濁りの部位別で分類される白内障の一つで、加齢が原因となり起こることが多いものです。白内障の中では最も一般的です。
水晶体の中心部のことを核といいますが、皮質が核のまわりを車軸上に包んでいます。皮質は周辺から中心に向かって濁りが進み放射状の濁りを形成します。このため初期には症状が乏しく気がつきませんが、中心に近づくとまぶしく感じたり、物がだぶって見えたりします。

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ