濁りの部位別で分類される白内障の1つで、アトピー性皮膚炎の人に多く見られます。虹彩炎(こうさいえん)やぶどう膜炎などの影響で、生じる場合もあります。
30~40代という比較的若い世代でかかることが多く、中心部からヒトデ状に濁るため急激に見えにくくなるのが特徴です。明るい場所に出ると真っ白になり見えなくなったり、暗い場所で物が見えにくくなったりします。片目だけに症状が出ることもあります。

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ