原因別で分類される後天性白内障の1つで、目に強い衝撃を受けることにより起こるものです。ボクシングなどの格闘技や野球やサッカーなどの球技で鈍的打撲を目に受けたときや釘など鋭利な物が目に刺さることにより、水晶体が傷つき発症します。
アトピー性皮膚炎で繰り返し目を強くこすったり叩いたりすることも原因になります。すぐに発症せず、潜伏期間を経てから何年か後に発症することもあります。

目についてのお悩みは、はんがい眼科へどうぞ