水晶体は、直径約9mm、厚さ4~5mmの透明な凸レンズの形をした組織です。
中身となる核や皮質などの組織を水晶体嚢というごく薄い膜のふくろが包んでいます。ふくろの周囲にはチン小帯という細い線維が周りの筋肉(毛様体筋)とつなげて支えるとともに水晶体の厚みを変えてピントを合わせる働きをしています。

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ