虹彩とは、いわゆる茶目の部分です。黒目の表面(角膜)と水晶体の間にあって、目に入る光の量を調節するカメラの絞りのような働きをしている組織です。虹彩は血管とメラニンが豊富な組織で、もともと炎症が起こりやすい組織です。

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ