そう多くはありませんが、水晶体の中身が溶けだし白く濁る白内障があります。白内障は本来ゆっくりしか進みませんが、膨化白内障は進行が速く、急に見えにくくなったと感じます。
問題は、その病名の由来である水晶体が膨化することです。水晶体の膨化により、水晶体をつつむ袋がパンパンになり、手術中に袋が破れやすくなる手術にリスクのある白内障の一つです。

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ