目の中の透明な組織である水晶体が濁る病気のことです。水晶体は外から入ってくる光を屈折させ、網膜にピントを合わせる機能を持っています。目がかすんだり、光をまぶしく感じたりする症状が現れます。原因はさまざまで若年でも起こりますが、最も多いのは加齢による白内障です。
手術で濁った水晶体の中身を眼内レンズに置き換えることで治ります。手術は、ほとんどの場合痛みもなく短時間で完了し、日帰りで受けることも可能です。

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ