進行度別で分類される白内障の一つで、白内障が進みすぎて水晶体が真っ白に見える状態です。外から見ても瞳孔が真っ白に見えます。この段階では、ほとんど何も見えなくなります。
「成熟」というよりも「末期」というべき状態ですが、さらに進むと「過熟白内障」となり、時に水晶体の中身が溶け出て「水晶体融解性緑内障」になります。眼底の黄斑が正常なら白内障手術で視力は元にもどります。

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ