また費用の面でも少し違いがあります。シンフォニーは先進医療対象の眼内レンズですから、手術以外の検査などは保険診療で行えますし、手術は先進医療の保険に加入していれば、加入条件により保険会社から給付を受けられます。一方のミニウェル・レディは先進医療対象外のため、検査や手術にかかる費用は、全額が自費になります。

見え方の質、夜間運転の有無、手術費用などを総合的に考えて、最適な眼内レンズを選んでほしいと思います。

板谷院長のひとことアドバイス

日常生活ではほぼメガネなしで過ごせますが、ごく近い距離はぼやけます。読書などで近い距離を見続けるときは、老眼鏡を利用しましょう。

まとめ

  • 「シンフォニー」はEDOFレンズのなかで唯一、先進医療に認定されている眼内レンズです。
  • 遠くから中間距離までが連続してクリアに見える「自然な見え方」が特長です。
  • 人によってハロー・グレアを感じることがあります。近距離を見続けるときは老眼鏡を使用します。

目についてお悩みは、はんがい眼科へどうぞ

執筆者プロフィール

はんがい眼科院長 板谷正紀

京都大学眼科で網膜と緑内障の研究と臨床に従事。白内障手術、緑内障手術、硝子体手術などを駆使する術者として技術練磨に勤む。埼玉医大眼科教授、日本眼科手術学会総会長、埼玉県眼科医会理事、埼玉腎・アイバンク専務理事などを歴任。

公式サイト

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ