水晶体の核とは、水晶体の中心部分です。

加齢とともに線維細胞がどんどん積み重なってくるため、古い細胞が中央に集積され、次第に硬い部分ができてきます。
平均的には50歳前後から、核が確認されるようになります。

また加齢によって起こる白内障は、皮質が濁る「皮質白内障」とともに、この核が濁ってくることで起こる「核白内障」が多くなっています。

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ