「黄斑」とは、網膜を正面から見たときにほぼ中央にある、直径1.5~2mmほどの小さな組織です。網膜のほかの部分より黄色が濃く見えるので、黄斑といいます。

黄斑は網膜のなかでももっとも光に敏感な部位であり、特に黄斑の中央にあるくぼみは中心窩と呼ばれ、見たいものの形や色、コントラストなどクリアに見る機能を担っています。
視力を生み出していて、私たちが読書やテレビ、ウェブサイトの閲覧などで細かい文字や画像もきちんと見分けられるのは、この黄斑の中心窩のおかげといえます。

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ