加齢性白内障の代表的なタイプで、濁りの部位で付いた名称です。水晶体の中心部を核といいますが、加齢とともに核が徐々に硬くなり、黄色→茶色と濁ることで、視力が低下したり、色の違いを判別しづらくなったりします。はっきりした自覚症状が出にくく、眼科受診は遅れがちになります。
「50歳をすぎてどんどん近視が進みメガネが合わなくなる」「暗い場所での色の判別がしにくい」などの症状を感じたら、早めに受診すべきといえます。

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ