原因別で分類される後天性白内障の1つで、他に原因が無く加齢とともに起こるものです。長年にわたる紫外線や酸化ストレスの影響によって、水晶体を構成するたんぱく質が変性し、透明だった水晶体が濁ります。このため、目がかすんだり、光をまぶしく感じたりする症状を起こします。
白内障の原因の中で最も多く、程度の差や自覚する時期に違いがあってもすべての人がかかる眼病です。40代以降の方は自覚症状を感じたら、早めに受診すべきといえます。

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ